ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOS SERIE SHV32」最新記事一覧

auが「Android 7.0」へのバージョンアップ機種を追加 全17機種で実施へ
KDDIと沖縄セルラー電話が、auスマートフォン・タブレットにおける「Android 7.0」へのバージョンアップ予定を更新した。11月7日に発表された2機種のほか、2016年春モデルとして登場した「AQUOS SERIE mini SHV33」もOSバージョンアップ対象となる。(2016/11/21)

auが「Android 7.0」へのバージョンアップを14機種で実施
KDDIと沖縄セルラー電話が、auスマートフォン・タブレットにおける「Android 7.0」へのバージョンアップ予定を公開した。10月18日現在、全14機種がリストアップされており、提供時期次第でより新しいバージョンを適用する可能性もある。(2016/10/18)

auの「AQUOS SERIE SHV34」も6月10日発売 価格は一括8万円台前半(税込)
auのハイエンドシャープスマホ「AQUOS SERIE SHV34」が6月10日に発売される。価格は一括8万4240円。丸みを帯びたデザインに、ハイスピードIGZO対応の5.3型フルHDディスプレイを搭載する。カメラは「夜景シーン認識」「花火モード」が利用可能になった。(2016/6/8)

ハイスピードIGZO+2260万画素カメラを搭載――「AQUOS SERIE SHV34」【写真追加】
ディスプレイやカメラにこだわったauのAQUOSスマホが登場。本体は2.5Dガラス+メタルフレームの丸みを帯びた形に変更。1秒間に120回の更新をして滑らかな再生ができる「ハイスピードIGZO」と、リコーの「GR certified」を取得した約2260万画素カメラを搭載している。(2016/5/31)

全12機種が対象:
au、スマホ・タブレットのAndroid 6.0へのバージョンアップを予告
auのAndroidスマートフォン・タブレットのAndroid 6.0へのバージョンアップ予定が公表された。対象は全12機種。(2016/3/4)

シャープのエモパーが「バージョン3.1」に――クリスマス限定の演出も
2015年冬モデル以前に発売されたシャープのスマートフォンも対象。ただしバージョン3.0の一部機能は利用できない。(2015/12/17)

au/ドコモ回線に対応したmineoスマホ「arrows M02」発表――au VoLTE対応SIMも提供【更新】
ケイ・オプティコムが、auとドコモネットワークを利用できるマルチキャリア対応のスマートフォン「arrows M02」を発表。モバイルWi-Fiルーター2機種も投入する。(2015/10/6)

最新スマートフォン徹底比較(2015年夏モデル編):
スマホ夏モデル全18機種丸わかり比較――本体サイズ、ディスプレイ、カメラ編
ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの2015年夏モデルのスマートフォン全19機種が出そろった。本稿では、本体サイズ・ディスプレイ・カメラのスペックを比較する。(2015/8/20)

最新スマートフォン徹底比較(2015年夏モデル編):
スマホ夏モデル、3D&バッテリーが優秀なのはコレ ヨドバシAkibaでの売れ筋は?
夏モデルのドコモ7機種、au7機種、ソフトバンク4機種をヨドバシAkibaで総チェック。3Dとバッテリーの性能を比較し、さらに売れ筋について話を聞いてきました。(2015/8/8)

最新スマートフォン徹底比較(2015年夏モデル編):
ヨドバシAkibaで夏モデル18機種を一斉テスト ベンチマークが最も優秀なスマホはどれ?
夏モデルがずらりと並んだヨドバシAkibaで、ドコモ7機種、au7機種、ソフトバンク4機種のスマホをベンチマークテストしてきた。(2015/8/5)

シャープ、AIエージェント「エモパー2.1」を公開 非対応機種用の「エモパーLite」もバージョンアップ
シャープのスマホ向け人工知能(AI)エージェント「エモパー」のバージョンが「2.1」となった。過去のエモパー対応機種全てがバージョンアップ対象で、追加機能は機種により異なる。エモパー非対応機種用の「エモパーLite」も合わせてバージョンアップした。(2015/7/30)

PR:“アノ機能”にハマっちゃいました!――アイドル社員「種ちゃん」に聞く、最新AQUOSシリーズの魅力
アイドル社員としておなじみの「種ちゃん」が、シャープの最新モデルを実際に使ってみた素直な感想を告白! 果たして、彼女の心を射止めた最新機能とは一体!? (2015/7/10)

PR:新しいAQUOSスマートフォン、カメラの実力は?――スーパースロー映像と静止画を徹底レビュー
シャープの夏モデルで注目したい機能の1つが「カメラ」だ。ドコモ、au、ソフトバンクから発売される3機種が「GR certified」を取得したほか、スーパースロー映像の撮影も可能になった。その実力に、フォトグラファーの永山昌克が迫る。(2015/7/8)

iPhone 6 Plusよりもコンパクト!?――大画面と使い勝手を両立させた新型「AQUOS Xx」
発売が6月26日に決まったソフトバンクのシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS Xx」。5.7型ディスプレイを搭載しながら、サイズ感では5.5型ディスプレイを持つスマホ並みに抑え、使い勝手の良いスマホとなっている。その中身に迫っていこう。(2015/6/19)

PR:鮮やか大画面をコンパクトボディにぎゅっと凝縮 この夏は「AQUOS SERIE SHV32」でキマリ
新しい「AQUOS SERIE」は、「S-PureLED」で鮮やかさが増したIGZO液晶を搭載し、スーパースロー映像が楽しめるカメラや、進化したエモパーなど、新しい魅力満載の1台です。(2015/6/5)

発売前機種は予約で2000円キャッシュバックも:
au 2015年夏モデルの価格をまとめてチェック――6月発売予定分まで
auオンラインショップで、6月発売予定の夏モデルの価格が公表されている。一括販売価格は7万円台後半から8万円台半ばに設定されているが、MNPで購入すると本体価格の割引を受けられる。発売済みの夏モデルと合わせて価格をチェックしよう。(2015/6/2)

au15年夏モデル:
KDDI、「AQUOS SERIE SHV32」を6月5日に発売 「GR certified」カメラ搭載
auのシャープ製Androidスマホ「AQUOS SERIE SHV32」が、6月5日に全国一斉に発売される。au Online Shopでの一括販売価格は8万2080円で、MNP購入時には本体価格からの割引も用意される。(2015/6/1)

全機種GR certified:
スーパースロー映像が撮れる! 「AQUOS」夏モデルはカメラがこう進化した
3キャリアの2015年夏モデルとして登場したシャープの「AQUOS」。中でもフラッグシップは、全機種がスーパースロー撮影が可能になるなど、カメラ機能が大幅に進化した。(2015/5/26)

動画でチェック:
シャープ夏モデルに搭載 「エモパー2.0」はどこが新しくなったのか
シャープのスマホに搭載されている人工知能「エモパー」。スマホの“気持ち”やユーザーに役立つ情報を話しかけてくれるエモパーが、この夏モデルではVer.2.0に進化した。(2015/5/25)

石野純也のMobile Eye(5月11日〜22日):
3キャリアが夏モデル発表――スマホ、フィーチャーフォン、サービスの違いは?
この2週間は、大手3キャリアが新機種や新サービスを発表し、モバイル業界が大いに盛り上がった。今回は、そんな3キャリアの発表内容から読み取れる戦略の違いを解説したい。(2015/5/24)

新機種より物販重視?:
2015夏のauはリアルへの取り組みを加速 モバイルと結びつけて“生活革命”を
「スマホ・タブレットの進化がひと段落した」と言われる今日この頃。2015年夏のauは「モバイル」と「リアル」をつなげる取り組みの強化で、競合他社との差別化を図る。(2015/5/15)

通話対応機種は全てVoLTE対応:
KDDI、2015年夏モデル9機種を発表――Xperia Z4や新HTC J butterfly、オリジナルタブレットやAndroidケータイなど
KDDIがauの2015年夏モデルを発表。スマートフォン6機種、タブレット2機種、フィーチャーフォン1機種をラインアップする。【写真追加】(2015/5/14)

「GR」認定のカメラを搭載、エモパーも進化――「AQUOS SERIE SHV32」
au向けのハイスペックなシャープ製スマホがさらにパワーアップ。ディスプレイがさらに見やすくなったほか、カメラは「GR Certified」を取得し、エモパーの機能も拡張された。【画像追加】(2015/5/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。