ニュース
» 2015年10月06日 14時35分 UPDATE

au/ドコモ回線に対応したmineoスマホ「arrows M02」発表――au VoLTE対応SIMも提供【更新】

ケイ・オプティコムが、auとドコモネットワークを利用できるマルチキャリア対応のスマートフォン「arrows M02」を発表。モバイルWi-Fiルーター2機種も投入する。

[田中聡,ITmedia]

 ケイ・オプティコムが10月6日、「mineo」のauとドコモプランの両方で利用できるマルチキャリア対応のスマートフォン「arrows M02」(富士通製)を発表。あわせて、2機種のモバイルWi-Fiルーターも発売する。「SI-LA(SILA01)」(富士通製)はauプラン、「Aterm(MR04LN)」(NEC製)はドコモプランで利用できる。発売時期は11月19日の予定。

photo 「arrows M02」

マルチキャリア対応の「arrows M02」

 arrows M02は、auとドコモ、そしてVoLTEに対応したスマートフォン。5.0型、HD(720×1280ピクセル)の有機ELや810万画素カメラを搭載する。IPX5/8の防水、IP6Xの防じんに加え、耐衝撃性と曲げ耐性も備えている。おサイフケータイもサポートするが、対応サービスについては後日案内される予定。独自の省電力技術により、バッテリーは3日持つとしている。

 対応周波数帯(LTE)は、ドコモ回線が2GHz、1.8GHz、800MHz帯、au回線が2GHz、800MHz帯。SIMスロットは1つしかなく、ドコモ/auのSIMを同時に入れて、利用する回線を切り替えるといったことはできない。カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色(ピンクはmineoのオリジナルカラー)。価格は11月上旬に発表する予定。

photophoto mineoオリジナルカラーのピンク(写真=左)。iPhone 6sのローズゴールドと比較(写真=右)
photophoto mineoの独自アプリをプリインストール(写真=左)。auとドコモのmineoSIMを挿すと、自動でAPNが設定される(写真=右)
「arrows M02」の主な仕様
機種名 arrows M02
メーカー 富士通
OS Android 5.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8916/1.2GHzクアッドコア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約5.0型HD 有機EL
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 約780分(LTE)
連続待受時間 約580時間(LTE)
バッテリー容量 2330mAh
メインカメラ 有効約810万画素CMOS
インカメラ 有効約240万画素CMOS
ボディカラー ブラック、ホワイト、ピンク
サイズ 約68.9(幅)×141(高さ)×8.9(奥行き)ミリ
重量 約149グラム

2つのモバイルWi-Fiルーター

 au回線を利用できるモバイルWi-Fiルーター SI-LA(SILA01)は、最大10台のデバイスを接続可能にする。ディスプレイは1.3型の有機EL。バッテリー容量は2280mAh。

 ドコモ回線を利用できるAterm(MR04LN)は、2.4型のタッチパネル対応ディスプレイを搭載している。通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。バッテリー容量は2300mAh。

 いずれの機種も、価格は11月上旬に発表する予定。

photo 左がSI-LA(SILA01)、右がAterm(MR04LN)
「SI-LA(SILA01)」の主な仕様
機種名 SI-LA(SILA01)
メーカー 富士通
ディスプレイ 1.3型有機EL(単色)
連続通信時間 約6.5時間
バッテリー容量 2280mAh
最大接続台数 10台
無線LAN IEEE802.11b/g/n
サイズ 約67(幅)×98(厚さ)×17(奥行き)ミリ
重量 約111グラム

「Aterm(MR04LN)」の主な仕様
機種名 Aterm(MR04LN)
メーカー NEC
ディスプレイ 2.4型LCDタッチパネル
解像度 240×320ピクセル
連続通信時間 Wi-Fi通信時:約12時間、Bluetooth通信時:約24時間
バッテリー容量 2300mAh
最大接続台数 16台
無線LAN IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)、IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
サイズ 約63(幅)×111(厚さ)×11(奥行き)ミリ
重量 約111グラム

photo スマホもルーターもマルチキャリアで利用できる(ルーターは個別に購入する必要がある)
photo 今回のラインアップ拡充で、ほぼすべてのキャリアの端末でmineoが利用可能になる

VoLTE対応SIMを提供

 au VOLTEに対応したmineoのSIMカードの提供も11月19日に開始する。今回発表したarrows M02に加え、auのVoLTE対応スマートフォンでVoLTEの高品質な通話を利用できる。高品質な通話が可能な相手は、mineoのVoLTE対応SIMを入れた端末と、auのVoLTE対応端末。なお、au VoLTEの独自機能である画面シンクやカメラシンクなどは利用できない。

 auの対応機種は以下の通りで、順次動作検証を行う。

  • isai vivide LGV32
  • HTC J butterfly HTV31
  • Xperia Z4 SOV31
  • AQUOS SERIE SHV32
  • URBANO V02
  • TORQUE V02
  • Galaxy S6 edge SCV31
  • AQUOS K SHF32
  • Xperia Z4 Tablet SOT31
  • Qua Tab 01

 auスマートフォンでmineoのVoLTE対応SIMを利用するには、SIMロックの解除が必要になるため、au2015年夏モデルより前に発売されたau端末では、mineoのVoLTE対応SIMは利用できない。また既存のmineoユーザーがVoLTE対応SIMを利用するには、2000円の手数料がかかる。

photo

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.