ニュース
» 2016年03月04日 18時20分 UPDATE

全12機種が対象:au、スマホ・タブレットのAndroid 6.0へのバージョンアップを予告

auのAndroidスマートフォン・タブレットのAndroid 6.0へのバージョンアップ予定が公表された。対象は全12機種。

[井上翔,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は3月4日、auのAndroidスマートフォン・タブレットにおける「Android 6.0(Marshmallow)」へのバージョンアップ予定を公表した。

Android 6.0

 3月4日現在、Android 6.0へのバージョンアップを予定している機種は以下の通りとなる。

  • AQUOS SERIE SHV32
  • HTC J butterfly HTV31
  • isai vivid LGV32
  • Galaxy S5 SCL23
  • Galaxy Note Edge SCL24
  • Galaxy S6 edge SCV31
  • Galaxy A8 SCV32
  • TORQUE G02
  • Xperia Z4 SOV31
  • Xperia Z5 SOV32
  • Galaxy Tab S SCT21
  • Xperia Z4 Tablet SOT31

 上記以外の機種のAndroid 6.0へのバージョンアップは予定していない。対象の選定にあたっては、「利便性などを総合的に判断」(KDDI広報部)しているという。NTTドコモではバージョンアップ対象となった「Xperia Z3」(auでは「Xperia Z3 SOL26」)が予定に入っていないことについては、「2015年11月24日にAndroid 5.0へのバージョンアップをしたばかり」(同)という事情もあるようだ。なお、auでは予定に明記されなかった機種のOSバージョンアップを実施した事例もある。

 Android 6.0へのバージョンアップに関する具体的な案内は、機種ごとに準備ができ次第製品アップデート情報一覧で告知する。

参考:OSバージョンアップで変わること

 Android 6.0では、ホームキーを長押しすることで表示中の画面に関係する情報がカードとして表示される新機能「Now on Tap」が追加される。また、操作が行われない状態が続くと従来よりも深いスリープモードに入る「Doze」機能や、使用頻度の低いアプリの電力消費を制限する「アプリスタンバイ」機能によってバッテリー持ちの改善を図っている。アプリのアクセス権を必要に応じて与える機能も追加される。

 また、OSバージョンアップを機に、メーカー・キャリアが独自に機能やプリインストールアプリを追加・削除したり、端末固有のソフトウェア面での不具合を修正することもある。

Android 6.0では省電力機能を強化 Android 6.0では省電力機能を強化

関連キーワード

Android | Android 6.0 Marshmallow | au


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.