ニュース
» 2015年07月30日 17時00分 UPDATE

シャープ、AIエージェント「エモパー2.1」を公開 非対応機種用の「エモパーLite」もバージョンアップ

シャープのスマホ向け人工知能(AI)エージェント「エモパー」のバージョンが「2.1」となった。過去のエモパー対応機種全てがバージョンアップ対象で、追加機能は機種により異なる。エモパー非対応機種用の「エモパーLite」も合わせてバージョンアップした。

[井上翔,ITmedia]

 シャープは7月30日、同社のAQUOSスマートフォン・タブレット向け人工知能(AI)エージェント機能「エモパー」の最新バージョン「2.1」を公開した。2015年夏モデルの「エモパー2.0」対応機種と、2015年春モデルまでの「エモパー1.5」対応機種ともにバージョンアップ対象だが、追加される機能が異なる。エモパー非対応機種向けに提供される「エモパーLite」も合わせて」「エモパーLite2.1」にバージョンアップされる。エモパー2.1、エモパーLite2.1ともに、バージョンアップはGoogle Playから行う。

photo

 エモパー2.0対応機種では、自宅以外に話しかける場所を1カ所指定する機能の追加と、自宅の特定時に無線LAN(Wi-Fi)を併用できるようにする機能改善が行われる。

 自宅以外の場所での話しかけは、彼氏・彼女の家、単身赴任者の一時帰宅などを想定して追加されたという。また、自宅特定時のWi-Fi併用は、常にGPSをオンにすることによる電池持ちへの悪影響を心配する声から対応した。

「エモパー2.0」→「エモパー2.1」の機能差分
エモパー2.0 エモパー2.1
「気になるキーワード」の登録で関連するテレビ番組/ニュースをお話し
「イヤホンしているときの話題」を外などでお話し
「エモパーの気持ち画面」
 「声をかけるともっとお話し」
「自宅のほかにお話しできる場所」の追加 ×
「自宅の特定にWi-Fiも使用」 ×
対象機種:「AQUOS ZETA SH-03G」「AQUOS SERIE SHV32」「AQUOS Xx」「AQUOS CRYSTAL2」

 エモパー1.5対応機種では、エモパー2.1で追加・改善される機能のほか、イヤフォン装着時に自宅外でも話しかける機能、「気になるキーワード」に関連する情報を話しかける機能など、エモパー2.0で追加された新機能を利用できるようになる。ただし、話しかけてきた後に声がけすると追加で話しかけてくる機能については、ハードウェア(本体マイク)の都合で非対応となる。

「エモパー1.5」→「エモパー2.1」バージョンアップの機能差分
エモパー1.5 エモパー2.1(エモパー1.5機種用)
「気になるキーワード」の登録で関連するテレビ番組/ニュースをお話し ×
「イヤホンしているときの話題」を外などでお話し ×
「エモパーの気持ち画面」 ×
「声をかけるともっとお話し」 × ×(ハードウェア都合)
「自宅のほかにお話しできる場所」の追加 ×
「自宅の特定にWi-Fiも使用」 ×
対象機種:「AQUOS ZETA SH-01G」「Disney Mobile on docomo SH-02G」「AQUOS CRYSTAL X」「AQUOS SERIE mini SHV31」「AQUOS CRYSTAL Y」

 エモパーLite2.1では、エモパー2.0の新機能のうち、「気になるキーワード」に関連する情報を話しかける機能と、「エモパーの気持ち」機能を使うことができる。「AQUOS EVER SH-04G」のみ、イヤフォン装着時に自宅外で話しかける機能に対応する。

「エモパーLite1.5」→「エモパーLite2.1」バージョンアップの機能差分
エモパーLite1.5 エモパーLite2.1
「気になるキーワード」の登録で関連するテレビ番組/ニュースをお話し ×
「イヤホンしているときの話題」を外などでお話し × ×(※)
「エモパーの気持ち画面」 ×
「声をかけるともっとお話し」 × ×(ハードウェア都合)
「自宅のほかにお話しできる場所」の追加 ×
「自宅の特定にWi-Fiも使用」 ×
対象機種:Android 4.1以上を搭載し、メインメモリが1.5Gバイト以上ある「エモパー」非搭載のシャープ製Androidスマホ・タブレット
※「AQUOS EVER SH-04G」のみ対応
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.