ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SIGMA」最新記事一覧

小倉唯、石原夏織の声優ユニット「ゆいかおり」が6月30日で音楽活動休止 石原さんはシグマセブンを退所
「これからも私たちゆいかおりは変わらない関係」(2017/3/31)

SFDモードも検証:
他のカメラでは撮れない世界 「SIGMA sd Quattro」レンズ選びのポイント
「SIGMA sd Quattro」に興味があるが、どんなレンズと組み合わせたらいいのか悩んでいる人へ。シグマレンズをよく知る三井公一氏が、用途に合わせた選び方のポイントを指南する。また前回のレビューで触れられなかったSFDモードも実際に比べてみた。(2016/8/11)

交換レンズ百景:
単焦点レンズ並みの実力を持つAPS-C向け中望遠ズーム――シグマ「50-100mm F1.8 DC HSM | Art」
APS-Cフォーマットに対応したシグマのArtラインレンズに、F1.8通しで中望遠域をカバーする高性能なズームレンズが登場した。文句の付け所がない仕上がりのレンズだ。(2016/7/30)

3900万画素相当のセンサーで切り取る光景――「SIGMA sd Quattro」の魅力
あるがままの光を捉える、3900万画素相当の「Foveon X3 Quattro」センサーを搭載したミラーレス一眼「SIGMA sd Quattro」とはどんなカメラなのか。Foveon X3と豊富なシグマの高性能レンズの組み合わせは、ユーザーの新しい目となるに違いない。(2016/7/7)

シグマ、Foveon X3 Quattro搭載ミラーレス一眼「sd Quattro」を7月7日に発売
シグマが、Foveon X3 Quattroを搭載するミラーレス一眼「sd Quattro」を7月7日から販売する。(2016/6/24)

4月22日発売:
レンズに合わせてボディーを選べる シグマ「マウントコンバーター MC-11」が楽しい
シグマが発売する「マウントコンバーター MC-11」は、シグマのレンズ群を、ソニーのEマウントカメラで活用できる、非常にユニークなマウントコンバーターだ。これがあれば「レンズに合わせてボディーを選ぶ」という新しい世界が開ける。(2016/4/22)

中古デジタルカメラ販売ランキング(4月7日〜4月13日):
なんとシグマ「DP2 Merrill」が8位に登場 ランキングの大半をミラーレス、コンパクトが占める
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。ニコン「D4S」が首位を獲得するも、シグマ「DP2 Merrill」のほか、ソニー「α7II」「NEX-6」「RX100」など、ミラーレスカメラとコンパクトカメラがランキングの大半を占める波乱の週となった。(2016/4/19)

交換レンズ百景:
取り回しの良さが光るミラーレス向け大口径単焦点レンズ――シグマ「30mm F1.4 DC DN | Contemporary」
シグマのミラーレス一眼向けレンズのラインアップに、デジタル補正を積極活用することでコストをリーズナブルに抑えたレンズが加わった。「30mm F1.4 DC DN | Contemporary」は、明るい単焦点標準レンズを探していた人には気になる1本だろう。(2016/3/31)

シグマ、APS-Cカメラおよびミラーレスカメラ向けの大口径レンズ2本を発表
シグマが、APS-Cセンサー採用カメラ向けの大口径ズームレンズ「SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM」と、ミラーレスカメラ向けの単焦点レンズ「SIGMA 30mm F1.4 DC DN」を発表した。(2016/2/23)

シグマ、Foveon X3搭載レンズ交換式ミラーレス「SIGMA sd Quattro」発表
シグマがFoveon X3センサーを搭載するレンズ交換式ミラーレス一眼カメラ「SIGMA sd Quattro」「SIGMA sd Quattro H」を発表した。(2016/2/23)

シグマが“ミラーレスFoveon X3”、「sd Quattro」「sd Quattro H」を発表
シグマが、ミラーレス一眼タイプのFoveon X3 Quattroセンサー搭載カメラ「sd Quattro」「sd Quattro H」を発表した。シグマSAマウントを備え、同社のレンズ群でFoveon X3 Quattroセンサーでの撮影が楽しめる。(2016/2/23)

交換レンズ百景:
開放値F1.4の超広角レンズが生み出す唯一無二の描写――シグマ「20mm F1.4 DG HSM | Art」
焦点距離20ミリ、開放値F1.4というユニークなフルサイズ用レンズ。その描写は独特で、超広角でありながら上品で美しいボケ味を堪能できる。(2016/1/27)

有効な技術やアイデアを外に求めることがオープンイノベーション成功の鍵
ナインシグマは、技術ニーズと世界中の優れた技術屋のアイデアをつなぐ企業である。国内でも700件以上、全世界では4000件以上のマッチング実績がある。ナインシグマの事例から、オープンイノベーションの成功の鍵を学ぶ。(2015/10/22)

開放F 1.4のフルサイズ用広角レンズ「SIGMA 20mm F1.4 DG HSM」
シグマが焦点距離20ミリで開放F値1.4を実現したフルサイズ用広角レンズ「SIGMA 20mm F1.4 DG HSM」を11月20日に発売する。先行予約者にはレンズキャップ「LC907-02」をプレゼント。(2015/10/16)

東芝 TLP7820他:
ΔΣ型A-D機能内蔵のアイソレーションアンプ
東芝は、ΔΣ(デルタ・シグマ)型A-D変換回路を内蔵した光結合型アイソレーションアンプ4製品の出荷を始めた。インバータやロボット、太陽光発電インバータ、UPS、サーバー用電源などの用途に向ける。(2015/9/15)

ヨドバシ町田で「SIGMA dp Quattro」シリーズの購入指南セミナーを開催
写真家の三井公一氏から直々にその魅力を聞ける、シグマ×ヨドバシ町田 「SIGMA dp Quattroセミナー」が9月12日に開催される。参加は無料。(2015/9/8)

交換レンズ百景:
明るい広角単焦点レンズ3本分を凝縮――シグマ「24-35mm F2 DG HSM | Art」
シグマから登場した、フルサイズセンサー搭載カメラ用の大口径広角ズームレンズ「24-35mm F2 DG HSM | Art」は、抜群の切れ味と上質な広角感が味わえるレンズだ。(2015/8/4)

高画質単焦点レンズに迫る性能を実現した大口径ズーム「24-35mm F2 DG HSM」、7月30日発売
世界初の開放F値2を実現した大口径の広角ズームレンズ「24-35mm F2 DG HSM」の発売日が7月30日に決まった。シグマ用とキヤノン用が先行して発売される。(2015/7/17)

シグマの「箱入り娘」が描き出す、ゆがみのない超広角の世界――「SIGMA dp0 Quattro」
CP+2015で話題をさらった「ディストーション ゼロ」の超広角レンズ一体式デジタルカメラ「SIGMA dp0 Quattro」がいよいよ発売になる。35ミリ判換算で21ミリ相当という画角とFoveon Quattroセンサーが描き出す画はまさに至福だ。(2015/7/9)

シグマ、世界初のF2通し広角ズームレンズ「24-35mm F2 DG HSM」を発表
シグマが、Artラインの大口径広角ズームレンズ「SIGMA 24-35mm F2 DG HSM | Art」を発表した。(2015/6/19)

シグマ、Foveon X3×21ミリ相当レンズ搭載の「SIGMA dp0 Quattro」を7月10日に発売
独自のFoveon X3 “Quattro”センサーと独特な形状が魅力のSIGMA dp Quattroシリーズ4番目のモデル、「dp0 Quattro」が7月10日から店頭に並ぶ。(2015/6/12)

交換レンズ百景:
気軽に携行して手持ちで撮れる超望遠ズーム――シグマ「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」
エンジニアリングプラスチックを使用し、Sportsモデルの150-600mmから大幅な軽量化を果たしたシグマの「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」は、手持ちで振り回せる超望遠ズームだ。(2015/5/28)

シグマ、「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports」用三脚座や「dp Quattro」用グリップの発売日を決定
シグマが、「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports」用のレンズフット「TRIPOD SOCKET TS-81」や、「SIGMA dp Quattro」向けのグリップ「BASE GRIP BG-11」を5月22日に発売すると発表した。(2015/5/15)

ニコンとシグマ、手ブレ補正レンズ特許訴訟で和解
手ブレ補正レンズの特許を侵害されたとしてニコンがシグマを訴えた特許訴訟は和解が成立。(2015/4/21)

交換レンズ百景:
開放でボケ味を楽しみ、絞って極上の解像感も味わえる――シグマ「24mm F1.4 DG HSM」
シグマのArtラインに属する「24mm F1.4 DG HSM」は、開放F値1.4の明るい広角単焦点レンズ。F1.4で撮ると、ピントが合った部分はとてもクッキリと、それ以外の部分は上品で消えゆくようなボケ味を見せてくれる。(2015/4/17)

見たままの質感を再現「SIGMA dp3 Quattro」発売日決定
シグマが、「SIGMA dp3 Quattro」を3月12日に発売するとアナウンスした。価格はオープンで、予想実売価格は10万1500円(税別)。(2015/2/27)

シグマ、「Art」「Contenporary」ラインからシグマ用、キヤノン用、ニコン用交換レンズを発表
シグマが2月27日、同社が展開している「Art」ライン、「Contenporary」ラインからシグマ用、キヤノン用、ニコン用交換レンズ「SIGMA 24mm F1.4 DG HSM」と「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM」を発表。3月19日に発売する。(2015/2/27)

21ミリが追加:
シグマ、超広角レンズを備えた「dp0 Quattro」を公開 「dp3 Quattro」も正式発表
シグマが、SIGMA dp Quattroシリーズに新たなモデル、「dp0 Quattro」を発表した。21ミリ相当のレンズを備える。さらに「dp3 Quattro」も正式に発表。1.2倍テレコンバージョンレンズなども登場する。(2015/2/10)

交換レンズ百景:
テレ端450ミリ超を気軽に持ち歩く――シグマ「18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」
シグマから発売されたAPS-C専用の16.6倍ズームレンズ「18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」は、広角から望遠域まで、焦点距離が途切れずレンズ交換なしで使える手ごろなレンズだ。(2014/11/21)

グッドデザイン賞発表 大賞候補にシグマ「dp Quattro」やソニー4K超短焦点プロジェクター
2014年度のグッドデザイン賞が発表され、大賞候補にはシグマのデジタルカメラ「dp Quattro」やソニーの4K超短焦点プロジェクターなど9点が選ばれた。(2014/10/1)

シグマ、28ミリ相当のレンズを備える「SIGMA dp1 Quattro」を発表
独特なデザインのボディにFoveon X3センサーを搭載する「SIGMA dp1 Quattro」が発表された。10月に発売予定だ。(2014/9/12)

はるか、はるか先まで:
シグマ、高倍率ズームレンズ3機種を発表
フルサイズ機向けで最大600ミリのレンズ2機種と、APS-C機向けの最大300ミリのレンズを1機種発表した。(2014/9/12)

交換レンズ百景:
抜群のキレを見せる描写――シグマ「35mm F1.4 DG HSM」
シグマの3つのプロダクトライン、Contemporary、Art、Sportsのうち、Artラインに属する単焦点レンズ「35mm F1.4 DG HSM」を、「D810」で撮ってみた。開放からキレを見せる。(2014/9/9)

シグマ、RAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro 6.0.6」を公開
シグマがRAW現像ソフトの最新版「SIGMA Photo Pro 6.0.6」のダウンロード提供を開始した。(2014/9/3)

シグマ、RAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro 6.0.2」を提供開始
シグマのRAW現像ソフトの最新版「SIGMA Photo Pro 6.0.2」がダウンロード可能になっている。(2014/7/7)

大切なカメラはしっかり守りましょう:
ケンコー・トキナー、「SIGMA dp2 Quattro」向けの液晶保護フィルム
カメラ背面の液晶ディスプレイには手の脂が付いたり、持ち運びの際に傷が付いたりすることが多い。ケンコー・トキナーは6月27日にシグマが発売したばかりの高級コンパクトデジタルカメラ「SIGMA dp2 Quattro」に向けた液晶保護フィルムを発売した。(2014/6/30)

シグマ、Quattro対応の「SIGMA Photo Pro 6.0」提供開始
シグマがRAW現像ソフトの最新版「SIGMA Photo Pro 6.0」のダウンロード提供を開始した。(2014/6/25)

必要なのは写真への好奇心だけ 深い写真表現を実現する、斬新デザインの新「dp」――シグマ「SIGMA dp2 Quattro」
大型センサーに高性能単焦点レンズという「高級コンパクト」のトレンドを作った、シグマ「dp」がフルチェンジ。Quattroとして眼前に現れた。dpらしさを引き継ぎ、扱いやすさを増したファン待望の1台だ。(2014/6/25)

「SIGMA dp2 Quattro」 初回出荷分には特典を同梱
シグマは6月27日の販売開始を決定した「SIGMA dp2 Quattro」について、初回出荷分には特典を同梱する。(2014/6/13)

「SIGMA dp2 Quattro」発売日決定 実売想定価格は11万円前後
シグマが2月に開発発表を行ったコンパクトデジタルカメラ「SIGMA dp2 Quattro」の発売日を発表した。(2014/6/12)

「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」 ニコン用とシグマ用が発売
シグマはキヤノン用を先行して販売していた大口径単焦点レンズ「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」のニコン用、シグマ用を5月16日より販売開始する。(2014/5/9)

交換レンズ百景:
重量815グラムの標準レンズが生み出すボケと切れ味――シグマ「50mm F1.4 DG HSM」
携帯性よりも光学性能を重視し、トータルバランスよりも圧倒的なパフォーマンスを追求する。そんなこだわりで作られたシグマの大口径単焦点レンズの描写をフルサイズ機との組み合わせでお届けする。(2014/4/28)

「SIGMA SD1」「SIGMA SD1 Merrill」にAF精度向上の最新ファームウェア
シグマが「SIGMA SD1」「SIGMA SD1 Merrill」の最新ファームウェアを提供開始した。いずれも適用することでAF精度の向上が図られる。(2014/4/24)

後日発売のニコン用も試用可 「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」体験イベント
シグマは4月19日に交換レンズ新製品「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」の体験イベントを実施する。後日発売予定のニコン用とシグマ用も体験できる。(2014/4/15)

「SIGMA USB DOCK」のソニーおよびペンタックス用が発売
シグマはレンズの微細な調整をユーザーが行えるアクセサリー「SIGMA USB DOCK」のソニーならびにペンタックス用を4月25日より販売開始する。(2014/4/11)

「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」発売日と価格が決定
シグマが開発発表していた“超高画素時代の大口径レンズ”「SIGMA 50mm F1.4 DG HSM」の発売日と価格が発表された。(2014/4/11)

誰も“普通”とは言わなかった シグマに聞く新「SIGMA dp」(後編)
新Foveon X3センサー“Quattro”搭載のシグマ「SIGMA dp」について訪ねるインタビュー後編。今回は「dp2 Quattro」そのものについて聞く。果たして撮りやすいのか、操作は機敏か、“難しい”カメラなのか。(2014/3/27)

Foveon X3“Quattro”って何だ? シグマに聞く新「SIGMA dp」(前編)
CP+目前に発表され話題を呼んだ、新Foveon X3センサー“Quattro”搭載のシグマ「SIGMA dp」。カメラ形状も独特だが、センサーの構造も非常に独特で興味深い。何がどうスゴいのか、シグマを直撃した。まずは前編、センサー編だ。(2014/3/26)

交換レンズ百景:
まずこの1本からもアリ、引いてよし寄ってよしの旅レンズ――シグマ「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」
高い光学性能と小型化の両立を目指すコンセプトに沿って誕生したこのレンズ、小型軽量な高倍率ズームとして旅行のおともにはもちろん、この1本を基準に多少点をそろえていくというレンズライフの基準点にもなるレンズだ。(2014/3/14)

シグマ、Facebook公式ページで最新レンズの貸し出しキャンペーン
シグマはFacebookの公式ファンページ「シグマ・Foveonスクウェア」にて、「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」ならびArtラインのレンズモニターキャンペーンを開始した。(2014/2/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。