ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルコマース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ソーシャルコマース」に関する情報が集まったページです。

期待が高まる「医療AI」分野
AIで医療はどう変わる? 専門家が実例を語る
医療サービス提供者や製薬会社などの医療機関は、個人に最適な介護サービスや治療後の処置を提供するために、高度なAIテクノロジーの使用に乗り出している。(2017/7/24)

モノより経験:
世界の消費者主要トレンド報告書、2016年のキーワードは「ソーシャルコマース」「スマートホーム」「移民」
ユーロモニターインターナショナルは2016年2月24日、世界の「消費者」主要トレンド報告書を発表した。(2016/2/25)

オンラインストアをブランディングするサービス:
電通とネットコンシェルジェ、「eコマース・ブランディング」を提供
電通とネットコンシェルジェは2015年8月31日、企業が運営するオンラインストアをブランディングするサービス「eコマース・ブランディング」の提供を開始すると発表した。(2015/8/31)

あの「次世代ショッピングアプリ」の今:
“衝動買い”の楽しさをアプリで実現――ソーシャルEC「Origami」が目指す新体験
ソーシャルとO2Oを組み合わせた独自のECプラットフォームを展開する「Origami」。アプリ経由の購買行動に新たなイノベーションをもたらす動きと、ECの今後について話を聞いた。(2014/4/18)

「mixiモール」終了 mixi×DeNAのソーシャルコマース 開始から2年で
ミクシィとDeNAが共同で展開している「mixiモール」が来年3月25日に終了へ。(2013/12/20)

ソーシャルメディア広告は増加:
マーケティングツールとしてのソーシャルメディアの将来性
マーケターの65%が「2013年度はソーシャルメディア広告費の増額を予定している」と述べ、その分その他のディスプレイ広告や動画、リッチメディア、オフラインの広告予算を再配分しているという。(2013/6/20)

「つながり」と「楽しさ」:
アパレル製造/通販のドラフト、ファッション通販とソーシャルメディアが融合したソーシャルコマース「Liklly」をリリース
アパレル製造とネット通販を展開するドラフトは6月19日、ファッション通販サイトとソーシャルメディアを融合させた新しいサービス「Liklly」(ライクリー)の提供を開始した。(2013/6/20)

O2Oマーケティングの新しい形:
KDDI、DACが5億円出資。eコマース+SNSの「Origami」って何?
スマートフォンを利用した、新しい買い物体験を――東京とニューヨークに拠点を持つベンチャー、Origamiが4月23日にサービスを開始した。KDDIなどが出資する、注目のeコマースサービスとは。(2013/4/24)

EC/通販 市場調査:
「スマートフォン」「ソーシャルメディア」「O2O」がEC運営者の関心事項、ワークスアプリケーションズ調査
ワークスアプリケーションズは2月5日、EC/通販運営企業担当者のECサイトリニューアルに関する意識調査の結果を発表した。(2013/2/5)

「くまモン」を追い抜いた:
半年で自治体日本一になったFacebookアカウント「撮ってくれんね!南島原」の舞台裏
長崎県南島原市は現在、市の自治体Facebookアカウントでは国内最多となる9万3000ものファンを持つ。有名なゆるキャラがいるわけでもない同市のFacebookページがなぜ日本一になることができたのか。同市秘書広報課の伊藤剛氏に話を聞いた。(2013/2/4)

購買行動とソーシャルメディア:
ソーシャルコマースの購買心理への影響
企業のソーシャルメディア活用において、直接的に売り上げに貢献できる可能性の高い「ソーシャルコマース」。今回は購買行動を考える上で基礎となる6つの心理、「権威」「希少」「好き」「一貫性」などに基づき、ソーシャルコマースを考察します。(2013/1/22)

Pinterest使ってますか?:
今知っておきたい! Pinterestに関する5つのトピックス
Pinterestの月間ユニークビジター数が今年9月で、2530万人に達しました。アメリカではFacebook、Twitterに次ぐ第三のソーシャルメディアとなったPinterestの最近のトピックスを紹介します。(2012/11/15)

「ソーシャルコマース」の現状:
61.2%のユーザーは友達や家族からのSNS投稿をもとに商品購買経験あり
インプレスR&Dのインターネットメディア総合研究所が発表した「ソーシャルコマース」に関する調査で、SNS上の購買行動に影響力が強いユーザーは「友達や家族」であることが分かった。(2012/10/31)

ライバルはアマゾン、自治体運営のネットショップ「F&B良品」
佐賀県武雄市が2011年11月に開始した自治体通販「F&B良品」。当初2アイテムの販売から始まったF&B良品は現在70品目まで増え、今年の年商は1000万円を突破する見込みだという。(2012/10/26)

口コミ情報を共有できるショッピングSNS「myFave」、OKWaveとMSが展開
ユーザー同士が商品情報や口コミ情報を共有しながら買い物できる「myFave」をオウケイウェイヴとマイクロソフトが正式オープン。(2012/8/7)

mixi、課金売り上げが広告を逆転へ 「ホーム」「タウン」構想加速
ミクシィの11年度は従来型携帯電話向け広告の落ち込みもあり、減益に。今年度はアプリ課金やコマースなどを含む課金売り上げが大幅に伸びる見通しだ。(2012/5/11)

ミクシィとDeNA、ソーシャルコマース「mixiモール」をオープン
SNSとEコマースショップを融合した新サービス、「mixiモール」がオープンした。mixi上で気になる商品を購入したり、友人とシェアしたり……という仕掛け。ビッダーズを運営するDeNAが裏方を担当する。(2012/3/21)

「“共感消費”を生む」――mixi×DeNAのソーシャルコマース「mixiモール」オープン
mixi上で商品を購入したり、気になる商品を友人とシェアできる「mixiモール」がオープン。現実社会で友人とウィンドウショッピングするように、買い物を軸に友人との交流を楽しむ「共感消費」を生みたいという。(2012/3/21)

マーケティング責任者に聞く:
東京マラソンでも仕掛け作り スポーツブランドの独自性を打ち出すニューバランス
スポーツ用品メーカーのマーケティングやブランディングに対する考え方は一般消費財メーカーとは異なる点が少なくないという。ニューバランスのマーケティング戦略から読み解く。(2012/2/28)

「auかんたん決済」、ニッセンオンラインとSkypeクレジット購入に対応
KDDIのキャリア決済サービス「auかんたん決済」が、1月30日から「Skypeクレジット」の購入、1月31日からニッセン運営のECサイト「ニッセンオンライン」にそれぞれ対応する。(2012/1/30)

ねっと知ったかぶりβ版(1/23〜1/27):
「グーニーズ」って何ですか? 若さゆえの過ちは何歳まで許されるのか
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はドコモの通信障害が話題になりました。「VAIO」や「Let'snote」の2012年春モデルも注目です。(2012/1/27)

mixiとDeNAがソーシャルコマースで提携 mixi内に店舗モール開設
mixiとDeNAがソーシャルコマースで提携。3月下旬に開設予定のモール型サービスを両社で運営していく。参加店舗の募集も開始。(2012/1/25)

日本製ビジュアルブックマーク「Clipie」が登場
「日本初」というPinterest的ビジュアルブックマークサービス「Clipie」が登場。(2012/1/24)

2012年 それぞれの「スタート」:
Facebookとの連携もありうる──ミクシィ・笠原社長
Twitterとの提携が話題になったmixi。第1弾のクリスマスキャンペーンには多数のコメントが投稿され、好調な滑り出しとなった。「Facebookとの連携もありうる」という笠原社長に今年の展望を聞いた。(2012/1/5)

「出版、そして書籍の歴史が変わる重要な日」――楽天三木谷氏が明かすKobo買収の意図
楽天が3億1500万ドル(約236億円)での買収を発表したカナダのKobo。電子書籍ビジネスを拡大しようとする楽天の意図はどこにあるのか。発表会の内容から読み解く。(2011/11/10)

ネットで知った商品、購入はリアル店舗で――KDDIが米企業がO2O事業の実証実験
KDDIは米Retailigenceと、消費者をネットから実店舗に誘導するビジネスプラットフォーム構築で業務提携し、良品計画やファミマ、リビングスタイルら7社と連携して10月下旬に実証実験を開始する。(2011/10/14)

オルタナブログ通信:
「在宅勤務」と「在宅経営」の違い
6周年を迎えたビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約250人のブロガーによってITにまつわる時事情報などが日々発信されている。その中から今回は、「クールビズ」「電磁波」「在宅勤務」「ソーシャルメディア」「Facebook」などを紹介しよう。(2011/6/18)

野島美保の“仮想世界”のビジネスデザイン:
人間関係をデジタル化する――ソーシャルグラフから始まるFacebookの戦略
映画『ソーシャル・ネットワーク』の日本での上映が始まったが、Facebookにこれほどの期待が寄せられるのはなぜか。今、SNSサイトの枠をこえて、ネット全域の情報流通を掌握しようする新しい戦略が始まっている。その戦略の骨子となるソーシャルグラフについて考える。(2011/1/25)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
Twitterを活用した地域間交流と地域活性化の可能性(後編)
自治体や商店街などは、どのようにTwitterを活用すればよいのか。オルタナティブ・ブロガーの林雅之氏が、商店街のTwitter活用事例を紹介し、地域Twitter活用の可能性を考察します。(2010/10/20)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
Facebook eコマース
Facebook上でのeコマースが増えている。シリコンバレー在住のオルタナティブ・ブロガー 渡辺泰宏氏が、おむつブランド「Pampers」のページを例に、その特徴を解説します。(2010/10/6)

「Facebookと違う“極”を作りたい」 mixiの戦略、笠原社長に聞く
Facebookと同様なオープン化戦略にまい進し、国際的なアライアンスにも踏み出したmixi。笠原社長は「Facebookとは違う“極”を作りたい」と意気込む。(2010/9/15)

mixi meetup 2010:
モバゲーも家電もmixiにつながる 「Webをソーシャライズ」宣言
SNSから「ソーシャルグラフプロバイダー」に――mixiが大胆なオープン化にかじを切った。Yahoo!JAPANや楽天、モバゲータウンなど大手と連携。家電などハードとの連携も進める。(2010/9/10)

開催中:
mixi新プラットフォーム発表イベント、Ustreamで配信中
mixi新プラットフォーム発表イベントをUstreamで配信中。このページでも見られます。(2010/9/10)

物を売れる“プロフ” ギャルに人気の「ショッピーズ」、30万人が支持する理由
「前略プロフィール」からヒントを得たモバイルフリマサイト「ショッピーズ」がギャルの間で人気だ。物々交換の感覚で使える手軽さと、サイトの華やかさが女性に受ける理由という。(2010/5/6)

ニフティ、“価格比較+ブログ口コミ”のショッピングサイト
ニフティは、商品の価格比較と、商品について書かれたブログ一覧を確認できる「@niftyショッピング」を公開した。(2007/7/9)

マーケティングのトレンドはSNSを取り込んだ「Sコマース」に――米調査
SNSユーザーの3分の1が「テレビや新聞、雑誌に費やす時間が減った」と答える中、SNSとEコマースを融合させた「Sコマース」で、消費者をマーケティング活動に深く取り入れることが重要、という。(2006/10/12)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
「ネット金融2.0」のカギ
Web2.0型ビジネスの代表格でもあるSNSの応用サービスを見ると、そのビジネスの特徴は、「情報の信ぴょう性」と「ユーザーの実名性」にあることが分かった。ところが、それらは直接、「ネット金融2.0」に貢献する要素になりそうもない。だからといって「ネット金融2.0」が成り立たないわけではないようだ。それを証明しようとしているのが、GMOインターネット証券の取り組みである。「API(※1)の公開」を基にした、新たな切り口によるビジネスモデルを模索だ。(2006/7/18)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
Web2.0型ビジネス研究 オープンなSNS編
Web2.0の世界におけるビジネスの特徴について考えるにあたり、前回に続いてもう1つ、特徴的なソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を紹介する。ユーザーのプロファイリングを一層明確にし、より効果の高い広告モデルの展開を狙う、「オープンなSNS」だ。(2006/7/13)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
Web2.0型ビジネス研究 ショッピングSNS編
GMOインターネット証券の今後を占う上で、Web2.0の世界におけるビジネスの特徴について考えてみたい。代表的なものとしてはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が挙げられるだろうが、よく見ると、Web2.0型ビジネスには発想豊かなものがいろいろとある。その一つが、モノが売れるという「ショッピングSNS」である。(2006/7/10)

Yahoo!、「ショッピングSNS」機能をテスト
お気に入りの商品リストを作成して公開したり、ほかのユーザーのリストにコメントを付けられるYahoo! Shoppingの「ソーシャルコマース」機能がテストされている。(IDG)(2005/11/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。