ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「肩こり」最新記事一覧

3月18日は睡眠の日! プロが教える「寝る前儀式」とは?
寝る前30分〜1時間の間にもうけたいリラックスタイム。照明や音楽、アロマなどを取り入れて、寝つきをよくする方法をスリープアドバイザーに伺いました。(2017/3/18)

利益優先でリスク軽視 医療記事の監修「コスト見合わない」と見送り……DeNAキュレーションサイト問題の背景
「ゲーム事業の成長が鈍化する中、次の事業の柱を見つけなくてはという焦燥感があった」――第三者委員会の報告書は、DeNAがリスクを十分精査しないままキュレーションメディアに突き進んだ背景を分析している。(2017/3/13)

「肩こりは幽霊が原因」 WELQの“トンデモ記事”ができるまで 調査報告書で明らかに
「肩こりの原因、幽霊のことも?」――WELQに掲載されていた“トンデモ記事”がどう作られたのか、第三者委員会の報告書によって明らかになった。(2017/3/13)

「『DeNAのDNA』を持ち合わせていない者たちによって始められた事業」 DeNA、キュレーションサイトについての第三者委員会調査報告書を公開
DeNAは3月13日に都内で会見を開く予定。(2017/3/13)

「座り時々立ち仕事」がベスト? スタンディングデスクの効果
座り仕事・立ち仕事が両方できる「スタンディングデスク」を導入し、健康増進する企業が出てきています。このスタンディングデスクの効果と活用法をご紹介します。(2017/3/10)

PR:フィリップス製ディスプレイに見る“疲れ目対策ディスプレイ”最前線
最近パソコンの使いすぎで目が疲れやすい……そんな人は必読! ブルーライトカットの常識を覆すSoftBlue技術とは?(2017/2/10)

イグアナにカメレオンにヘビ! は虫類カフェでとってもキュートな“はちゅ”たちと触れ合ってきた
イグアナを抱っこしたり、ヘビを肩にのせたり……は虫類と触れ合えるカフェ「はちゅカフェ」では虫類の魅力を味わってきました。(2017/1/4)

DeNA「成長の壁」 まとめサイト問題にとどまらぬ経営への危機感
DeNAが激震に見舞われている。まとめサイト事業のずさんさが次々に明らかに。4年前のソーシャルゲーム課金問題以来の危機を乗り越えられるか、正念場を迎えている。(2016/12/21)

「WELQ」はアウトか? セーフか? DeNAの責任は? 著作権法の観点から弁護士が分析してみた
WELQをはじめとした「まとめサイト」の問題は、倫理面や法律面が複雑に絡み合っている。WELQの「リライト」は、著作権法の観点からアウトか、セーフか。著作権に詳しい弁護士の柿沼太一さんが解説する。(2016/12/21)

東京都、WELQ問題でDeNAを“呼び出し” 「同様な他サイトへの対応も検討」
DeNAの医療情報サイト「WELQ」を東京都も問題視し、福祉保健局がDeNAに来庁を依頼している。医薬品に関する不正確な情報を掲載しているほかのサイトへの対応も検討しているという。(2016/11/30)

「信頼性薄い」批判受け……DeNAの健康情報サイト「welq」、専門家が監修へ
「welq」に掲載された記事の内容が「信頼性が薄い」などと批判されていたことを受け、運営元のDeNAは、医師など専門家による記事内容の確認を始めると発表した。(2016/11/26)

ジョーシス:
“ふなっしー愛”があふれる情シス女子 理想を目指して柔軟に変化し続けたい! 河野未来さん
丁寧に細かい仕事に向いていると自分を冷静に分析する一方、見よう見まねでSQLをマスターしてまうほどのガッツがある河野未来さん。顧客満足度の向上を見据え、柔軟に変化し続ける情シス女子でありたいという彼女の情シスライフとは?(2016/11/25)

便秘、肌荒れ、むくみ――「腸の汚れ」が引き起こす症状とチェック方法
自分の腸は汚れているかもしれません。ぜひチェックリストで自分の腸のきれいさを確認してみましょう。(2016/11/19)

今すぐできる! 疲れ目、肩こりに悩むデスクワーカーに効く対処法3選
(2016/11/13)

肩こり、頭痛、目の疲れ 「ディスプレイの見過ぎ」が引き起こす症状と対策
なんだか体がだるく、疲れ気味。肩こりや頭痛も気になる。健康体なのになぜかこのような症状が起きることがあります。そこに加えて、眼の疲れやかすみ目が起きていませんか? もしかしたら、VDT症候群かもしれません。(2016/11/1)

IoTデバイスの開発秘話(4):
グンゼ、着るウェアラブル普及の鍵は「心地よさ」
“着るウェアラブル”に、親しみのある人はいるだろうか。展示会で見ることは多くなったが、世の中に普及するのか疑問が残る。そこで、衣料型ウェアラブルシステムを展開するグンゼに話を聞いた。(2016/10/20)

2016秋開催の東京ウォーキングイベント3選
(2016/10/14)

110メートルの通路も:
座るより立って仕事 健康も業績もアップ
仕事中の座り過ぎは健康に悪影響があるとして、オフィス環境を変える企業が増えてきた。立って作業できる机を導入したり、体を伸ばせる遊具を置くなど工夫を凝らしている。(2016/10/7)

PR:名は体を表す!――湾曲したLEDデスクライト「WiT Eye-care」が目に優しい理由
目に負担がかかることは分かっていても長時間のPC作業やゲームが止められない。そんな人はまず、環境から変えてみてはいかがだろう。BenQの「WiT Eye-care」(ウイッツ アイケア)は、その名の通り“アイケア”に着目したLEDデスクライトだ。(2016/9/15)

心がこもった贈り物とは? 敬老の日に渡したいギフト3選
2016年の敬老の日は9月19日。祖父母に贈るものは決まっていますか? 選ぶのに困ったら、長生きのために健康に役立つギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。(2016/9/14)

やる気の出ない「秋バテ」を、未然に防ぐための対処法とは?
涼しくなってきたのに食欲不振、頭痛、不眠、疲れが取れない……などの症状に思い当たる節がある人は、もしかしたら「秋バテ」かも。(2016/9/8)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
電車の中でのストレスを減らすためにできること
電車の中にいるときも、ストレスを感じることが多いと思いませんか。特に満員電車は実際の戦場以上にストレスフルな場所という研究もあるほどです。こういった環境では、気力も体力も消耗します。今回はそんな電車の中でできるメンタルヘルスケアを紹介します。(2016/9/4)

疲れにくいスマホの操作方法
目の疲れ、ストレートネックなどをできるだけ回避する、スマホの疲れにくい操作方法をご紹介します。(2016/9/1)

実はすごい日本酒の健康効果! 夏に美味しい飲み方は?
今、若者の間で注目されている日本酒。酒類の中でも、特に豊富な健康効果を見てみましょう。(2016/7/22)

痛っ! 寝違えた! その原因と対処法
「寝違え」が起きるのは何が原因で、どのような対処法と予防法があるのでしょうか。(2016/7/19)

ジョーシス:
開発大好きな情シス女子、便利なツールでみんなに喜んでもらいたい! 松隈恭子さん
情シスとして働く女子の仕事やライフスタイルに迫る、情シス女子シリーズ。今回登場するのは、スマートエネルギー関連の部署で情シスとして働く松隈恭子さん。クライミングにハマり、登れるようになっていく過程や登りきったときの達成感が病みつきになったという彼女の情シスライフは?(2016/7/22)

スマホ疲れはスマホで解消! 360度動画を使ったストレッチが画期的
やたらテンションアゲアゲな教官「ナ〜イス、ストレ〜ッチ!」(2016/6/15)

猫背とはちょっと違う「スマホ巻き肩」ってなに?
スマートフォンを長時間操作していて、肩こりや疲れ、息苦しさを感じている人は「スマホ巻き肩」かもしれません。その特徴と対策をご紹介します。(2016/6/10)

週刊「調査のチカラ」:
YouTubeの「スキップできない」6秒間の新広告、ユーザーの反応は意外(?)にも……
「雨男・雨女」の多い地域から「意識高い系」のイメージ、最先端のネット広告に対するユーザー意識まで、今週も多彩な調査データを紹介します。(2016/6/4)

気がついたらiPhoneを触ってしまう:
広がる「スマホ中毒」 依存を脱するたった2つの秘策
朝から晩まで、気付けばスマホを触ってしまっている……若い年代を中心に「スマホ中毒者」ともいえる人々が増えている。自分は大丈夫と思い込んでいる人こそ、要注意!(2016/5/25)

R25スマホ情報局:
「スマホ老眼」チェックリスト&予防法
若い人でも、スマホの使いすぎによって「スマホ老眼」になってしまうという。その予防法は?(2016/4/6)

ウンまああ〜いっ! 「ジョジョの奇妙な冒険」トニオの料理を再現した「お客様次第」コースがお店で本当に食べられる!
料理中の音「メッシャーーーーーーッ」(筆者の妄想)(2016/3/25)

デュアルコアよりクアッドコア!「中山式快癒器」で“天宗”をプッシュせよ
始まったばかりの連載「俺の中ではガジェット」。さまざまな意味で反響があった前回に続き、今回は筆者の得意分野で勝負したい。(2016/3/21)

疲労を回復するベネクスの「リカバリーウェア」 普段着や部屋着として使える新シリーズが登場
副交感神経の働きを促して疲労を回復させるという「リカバリーウェア」を販売するベネクスが、新たに肌触りのよい素材を開発し、軽く柔らかい、部屋着などとして着られるリカバリーウェアを発表しました。(2016/3/3)

背中に貼りつけて使用:
猫背を解消するIoTデバイス、1日15分のトレーニングで――「UPRIGHT」
姿勢に悩みつつも解消法が見つからない人もいるだろう。「UPRIGHT」はアプリと連携して背骨の動きで姿勢を正すためのIoTデバイスだ。(2016/2/3)

冬場の肩こりは要注意! 原因と予防法
起床時、肩こりが気になって仕方がないという人は、もしかしたら夜寝るときの「冷え」が原因かもしれません。(2016/1/21)

R25スマホ情報局:
スマホで体調不良に!? 「VDT症候群」とは?
スマホなどを長時間使っていると感じる疲れ目、肩こりなどの症状を「VDT症候群」と呼ぶそうです。このVDT症候群にはどのようなものがあるのか専門家に聞いてみました。(2016/1/19)

えんじにあ解体新書(4):
SEは「7K」って本当?〜労働環境の「りある」
SEは「きつい」「帰れない」「給料が安い」「規則が厳しい」「休暇がとれない」「化粧がのらない」「結婚できない」って本当?――SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回は、現役SEがエンジニア100人に聞いたアンケートを基に、労働環境の「りある」を紹介します。(2016/1/7)

着るだけで消費カロリーや姿勢が分かるIoT肌着 衣料型ウェアラブル、グンゼとNECが開発
グンゼとNECが、肌着として日常的に着用でき、姿勢や消費カロリーなどを計測する衣料型ウェアラブルシステムを共同開発した。(2016/1/6)

長く使って分かったこと:
2015年、コレ買いました――疲れ気味おっさん記者の場合
各分野の専門家が、実際に長く使ってみて「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第2回はLifestyle編集部のS記者です。しかし、今回はなにやら年齢を感じさせるモノが多いようで……。(2015/12/30)

眠れないのは「寝返り」が原因? 正しい寝返りのコツ
朝起きたとき、「腰が痛い」「体全体に疲れが残っている」という人は、夜眠っている間に“寝返り”がきちんと打てていないことが原因かもしれません。(2015/12/21)

R25スマホ情報局:
成人の8割が!?「スマホ首」解消法&グッズ
肩や腰のコリ、頭痛、手のしびれなどの原因になることもある「スマホ首」。気になるところがある人は、ここで紹介する解消法やグッズで対策をしましょう。(2015/11/27)

我が家の「Apple TV」活用レビュー(1):
「Apple TV」で生活はこう変わる――運動不足気味な次女の場合
Apple TVの使い方はライフスタイルによって人それぞれ。筆者の場合は……(2015/11/11)

“スマホ首”対策にも 疲労回復効果のあるポンチョ「ネックカバー」ベネクスが発売
ベネクスが、生地に練り込んだ特殊繊維で首や肩の疲労回復を促す、ポンチョタイプのリカバリーウェア「ネックカバー」を発売します。(2015/10/22)

「ひと駅前で降りて歩く」が続かない理由――予防医学研究者・石川善樹さん<前編>
話を聞いてみたいあの人に、生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回ご登場いただくのは、予防医学研究者の石川善樹さんです。(2015/10/17)

肩をもんではいけない? こりを取るなら○○をほぐせ!
肩こりがつらいという方は、自分の肩をもんでほぐす習慣があるかもしれません。しかし、それではなかなかコリを取ることはできないものです。実は、肩こりに効果があるのは別のパーツをほぐすことだったのです。(2015/10/10)

背筋がピンと伸びれば良いことづくめ! “世界最高”のノートPCスタンドで仕事がドンドン捗りそう
これはいいものだ。(2015/9/29)

そのままだと危険? 現代人を苦しめる“スマホ首”とは
(2015/9/19)

小林製薬「アンメルツ」の語源は「あんまを詰める」? うわさを検証したら深い歴史背景があった
そう、私たちはまだ「アンメルツ」を知らなかったのだ……!(2015/9/18)

これまでの作品を一気に読みたい:
「バイナリ畑でつかまえて」が電子コミックに
秋の夜にぴったりな掌編21話と読切版を収録。(2015/9/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。