ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「システム構築」最新記事一覧

ET2017:
成長し続ける組み込みAI基盤、富士通がパッケージで展開
富士通は、「Embedded Technology 2017」「IoT Technology 2017」(2017年11月15〜17日/横浜市・パシフィコ横浜)で、「成長し続ける組み込みAI基盤」を紹介した。(2017/11/16)

製造IT導入事例:
自動車部品サプライヤーがファクトリーIoTソリューションを導入
日本ヒューレット・パッカードは、自動車部品などの製造を手掛けるヒロテックがエッジコンピューティングシステム「HPE Edgeline IoT Systems」を中心としたファクトリーIoTソリューションを導入したと発表した。(2017/11/15)

RPA導入ガイド(3):
RPA導入の現場でいま何が起きているのか――机上検証の進め方、効果を示す数値の導き方
RPA(Robotic Process Automation)とは何かという基本的なことから、導入するためのノウハウまでを解説する連載。今回は、机上検証の進め方と、効果を示す数値の導き方、さらに「導入の現場でいま何が起きているのか」を中心に解説します。(2017/11/15)

クラウドに最適な運用管理を実現したい企業にお勧め:
PR:“クラウドファースト”が当たり前になった今、クラウドの導入・移行コストを半分にできる理由
デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展する中、ビジネスを支えるインフラに一層のスピードと柔軟性が求められている今、クラウドはもはや不可欠なものになっている。にもかかわらず企業総数から見れば、いまだにその大半が移行に乗り出せていないのが現実だ。そこで本稿では、独自の新サービス「運用共通プラットフォーム」を立ち上げ、クラウドの導入・移行コストを半分にでき、誰もがすぐに活用できる完全標準化されたテンプレートサービスとして提供を始めたJMASに、クラウド移行の現実解を聞いた。(2017/11/15)

オムロン IoTerminal for BCP -水位計測-:
センサーと遠隔監視通報装置をセットにした水害対策向けIoTスターターキット
オムロン ソーシアルソリューションズは、IoTスターターキット「IoTerminal for BCP -水位計測-」を発売した。(2017/11/14)

Weekly Memo:
デジタルトランスフォーメーションとは何か NECの製品体系が示す、その正体
NECがデジタルトランスフォーメーション(DX)事業を体系化した。DXとは具体的に何なのかと問われることがまだまだ少なくない中で、同社によるその体系化で正体を探った。(2017/11/13)

NIDays 2017 講演レポート:
スマート工場の実現を目指す国内製造業の要求に「シフトレフト」で応えるHPE
IoTの活用により、取り扱うデータ量は爆発的に増えていく。そのため、増加していくデータを全てクラウドに転送するのは非現実的だ。そこで早期分析/制御の処理をエッジ側で実行する“シフトレフト”の考え方が重要となってくる。本稿では「NIDays 2017」のセッションプログラムに登壇した日本ヒューレット・パッカード(HPE)の講演「IoTに真の価値をもたらすエッジコンピューティング 〜ITと計測システムとの統合事例紹介〜」の模様を紹介する。(2017/11/10)

ソルティスター:
ゲートウェイ上で未来の予測データを生成するインテリジェントデータベース
ソルティスターは、IoTのエッジコンピューティングにおいて、ゲートウェイ上で動作するデータベースが、蓄積したデータを基に自ら予測データを生成する「インテリジェントデータベース」を開発した。(2017/11/9)

日本オラクル、日本アイ・ビー・エム、NEC、三菱電機などが参加:
エッジコンピューティング領域で産学連携へ――「Edgecrossコンソーシアム」設立
アドバンテックなど6社は「Edgecrossコンソーシアム」を設立する。生産現場(FA)とITを協調させるオープンなソフトウェア基盤「Edgecross」の仕様策定や対応製品の認証などが主な活動内容だ。(2017/11/8)

エッジ用基本ソフト仕様策定へ:
FAとITの協調を目指しコンソーシアム設立
2017年11月6日、三菱電機、NEC、オムロンなど6社は2017年11月29日にFA機器とITシステムの連携を容易にするソフトウェアプラットフォームの構築、普及を目指す団体「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム」を設立すると発表した。(2017/11/7)

材料技術:
熱可塑性CFRPで自動車用シャシー、成型が1分間で完了し高速接合も
NEDOと名古屋大学ナショナルコンポジットセンターは、熱可塑性樹脂と炭素繊維を混練する「LFT-D工法」を用いることで、熱可塑性CFRPだけを材料とした自動車用シャシーの製作に成功した。(2017/11/7)

日立製作所/ダイセル:
IoT活用で経営情報から製造現場の状況までのKPIを可視化する経営ダッシュボード
日立製作所はダイセルと共同で、IoTを活用して経営情報から製造現場の状況までのKPI(主要業績評価指標)を一元的に可視化する、経営・製造ダッシュボードを開発した。(2017/11/7)

Gartner Catalyst Conference 2017レポート
これからのシステム構築で大切な3つの目標:正確性、廃棄可能性、自律性
Gartnerが2017年8月にIT担当者向けに開催した「Gartner Catalyst Conference」では、一風変わった物語仕立てのアプローチが取られ、デジタル社会の未来に向けてIT担当者が構築すべきものが示された。(2017/11/6)

FAニュース:
センサーと遠隔監視通報装置をパッケージ化したIoTスターターキット
オムロンは、グループ会社のオムロン ソーシアルソリューションズがIoTスターターキット「IoTerminal for BCP -水位計測-」を発売したと発表した。河川などの水位を計測できるセンサーと遠隔監視通報装置をパッケージ化した。(2017/11/1)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
大幅赤字も売上は“成長” IoTで攻める「ウフル」
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/31)

SaaS型ERP導入に失敗しないための「5つのポイント」:
第1回 SaaS型ERPは、本当に短期間で導入できるのか
経営判断の迅速化が求められる中、SaaS型ERPの導入を検討する企業が増えています。この導入を成功させるためには、どんなポイントに注意すればいいのでしょうか。「導入アプローチ」「コスト」「人、組織」「システム構成」「業務改革」の5つの側面から解説します。(2017/10/31)

城南信用金庫、富士通の勘定系システム向けクラウド基盤「FSPS」で運用コストを削減
地域金融機関の勘定系システムの運用コスト削減と、事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応する体制づくりを目指し、富士通の勘定系システム向けクラウドサービス「FSPS」を導入する。(2017/10/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
グーグル&Uberつぶしのトヨタ・タクシー
現在開催中の「第45回 東京モーターショー」。その見どころについて業界関係者から何度も聞かれたが、その説明が面倒だった。自動運転車や固体電池のクルマとかなら「ああそうですか」で終わるのだが、今回はタクシーなのだ。(2017/10/30)

製造業IoT:
「IoTによる変化はまだ始まったばかり」デルがIoT基盤を新たに展開
米国デルとEMCが統合して誕生したデル テクノロジーズは、豊富なポートフォリオを生かし、新たにIoTプラットフォーム「IQT」の展開を進める方針を示した。専門の組織を立ち上げ、3年間で10億ドルの投資をする。(2017/10/27)

国内ストレージサービス市場は緩やかに縮小へ:
次世代アプリ導入に向けてコンサルの需要拡大か――IDC Japan、国内ストレージサービス市場実績および予測を発表
IDC Japanは、「国内ストレージサービス市場が今後、2021年まで縮小を続ける」との予測を発表した。ストレージ機能の向上でシステムの構築作業が簡素化され、そうしたサービスの売り上げが減少するためだ。(2017/10/27)

トヨタ生産方式で考えるIoT活用【実践編】(1):
生産情報管理のIoT活用はどのように実践すべきか
日本型モノづくりの象徴ともいうべき「トヨタ生産方式」の利点を生かしたIoT活用について、実践編として、より具体的な「導入のポイント」や「活用する手段」を説明する本連載。第1回は、生産情報管理におけるIoT活用について解説します。(2017/10/27)

「IT Trend 2017」レポート
マルチクラウドにはご用心、ビジネス変革のためのクラウド活用とは
企業のデジタライゼーション推進では、IaaSだけでなくPaaS活用が鍵を握る。また、適材適所で異なるクラウドサービスを利用する「マルチクラウド」利用には注意点も存在する。(2017/10/27)

IIJ/平田機工:
生産ラインにおける“究極の運用効率化”を目指し、スマート工場分野で協業
インターネットイニシアティブ(IIJ)と平田機工は、スマートファクトリー分野における協業を発表。両社が保有する技術や知見を融合させることで、運用効率の高い最適なスマートファクトリーを目指す。(2017/10/27)

FAニュース:
可搬質量を高め、アームをスリム化したオールラウンダーロボット
ダイヘンは、オールラウンダーロボット「FD-V8」を発売した。可搬質量が同社従来機比の1.3倍になり、全軸の速度を最大15%高めている。また、アームを5%スリム化し、干渉の少ないロボットシステム構築を可能にした。(2017/10/26)

富士通クラウドテクノロジーズ IoT実態調査:
IoT活用に取り組む企業の約65%が「期待通り」以上の効果を実感
富士通クラウドテクノロジーズは、製造業とサービス業を対象にしたIoT(Internet of Things)活用の実態調査の第3弾を実施。その結果概要を発表した。(2017/10/26)

Apple/GE Predix SDK:
AppleとGEが提携、iOS上で動作する「Predix」の産業用IoTアプリの開発を加速
AppleとGEは、GEのIoTプラットフォーム「Predix」を活用したiPhone/iPad向け産業用アプリケーション開発を支援するソフトウェア開発キット「Predix SDK」を発表。同SDKにより、Predixの予測データや分析結果を用いたiPhone/iPad向けの産業用IoTアプリケーションを容易に開発できるようになるという。(2017/10/20)

Gartner Insights Pickup(36):
APIをデジタルビジネスプラットフォームの中心にするためにやるべき5つのこと
APIは、多くの企業にとって、もはや「取り組むべきかどうか」という段階にはない。人、企業、モノをつなぎ、あらゆるデジタル戦略の基盤になりつつある。APIを自社のデジタル基盤の中心にする取り組みで、注意すべき5つのポイントを紹介する。(2017/10/20)

IDC Japan 国内第3のプラットフォーム活用動向:
製造と小売分野が国内“第3のプラットフォーム”市場をけん引
IDC Japanは、国内製造/流通業界における“第3のプラットフォーム”需要動向調査の結果を発表した。(2017/10/20)

アイレット×KDDI特別対談:
PR:デジタルトランスフォーメーションの革命時代を生き抜くために 国内屈指のクラウドサービスを多くのお客さまへ
国内屈指のアマゾン ウェブ サービス(AWS)導入実績を誇るアイレットは2017年初め、KDDIグループに加わった。両社の強みを融合して、クラウド時代をリードする新しい価値創出を目指す。その方向性について、アイレットの齋藤将平氏とKDDIの藤井彰人氏が語り合った。(2017/10/20)

PR:“稼ぐ財務”がグローバル成長のカギ 財務部門が価値を生み出すためには?
グローバルビジネスのカギを握る「財務管理」。市場環境などの変化が激しい今、財務部門には迅速で的確な意思決定をサポートする役割が求められる。それを手助けするのが、キリバが提供するクラウド型財務・資産管理ソリューションだ。(2017/10/19)

既存システムのクラウド移行が不安な理由:
PR:「VMware環境をそのまま移行」は当たり前? 日本企業が切望しているクラウド移行の5要件とは
ビジネスに一層のスピードと柔軟性が求められている今、企業にとってクラウドはもはや不可欠なものとなっている。だが、これほどその重要性が叫ばれ、活用成功事例も多数報告されていながら、日本企業全体から見れば、まだクラウド活用に乗り出せていない企業がほとんどだ。その原因とは何か? どうすれば安心して無理なくクラウド移行を実践することができるのか?――インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)に、クラウド移行を阻む日本企業特有の事情と、現実的な解決策を聞いた。(2017/10/26)

よくわかる「標準時間」のはなし(3):
「標準時間」とは何か?(前編)
日々の作業管理を行う際の重要なよりどころとなる「標準時間(ST;Standard Time)」を解説する本連載。第3回では、製造企業の現場で間違って認識されていることが多い「標準時間」について正しく理解するために、その定義や構成について解説する。(2017/10/17)

価値は手間に見合っていたか
IT導入補助金で経費管理システムを導入した中小企業の実感
中小企業や小規模事業者のITツール導入経費の一部を補助する「IT導入補助金」制度について、武蔵コーポレーションの事例を紹介する。(2017/10/10)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(7):
ガラパゴス化した制御システムに風穴を開けるソフトウェアPLC
「IIoT(Industrial IoT)」を実現させ、新たなモノづくりを創造するためには、現状の生産設備の在り方を見直す必要がある。今回は、コンテック 執行役員 グローバル営業本部 本部長の西山和良氏との対談を通じて、日本が目指すべきモノづくりへの取り組みや課題について紹介する。(2017/10/13)

エクサ SPBOM:
LIXILが統合製造BOM基盤に「SPBOM」を採用
LIXILは、同社の統合生産システム構築の核となる統合製造BOM基盤として、エクサの「SPBOM」を導入した。(2017/10/11)

ETL工程を誰もが簡単に:
「b→dash」、データクレンジングやデータモデリングなどを簡素化する新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」に、AIを活用した新機能「b→dash Data Preparation Engine」の提供を開始した。(2017/10/10)

中小企業のためのIT活用のススメ(5):
現場を置き去りにしたITシステムの再構築、待っているのは“ダメ出し祭り”
本格的な第4次産業革命の到来に向け、IoT活用への期待が非常に高まっている。この大きなビジネスチャンスをつかむべく、大企業を中心にさまざまな戦略、施策が打ち出されているが、果たして中小企業はどうすべきか? 第5回では、ITシステムの再構築の際に必ずやっておきたい“ユーザー部門との合意形成作り”について取り上げる。(2017/10/6)

FAニュース:
エッジコンピューティング対応産業用コントローラーのハイブリッドモデル
日立産機システムは、IoT対応産業用コントローラー「HXハイブリッド」を発表した。エッジコンピューティングに対応し、IoTによって得られる現場情報の分析/解析結果をリアルタイムでシステム制御に活用できる。(2017/10/5)

次世代エンジニアドシステム「Oracle Exadata X7」も発表:
OracleのハードCEO、2025年のクラウドの利用状況予測を披露
Oracleのマーク・ハードCEOはOracle OpenWorldで行った基調講演の中で、2025年のクラウドの利用状況に関する予測を披露した。また、Oracleは次世代エンジニアドシステム「Oracle Exadata X7」も発表した。(2017/10/4)

日立製作所 Tracking View:
GPS電波が届かない場所でも搬送車両や作業員の位置情報を可視化するサービス
日立製作所は、自律航法などを用いてGPSの電波が届かない屋内でも搬送車両や作業員の高精度な位置情報を計測、可視化し、データ分析を行う屋内外位置情報活用サービス「Tracking View」の提供開始を発表した。(2017/10/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
クラウド/IoT時代の脅威から企業を守れ!――セキュリティ専門部隊「CSIRT」を作る
サイバーセキュリティの主戦場は、もはやファイアウォールの導入やマルウェア対策ではない。CSIRTを構築するなど、企業が組織で立ち向かうための新たな防御モデルが求められている。(2017/10/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
アイサイト 分かりにくい誠実と分かりやすい不誠実
スバルがレヴォーグに「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載。都内で行われた試乗会でこのツーリングアシストをテストした筆者はとても混乱した。それは……。(2017/10/2)

IHS Industrial IoT Insight(8):
半導体商社こそが国内産業界へのIoT普及を可能にする
今後の製造業の発展に向けて必要不可欠とみられているIoT(モノのインターネット)。本連載では、IoTの現在地を確認するとともに、産業別のIoT活用の方向性を提示していく。今回は、日本国内で動きが見えないIoTサービスの具体化について、半導体商社、エレクトロニクス商社が果たすであろう役割について紹介する。(2017/9/28)

東芝情報システム NetNucleus Cloud Hub:
既設ネット回線を用い、安全・低コストに機器のリアルタイム遠隔操作を実現
東芝情報システムは、IoT接続基盤ソフトウェア「NetNucleus Cloud Hub」の販売を2017年9月20日から開始すると発表した。(2017/9/28)

PR:紙の手書きはもう古い? 「PDF+電子サイン」が企業ビジネスにもたらすこれだけのインパクト
紙文書への署名または記名・捺印による契約は、古くから日本に根付く商慣習である。それは紙ならではの利便性の高さでもあるが、逆にそのことが契約のデジタル化を阻む大きな要因となっている。この課題克服の鍵は、デジタル化されたサインが、本当に本人のものかどうかを証明する仕組みだ。その実現方法とはいったいどのようなものなのだろうか?(2017/9/28)

製造IT導入事例:
LIXIL、統合生産システム構築の核となる統合製造BOM基盤を導入
エクサは、LIXILが同社の統合生産システム構築の核となる統合製造BOM基盤として、エクサの「SPBOM」を、計画系のシステム基盤としてカナダKinaxisの「RapidResponse」を導入したと発表した。(2017/9/26)

ユーザーの選択肢を広げ、さらなるデータ利活用を加速:
PR:国内2100社を支えるEDI製品「ACMSシリーズ」がLinux版SQL Serverに対応――決断した理由はシステムのクラウド対応の必要性と、Azure+SQL Serverの親和性
Windowsの世界で圧倒的なシェアを誇るデータベース(DB)プラットフォーム「Microsoft SQL Server」。その活用シーンのさらなる拡大を目指し、次期製品「SQL Server 2017」ではLinux版とDockerコンテナ版も同時にリリースされる。この動きに素早く対応したのが、データ・アプリケーションの統合EDI製品「ACMS E2X」と「ACMS B2B」(以下、ACMSシリーズ)だ。(2017/9/26)

「Commvault」でNutanix「AHV」を丸ごとバックアップ
ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ
企業ITが仮想環境を前提とする中、課題となるのがバックアップ。とりわけ、注目を集める「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」では、どうすればいいのだろうか。(2017/10/17)

製造ITニュース:
搬送車両や作業員の位置情報を可視化する屋内外位置情報活用サービス
日立製作所は、自律航法などを用いてGPSの電波が届かない屋内でも搬送車両や作業員の高精度な位置情報を計測、可視化し、データ分析を行う屋内外位置情報活用サービス「Tracking View」の提供を開始する。(2017/9/21)

産業用ネットワーク技術解説:
いまさら聞けないLoRaWAN入門
IoTデバイスを開発する上で重要なLPWA(低消費電力広域通信)ネットワークのうち、自前で基地局設置ができることから注目を集めているのが「LoRaWAN」です。本稿では、このLoRaWANについて、利用者視点で解説します。(2017/9/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。