ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トールボーイ」最新記事一覧

ペアで4万3000円〜:
ヤマハ、ハイレゾ対応スピーカー2機種を11月下旬に発売――ブックシェルフ「NS-B330」、トールボーイ「NS-F330」
ヤマハからハイレゾ対応スピーカー2機種が11月下旬に発売される。新開発スピーカーユニットやウェーブガイドホーン、高剛性・低共振キャビネットを搭載。(2015/9/30)

白くてスリムな5.1chスピーカーパッケージ、ヤマハ「NS-PA40」
ヤマハは、5.1chのホームシアター用スピーカーセット「NS-PA40(W)」を10月上旬に発売する。フロントスピーカーにスリムなトールボーイ型を採用した。(2015/9/11)

ELAC「400LINE」の新フラグシップ、トールボーイの「FS409」が登場
ユキムは、独ELACのスピーカー「400LINE」に「FS409」を追加する。トールボーイの旗艦モデルだ。(2013/7/2)

ハーマン、JBLの最新フロア型スピーカー「S3900」を発売
ハーマンインターナショナルは、JBL独自の高性能コンポーネントのフロアスタンディング・スピーカーシステム「S3900」を発売する。10インチ径ウーファーをダブルで搭載したトールボーイスタイルだ。(2012/8/21)

ヒビノ、英PMCのモニタースピーカー「twenty series」を発売
ヒビノインターサウンドは、英PMCの2Wayモニタースピーカー「twenty series」を2月に発売する。ブックシェルフ型とトールボーイ型の4種類。(2012/1/26)

ボーカロ・ライン、tangent「EVOシリーズ」のトップモデルを発売
ボーカロ・ラインは、tangentのフロア型スピーカー「EVO-E45」を12月20日に発売する。「EVO-E5」と同じ5インチユニットを4基搭載したトールボーイだ。(2011/12/15)

PMCの創業者がチューニングしたトールボーイ「PB1i-Signature」、ヒビノから
ヒビノインターサウンドは、英PMC製のトールボーイ型スピーカー「PB1i-Signature」を発売する。同社の創設者で設計者でもあるピーター・トーマス氏によるチューニングを施したシグネチャーモデルだ。(2011/5/10)

パイオニア、EXシリーズの技術を受け継ぐ新スピーカー「SERIES 8」
パイオニアは、「EXシリーズ」の思想と技術を継承しつつ、欧州のデザイントレンドを取り入れたという新しいスピーカー「SERIES 8」を10月下旬に発売する。トールボーイ、ブックシェルフなど3製品をラインアップ。(2008/9/8)

ビクター、マグネシウム振動板のフロア型スピーカー「SX-M7」を発表
日本ビクターは、Hi-Fiスピーカー「SX-Mシリーズ」の新製品として、トールボーイタイプの「SX-M7」を10月上旬に追加する。6月に発売したブックシェルフ型「SX-M3」をベースに低域を強化した“Music”志向のスピーカーだ。(2008/9/2)

パイオニア、トールボーイ「S-3EX」に新色「チェリーブラウン」追加
パイオニアが「TAD」の技術を投入した高級スピーカー3ウェイスピーカー「S-3EX」にチェリーブラウンの天然木を使用した「S-3EX-T」を追加。(2008/2/5)

JBL、新ツィーター搭載のミドルクラススピーカー「New Aシリーズ」
JBLから新ツィーターを搭載したミドルクラススピーカー「New Aシリーズ」が登場。トールボーイとブックシェルフ、センタースピーカーが用意され、オーディオからシアターシステムまで対応。(2007/7/10)

パイオニアスピーカー誕生70年:
パイオニア、「EXシリーズ」に新トールボーイ「S-3EX」追加
パイオニアは、高級スピーカーシステム「EXシリーズ」の新製品「S-3EX」を6月下旬に発売する。価格は1本36万7500円。(2007/5/15)

ハーマン、JBL創立60周年記念モデルのスピーカー「LS series」
ハーマンインターナショナルは、JBL創立60周年記念モデルとしてスピーカー「LS series」を7月より販売開始する。トールボーイの「LS80」「LS60」、センタースピーカーの「LS Center」が用意され、価格はそれぞれ25万2000円、19万9500円、14万7000円。(2006/5/25)

オンキヨー、「D-312E」ベースの最上級トールボーイ型スピーカー
オンキヨーはトールボーイ型スピーカーの最上位機種として「D-908E」を6月中旬から販売開始する。ブックシェルフ型スピーカー「D-312E」をベースに低音再生能力を高めた。(2006/5/18)

サラウンドシステム特集:
ワイヤレスシステムへの巧妙なアプローチ――ソニー「HT-SL800W」
ソニーの光ワイヤレスホームシアター新製品「HT-SL800W」では、4本のトールボーイ型スピーカーを核とすることで、音響面でのバランスを高めるだけでなく、リアスピーカーの置き場所や配線の問題もうまく解決している。(2005/12/26)

パイオニア、「TAD-M1」の技術を投入した高級スピーカー
パイオニアは、1本300万円のスピーカー「TAD-M1」の技術を投入した高級スピーカー「EX」を開発、11月上旬より販売する。トールボーイ型の「S-1EX」は52万5000円、ブックシェルフ型の「S-2EX」は31万5000円(2005/9/2)

ケンウッド、ホームシアターにも適したトールボーイ型スピーカーなど
ケンウッドはスピーカーシステムの新製品として3ウェイのトールボーイ型スピーカー「LS-X70-M」など7製品を発売する。音楽鑑賞だけではなく、ホームシアターでの利用にも適したスリムデザイン。(2005/8/8)

週末アキバPick UP!
「5.1ch水冷」とかやる勇者いませんか? 巨大水冷タワー登場で、しれっと語るショップ
アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「トールボーイ水冷」「ひと味違うギガバイト水冷」「X2 3800+登場と値下げ」「ワンネスにジャンク店舗」「ぷにっ! 第2弾」だ!(2005/8/6)

ビクター、“木”が振動板のスピーカーのトールボーイ型
日本ビクターが、優れた音響特性を実現する“木”そのものを振動板に採用した「ウッドコーンスピーカー」搭載のスピーカーシステム「SX-WD10」と、パワードサブウーファー「SX-DW505」を発表。(2005/4/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。