ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人材派遣」最新記事一覧

質問!派遣→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で派遣関連の質問をチェック

関連キーワード

モバイル端末管理最新トレンド(後編):
モバイル端末管理(MDM)を成功させるシンプルな注意点
セキュリティを重視するあまり、従業員のプライバシーや生産性を軽視した施策は成功しない。モバイル端末管理を確実なものとするには、どこに注意すべきなのか。(2017/12/6)

大企業で人手不足が顕著に:
企業の約半数が「正社員不足」 過去最高を更新
正社員が不足している企業は49.1%――帝国データバンク調べ。(2017/11/30)

「正社員以外は社員食堂使用禁止」の企業と「アルバイトにも年金を払う」企業 “待遇格差”是正のカギは?
「働き方改革」や東京オリンピックによる影響も。(2017/11/30)

モバイル端末管理最新トレンド(前編)
モバイル端末管理(MDM)が必要なシンプルな理由
エンタープライズモビリティー管理とモバイル端末管理の市場は成長を続けている。管理されることを嫌う従業員をどう納得させるか。そして、モバイル端末を管理すべきトレンドとは何か。(2017/11/24)

冷静な視点を持つ:
「成功しない」を覆す ネット世界を走る開拓者の信念
インターネットの世界で数々のプロジェクトを手掛けてきた、Supership社長の森岡康一さん。Facebook在籍時に日本のユーザー数を増やした経験や、現在取り組んでいるVR事業などは、「成功しない」という既成概念に対する挑戦だ。(2017/11/15)

2秒で時速100キロ! 「最高加速」EV、大阪の派遣会社が開発
大阪の人材派遣会社が開発した超高級な電気自動車(EV)が話題だ。静止状態から時速100キロに到達するまでの時間はわずか2秒で、「世界最高加速」をうたう。(2017/11/8)

腕時計市場、拡大中 「しない派」も多いが……「高級化」「ステータス」
携帯電話の登場で腕時計をする人は減少したが、腕時計の国内出荷は数量も金額も伸びており、金額の伸びの方が大きい。業界関係者は「腕時計に関心のある人と、そうでない人に二分されている」と指摘する。(2017/10/26)

キャリアニュース:
日本は次世代ワークスタイルに抵抗あり――調査最下位
米マンパワーグループが「次世代ワークスタイル」についての調査結果を発表。日本を含む12カ国の回答者の87%が新しい働き方を支持したが、日本は次世代ワークスタイルに抵抗を示しており、調査国中で最下位だった。(2017/10/19)

価値は手間に見合っていたか
IT導入補助金で経費管理システムを導入した中小企業の実感
中小企業や小規模事業者のITツール導入経費の一部を補助する「IT導入補助金」制度について、武蔵コーポレーションの事例を紹介する。(2017/10/10)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(12):
クリティカルパスを発見し、プロジェクトの進捗を効率的に管理しよう
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第12回では、効率的なプロジェクトの進捗管理について取り上げる。(2017/9/8)

「ねほりんぱほりん」シーズン2、10月からEテレで放送決定!
また社会の闇が暴かれてしまう。(2017/9/1)

日本特有の事情も:
どんな会社でも不正が起きてしまうワケ
なぜ企業における不正や不祥事は一向になくならないのだろうか。「職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち」の著者で、数々の企業の経理業務に携わってきた前田康二郎さんに企業にはびこる不正の実態を聞いた。(2017/8/30)

訴訟リスク回避:
東芝の半導体売却、米WDが15%出資で調整=関係筋
東芝は半導体子会社の売却交渉で、Western Digitalとの本格協議を始めた。(2017/8/24)

世界を「数字」で回してみよう(42) 働き方改革(2):
「非正規雇用」の問題は、「国家滅亡に至る病」である
ネガティブな面ばかりがフォーカスされる「非正規雇用」ですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、「バーチャル株式会社エバタ」を作り、非正規雇用が会社にもたらす効果をシミュレーションしてみました。さらに、非正規雇用に起因する社会的問題が、なぜ看過できないものなのか、そこに存在する深い闇をまとめていきたいと思います。(2017/8/16)

スキルやノウハウの属人化をストップ
20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール
スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。(2017/8/3)

「テレワーク・デイ」に「働き方改革」のおいしいところを考える
官民あげての「テレワーク・デイ」が、日本でも初めて実施された。「働き方改革」がうたわれる中で、どのような役割を果たしていくのだろうか。(2017/7/25)

事業基盤を生かす:
パーソル、約691億円で豪人材大手を買収 海外事業強化
パーソルホールディングスが、豪人材サービス企業Programmed Maintenance Servicesを買収。強固な事業基盤を生かし、海外事業をさらに強化する。(2017/7/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
利益優先?鉄道愛? 鉄道会社の株主総会報道を俯瞰する
「電車の色を変えて」「JR北海道を救って」「あっちの路線ばかり優遇するな」「不採算路線の切り離しを」――これらは鉄道会社の株主の発言だ。株主は会社に投資し、利益の分配を期待する。しかし、株主の中には、利益を生まない改善を要求する提案もある。鉄道会社と株主の関係はどうなっているか。そして今後どうあるべきか。(2017/7/14)

週末エンプラこぼれ話:
Nスペで注目の国産AI「KIBIT」、導入するにはいくらかかる?
狭い会場に多くの人が詰めかけた「AI・人工知能 EXPO」。中でも混雑していたのが、人工知能「KIBIT」を展開するFRONTEOのブースだった。NHKスペシャルで取り上げられたことで、問い合わせが増えているという。(2017/7/7)

スピン経済の歩き方:
次に、炎上するブラック企業は「マスコミ」だ
「ブラック企業」問題がさまざまな業界で起きているが、いよいよ政治の世界にも広がってきた。豊田議員が秘書に対し、「このハゲー!」と暴言を吐いたことで大きな問題になったわけだが、次のブラック企業はどこか。筆者の窪田氏は「マスコミ」と予想する。その理由は……。(2017/7/4)

五輪で東京ビッグサイトが利用できない問題、展示会関係者がデモ実施
「展示会産業で働く人々の生活と雇用を守る会」を結成し、東京都庁周辺でデモを行います。(2017/6/20)

「女湯をのぞいた生々しさ」京都でしか買えない写真集「銭湯熟女」……謎のモデルに突撃取材
湯気で曇った眼鏡、結い上げた髪にピンクのヘアバンド−。写真集「銭湯熟女〜錦湯編〜」が京都市内の銭湯で発売されており、話題になっている。(2017/6/20)

マリコ駆ける!:
カッとなったら“事実と解釈を分けて”クールダウン
ストレスマネジメントに有効な「事実と解釈を分けて考える」コツを解説します。ストレスだけでなく、トラブルシューティングにも、意見の違う人とコミュニケーションをとる際にも活用できそうです。(2017/6/17)

脱Accessで作業速度が5倍――ネット専業「じぶん銀行」のデータ活用法とは?
スマートフォンでATMを利用できるようにするなど、インターネット銀行ならではの施策を次々と打ち出している「じぶん銀行」。同行が今、目指しているのはDWHを活用した「1to1マーケティング」だという。(2017/6/13)

業績好調の企業ほど顧客体験に注目:
「C Channel」「パーソル」「ショップジャパン」――顧客体験の向上へ、デジタル変革先進企業がやっていること
顧客への良質な体験の提供は企業が成長するための第1歩。それを実現するために欠かせないのがデジタル変革だ。急成長中のスマホ動画アプリ「C Channel」提供企業をはじめとする先進事例に学ぶ。(2017/6/8)

25周年の「チャレンジ」:
「端末補助なし」 ドコモが“常識破り”の新プラン
ドコモが新プラン「docomo with」を発表。端末購入時の代金補助サービスを提供しない代わりに、端末を使い続ける限り月額料金から1500円を割り引く点が特徴だ。(2017/5/25)

スマホやPCから仕事を探せる「dジョブ」 ドコモが今秋提供開始
NTTドコモは、アルバイト・派遣社員・正社員の「求人情報」からクラウドソーシング・アンケート回答などの「スマホワーク」まで幅広い仕事情報を検索・応募できる「dジョブ」を今秋に提供開始。スマートフォンやタブレット、PCから利用できる。(2017/5/24)

ネットアップセミナー「NetApp Cloud Champions 2017」レポート:
PR:ハイブリッドクラウド時代に浮上した“データ移動”の課題に解決策はあるのか
ハイブリッドクラウドが本格的に使われ始めた今、「データの移動」が新たな課題として浮上している。その解決策としてネットアップが提唱しているのが「NetApp Data Fabric」というコンセプト。同社のセミナー「NetApp Cloud Champions 2017:クラウドベンダーとネットアップが提言! ビジネス価値創造のための一歩先を行くハイブリッドクラウド活用」では、このコンセプトに基づくクラウド活用法が示された。(2017/5/22)

接客・営業職、7割強がプライベートなSNSアカウントを「顧客に聞かれて教えたことがある」
ワークスモバイルジャパンが、「接客・営業職におけるプライベートSNSアカウントの業務利用実態調査」の結果を発表。ビジネスシーンでも、「LINE」などのプライベートなSNSアカウントがコミュニケーションに利用されている実態が改めて明らかになった。(2017/4/5)

PR:「退職しそうな人を90%当てる」? 新CMでスティーブ・ウォズニアックさんを起用しているパーソルグループの“働き方の多様化”に向けた秘策とは
(2017/3/28)

CADニュース:
派遣社員向けのCAD・製図eラーニング講座を新たに開講
プロシーズは、同社が提供する派遣会社向けeラーニングサービス「派遣の学校」において、「部下指導マネジメント」「コーチング」のマネジメント2講座、CAD・製図7講座を新たにリリースした。(2017/3/17)

アップルPickUp!:
50社の事務職に落ちても、プログラミングスキルがあるなら一発で就職できる
「いつでも誰でも学べるアプリケーション開発」を取材してきました。(2017/3/9)

技術承継:
日系製造業を悩ます技術承継問題、必要なのはデジタルデータ化と教育
2017年2月15〜16日に開催された「Manufacturing Japan Summit」では、理想科学工業 開発本部 P&Dセンター所長付池上哲司氏が登壇。「技術資産の活用を妨げている真因と解決のポイント」をテーマに技術承継の在り方について講演した。(2017/3/3)

専門家の年収は「10万ドル以上」が約6割
DevOps環境構築、成功の鍵は「人を雇いつつ、育てる」
デジタル企業ではいつの間にかDevOpsが最良の手法ということになっているが、最高情報責任者(CIO)はどのようにDevOps環境の構築に取り組むべきか。ヒントは、人材を雇用するだけでは足りないということだ。(2017/2/27)

放送業界では7割超:
企業の4割超が「正社員不足」 過去10年間で最多
企業の人手不足が進んでおり、43.9%の企業が正社員不足と回答した――帝国データバンク調べ。(2017/2/21)

速過ぎても遅過ぎてもダメ
DevOps移行で陥る「4つのありがちな失敗」と解決策
プロジェクト管理スキルの低さ、計画の取りこぼし、短絡的なスタッフのいずれかを伴うと、DevOps環境への移行は大きな失敗につながる恐れがある。(2017/2/21)

タイピングは得意なんです:
PR:池澤あやか、タレントとエンジニアのダブルワークを希望する
えっ、週に3日働くだけでそんなにもらえるの?――希望条件に合った仕事を選ぶはずだったのに、時給が気になる池澤さん。派遣エンジニアってそんなにもうかるの?(2017/2/17)

キャリアニュース:
企業人材ニーズ調査――「人材の雇用意欲がある」と98.1%が回答
マイナビが「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」の結果を発表した。対象企業の98.1%が「人材の雇用意欲がある」と回答。また、選考の際は新卒、中途採用ともに「主体性」が重視され、中途採用では「実行力」も求められていることが分かった。(2017/2/13)

キャリアニュース:
ワークライフバランス満足度が最も高いのは「派遣社員」
派遣のお仕事まとめサイト「エン派遣」が「ワークライフバランス」についてのアンケート調査結果を発表した。ワークライフバランス満足度が最も高かったのは「派遣社員」で、47%が「(バランスが)良い」と回答した。(2017/2/10)

ディルバート(487):
新人の「教育係」を避ける方法
新人教育で“人を煙に巻く”お手本を見せるなんて、職場の困った先輩トップ3に入ること間違いなし?(2017/2/9)

「正社員って本当にいいものでしょうか?」 Googleの人工知能が深い
(2017/2/3)

日本型セキュリティの現実と理想:
第39回 サイバー攻撃で変革を迫られた日本のIT業界事情
サイバー攻撃の巧妙化によって、従来のコンピュータメーカーや通信キャリア、SIerなどの情報システムベンダーではセキュリティ対策が難しくなってしまった。IT業界はセキュリティ人材やセキュリティ企業そのものを取り込む構造変革を進めているが、この業界の生き残り戦略とは何だろうか。(2017/1/12)

エン・ジャパン カイシャの評判:
製造業の「風通しが良い」企業ランキング、第1位はどこか?
エン・ジャパンが運営する企業クチコミサイト「カイシャの評判」は、製造業界の「風通しが良い」企業ランキングを発表した。(2017/1/10)

会社員の「リアルな悩み」とは:
“路上グチ聞き師”、ビジネス界にモノ申す
2012年から、高円寺の路上でグチ聞き活動を行う「グッチ菊三」さん。悩めるビジネスパーソンの相談に乗り続けてきた彼に、現代ビジネスの問題点を聞いた。(2016/12/19)

キャリアニュース:
製造業の「風通しが良い」企業ランキング――1位は「富士ゼロックス」
企業クチコミサイト「カイシャの評判」が、製造業界の「風通しが良い」企業ランキングを発表。風通しが良い企業として、1位に「富士ゼロックス」が選ばれた。意見や提案がしやすい社風であることが風通しの良さにつながっているようだ。(2016/12/16)

設計・製造現場を変革する3D CAD/3Dデータ活用(4):
3D CAD推進の課題は何か? モレなく、ダブりなく正しく全体像をつかむ方法
設計品質の向上、さらなる生産効率化など、設計・製造現場では常に厳しい要求が突き付けられている。そうした中、3D CADをはじめとしたツールの導入やより効果的な使い方を追求した組織としての取り組みも行われている。本連載では3D CAD/3Dデータ活用にフォーカスし、プロジェクト管理者がどのような視点で現場改革を推進していくべきか、そのヒントを提示する。連載第4回では、聞き取り調査で抽出した「問題」から「課題」を見つけ出すための手法について解説する。(2016/12/13)

“グループ力”で「人」と「仕事」の課題を解決:
PR:なぜ、多くの企業は失敗するのか?――「人と仕事のプロ」が成功に導くワークスタイル変革のポイントとは
企業のクラウド/デバイスの活用が活発化したことで、ワークスタイルや仕事環境も大きく変化してきている。同時にサイバー攻撃や情報漏えいなどに対するセキュリティ対策も必要なってきている。インテリジェンス ビジネスソリューションズでは、クラウド/デバイスの時代に即した環境のセキュリティ対策を「Enterprise Mobility+Security(EMS)」で実現し、企業の“ワークスタイル変革”を強力に支援する。(2016/11/29)

CEATEC JAPAN 2016講演レポート:
PR:イノベーションには「経営と現場の視点の融合」と「やりきる覚悟」が必要
CEATEC JAPAN 2016では、エンジニア人材サービスのVSNによるセミナー「なぜイノベーションにつまずくのか 〜経営と現場視点の融合で生み出す最強の企業改革〜」が開催された。企業改革を成し遂げるために必要なポイントが成功事例を交えて具体的に紹介され、立ち見が出るほどの聴衆が集まった。(2016/11/1)

スピン経済の歩き方:
なぜ大阪府警の機動隊は「土人」などと暴言を吐いたのか
沖縄のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡って、現場を警備する大阪府警の機動隊員が「暴言」を吐いた。反対運動をしている人に「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」などと発言したわけだが、なぜ彼らはこのような暴言を吐いたのか。その理由を探ってみると……。(2016/10/25)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
ノートPCで3D CADを使いたい!
「歩くマルチCAD」な、あの方が寄稿してくださっています。(2016/10/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。