ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)」最新記事一覧

激変する環境下で生き残るためのTransformation 〜コニカミノルタの事例に学ぶ〜:
第1回:「あるべき姿」にTransformするための道標としての中期経営計画
環境変化に対応し続ける企業体に変革する、Transformation。多くの企業が現在行っている取組みだが、これを成し遂げるためのポイントはどこにあるのだろうか。日本企業の中でもいち早くTransformationに着手してきたコニカミノルタを事例に、6回に渡ってこれを考えてみたい。第1回は、2011年、14年に同社が策定した2回の中期経営計画が果たした役割について考察する。(2016/4/19)

コンビニ、TPPに商機 ファミマ、マレーシアに進出 ローソンはベトナムに熱視線
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは12日、マレーシアの食品加工会社、QLリソーシーズと提携して、同国のコンビニ事業へ参入すると発表した。(2016/4/13)

「2次創作、同人誌は非親告罪の対象外」 安倍首相が国会答弁で見解
TPP合意によって著作権侵害が非親告罪化するにあたって、安倍首相が「2次創作の同人誌は非親告罪には当たらない」と国会答弁で述べた。(2016/4/11)

視点:
ASEAN経済共同体(AEC)の発足と存在感を増すASEANコングロマリット企業
1番目の目標は「単一の市場 ・ 生産拠点」 はヒト・モノ・カネがASEAN域内で自由に流通し、広域で統合された経済圏を創出することを目指している。(2016/3/15)

TwitterのGIFアニメ添付機能、ユーザーが「著作権侵害」に問われる可能性は?――福井弁護士に聞く
TwitterのGIFアニメ添付機能は米国では「フェアユース」だが、日本では「著作権侵害」に当たる?――日米で異なる著作権の扱いについて、福井健策弁護士に見解を聞いた。(2016/2/29)

世界で80万以上の宿を提供:
オーナーが同居しない空き部屋シェアリングは規制強化せよ
「シェアリング・エコノミー」の代表例は配車サービスのUberと、空き部屋シェアサービスのAirbnbであるが、注目を集めると共に論議を呼んできた。今回は、Airbnbのコミュニティーにとってのセキュリティの観点から考えてみよう。(2016/2/26)

視点:
TPP/IoT時代を生き抜く「農業4.0」のすすめ
TPPが大筋合意された状況を受けて、産業界で急速に普及・進展しつつあるIoTを活用し、脅威をチャンスに捉える日本農業の第四次構造改革の在り方を考察していく。(2016/2/25)

TPP「アクセスコントロール回避規制」にMIAUが意見 「権利者に不利益ない行為は規制対象外に」
TPP批准に伴う著作権法の改正について、インターネットユーザー協会(MIAU)が文化庁への意見書を公開。権利者の不利益にならないアクセスコントロールの回避は、規制対象外にするように求めている。(2016/2/24)

民主・福島伸享議員の「同人誌は価値がない」発言が逆の意味で拡散され炎上する事態に 本来は同人作家の権利を守る発言
インターネッツこわい。(2016/2/19)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

星4つ! サンヨー食品「サッポロ一番×全農 カップスター 嬬恋高原キャベツを使った塩タンメン」をレビュー!
今回選んだのはサンヨー食品食品の「サッポロ一番×全農 カップスター 嬬恋高原キャベツを使った塩タンメン」(178円/税込、店頭価格)だ。(2016/2/3)

週刊文春、報道ステーションの無許可報道に抗議 発売前の記事内容を許可なく使用
番組責任者に抗議文を送り、謝罪と再発防止を求めたとしています。(2016/1/22)

TPP協定、「日本にとって必要」が6割 帝国データが発表
帝国データバンクが行ったTPP協定に関する企業の意識調査の結果は……?(2016/1/20)

TPP合意で同人誌はどうなる? 著作権強化で漫画・アニメの2次創作に残る不安
2次創作同人誌はクリエイターが育つ土壌として評価され、TPPが掲げる海賊版取り締まり強化の対象外とされる見通しだ。海賊版と2次創作にどう線を引くか、ファンが注目している。(2016/1/12)

TPP条文の暫定日本語訳、政府が公開
TPP条文の「暫定仮訳」を政府が公開した。(2016/1/8)

熱く意味不明 「キャプ翼」の高橋陽一先生による東京ガスの謎漫画「副キャプテン自由化」が公開中
テレビCMにも使われている漫画です。(2016/1/6)

PR:社会貢献活動からICT農業まで 富士通と奥野田ワイナリーの“マリアージュ”
富士通がワイン作りに取り組んでいるのをご存じだろうか。山梨県の奥野田ワイナリーが運営するブドウ農園の一角に「富士通GP2020ワインファーム」を設け、従業員やその家族が年に数回足を運び、作業に勤しんでいるのだ。(2016/1/12)

青空文庫に谷崎潤一郎「春琴抄」、江戸川乱歩「二銭銅貨」など登場
谷崎潤一郎や江戸川乱歩、中勘助らの作品がパブリックドメインとなり、青空文庫に登場した。(2016/1/1)

江戸川乱歩の著作権消滅の来年に向けて、青空文庫が乱歩作品の公開を準備中だが……
公開前に著作権保護期間70年の法が施行されると公開ができなくなる可能性も?(2015/12/12)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
国境を越えて分散するビッグデータのストレージ管理
環大西洋では「セーフハーバー協定」、環太平洋では「TPP」など、多国間協定がデータのロケーションを左右する事態が起きている。クラウド環境が広く利用されるビッグデータのストレージ管理にどのような影響が及ぶのだろうか。(2015/12/1)

日本文藝家協会「著作権侵害の非親告罪化には慎重であるべき」 声明を発表
著作権法改正には「特段の配慮を要望する」としている。(2015/11/25)

著作権侵害の非親告罪化には「慎重であるべき」 文芸家協会が声明
TPPで著作権侵害の一部を非親告罪とすることで合意したことを受け、文芸家協会は、「非親告罪化は慎重であるべき」との声明を発表した。(2015/11/25)

2次創作は非親告罪化の対象外に 文化審議会の小委員会、方向性まとまる
文部科学相の諮問機関・文化審議会の小委員会は、TPP合意による著作権侵害の非親告罪化について、同人誌などに代表される2次創作は含めない方向で議論を進めることになった。(2015/11/4)

生産管理の世界共通言語「APICS」とは(2):
商習慣の違いを乗り越え、サプライチェーンを最適化する“ものさし”
グローバルサプライチェーンを運営していく上で“世界共通言語”とも見られている「APICS」を専門家が解説していく本連載。2回目はAPICSの「CSCP資格」について紹介する。(2015/10/23)

製造マネジメントニュース:
勝ち組は自動車部品とFAか!? TPPにおける合意内容公表
政府はTPPにおける合意内容を公表した。製造業に関連する工業製品では、TPP相手国へ輸出する際の関税は品目数ベースで86.9%の品目で即時撤廃、最終的には99.9%の品目で関税撤廃が行われる。日本への輸入においては、品目ベースで95.3%の関税を即時撤廃とし、最終的には100%の関税を撤廃する。(2015/10/21)

KADOKAWA「二次創作を解禁する!」 俺ら「うおおおお!」 KADOKAWAが二次創作作品の投稿が可能な小説投稿サイトを今冬オープン
KADOKAWA「ただし、サイト内でのみな」(2015/10/7)

TPPで二次創作どうなる? 官房サイトで概要公開 「非親告罪化」も「収益に大きな影響を与えなければセーフ」
一部例外が認められた形になりました。(2015/10/6)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(6):
勉強会で明らかになった医療向けOSSの多様な活用法──電子カルテ、臨床試験データ解析、日本語医学用語プラットフォーム、画像DB
2015年7月4日に東京で開催された「第10回 医療オープンソースソフトウェア協議会セミナー」の講演を基に、医療分野でOSSがどのように重要な役割を担いつつあるのかをリポートする。(2015/8/28)

「川内は改二です」「那珂ちゃんのことも嫌いにならないでください!!」 議員同士がTwitter上でオタトークを繰り広げる
議員兼提督(強い)。(2015/8/11)

TPPの著作権条項を考えるトークイベント、夏コミ会場で開催
コミケ準備会とThinkTPPIPは、TPPの著作権条項について議論するトークイベントを夏コミ会場で開催する。(2015/8/7)

TPP、著作権問題は「非親告罪化」「死後70年」で決着か
TPPで著作権問題は「非親告罪化」「死後70年」で決着する見通しだと報じられている。日本で導入されればネットを含め大きな影響を及ぼすだろう。(2015/7/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
「Radeon 300」シリーズ搭載グラフィックスカードが一斉に登場!!
Radeon R9 390Xや390、380などを搭載するグラフィックスカードがアキバで一斉に売り出された。また、Broadwell版Core iシリーズの発売もスタートし、PCパーツショップを賑わせている。(2015/6/22)

工場ニュース:
ベトナム・ビンフック省に第3タンロン工業団地を開発
住友商事は、ベトナム・ビンフック省との間で、第3タンロン工業団地の開発に合意した。日系製造業などの伸長する需要に対応するため、2018年の開業を目指すという。(2015/6/21)

ジャーナリストの仕事は「今ある事実を明かし、未来の選択肢を提示するだけ」――堤未果さんインタビュー
(2015/5/26)

戦後70年の今こそ考えたい なぜ、真珠湾攻撃という“史上最悪の愚策”に進んだのか?
(2015/5/14)

満腹なのについ食べてしまう――「エモーショナルイーティング」の危険性と予防法
満腹のはずなのにお菓子が食べたくなったりしたことはありませんか? 満腹なのに食べてしまうというこの行為は「エモーショナルイーティング」と呼ばれ、大きな危険性をはらむ病気です。今回は、この病気の危険性と予防法について紹介します。(2015/4/15)

ヨーグルト、食べてますか?:
王様? たまねぎ?――ヨーグルト最前線
お腹にやさしいだけでなく、食べ続けると風邪などを予防する効果があるとも言われているヨーグルト。今回は、自分で作るものや日本初上陸の専門店などを紹介します。(2015/4/13)

数百円で始める健康のススメ:
トクホって何? どんな効果があるの?
食品に表示されている「特定保健用食品」(通称:トクホ)の文字。CMでもよく見かけますが、皆さんはトクホがどういうものかご存じですか? 今回は、トクホの商品を例に挙げながら、その効果を紹介します。(2015/4/9)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
SF大賞受賞作家・藤井太洋、21世紀のSFと電子書籍のあり方を語る
変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、『オービタルクラウド』で第35回日本SF大賞を受賞した藤井太洋さんに聞いた。(2015/3/18)

ドワンゴ、ネットユーザーに「TPP知財条項に対する緊急声明」への賛同呼びかけ
「ネットユーザーの二次創作活動の拠点」であるニコニコ動画の運営者として、賛同を表明した。(2015/3/14)

「著作権侵害の非親告罪化」「保護期間延長」はTPP交渉から除外を――ネット関連団体の声明、政府に提出 68団体・283人賛同
TPPの知財分野の交渉について、十分な情報公開と、著作権侵害の非親告罪化や著作権保護期間の延長などを妥結案から除外するようを求める声明を、ネット関連団体が西村内閣府副大臣に手渡した。引き続き賛同者を募っている。(2015/3/13)

コミケ準備会、TPP交渉について声明 「著作権侵害の非親告罪化を憂慮」
コミケ準備会は、TPPの知財条項案の交渉について「著作権侵害の非親告罪化導入などについては、その状況を大変憂慮している」との声明を発表した。(2015/3/2)

コミックマーケット準備会、TPP協定交渉問題についてあらためてコメント 「大変憂慮しております」
著作権侵害の非親告罪化など、アマチュア作家の活動阻害につながる懸念が。(2015/3/2)

TPP知財交渉、十分な情報公開を――ネット関連団体が緊急声明案を公開
クリエイティブ・コモンズ・ジャパンとthinkC、MIAUで構成する「TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム」は、TPPの知財分野の交渉について十分な情報公開などを求める緊急声明案を公開した。(2015/2/24)

食べる街歩き:
ブルーボトル……だけじゃない! いま話題の「清澄白河」でおいしいカルチャー散策
ブルーボトルコーヒーのオープンで注目の集まる清澄白河エリア。松尾芭蕉ゆかりの地であり、下町らしい人のつながりが色濃く残る一方で、美術館やアートギャラリーが点在し、個人経営の書店やカフェなども多く、歩いて散策するのにぴったりのエリアなのです。(2015/2/14)

食べる政治:
もう、にぎらない――おにぎりの究極完全態「おにぎらず」が革命的
おにぎりといえば、好みの具材をご飯の中に入れて手で握ってできる食べもの。そのおにぎりに革命がおこりました。(2015/1/30)

なぜ”食+政治”?:
「食べる政治」仕掛け人・増沢諒さんインタビュー
毎月テーマに沿って「冊子+食材」というスタイルで発行している雑誌「食べる政治」をご存じだろうか。仕掛け人は、東京都知事選で家入一真さんのマニフェストを担当した増沢諒さん。「ネット+政治+食」というアプローチの意図は……?(2015/1/29)

食べる政治:
みそ汁、豚汁、お雑煮――日本の誇る「ホットスープ」専門店、こだわり4選
冬の寒い時にこそ食べたくなる汁物。今回は、みそ汁専門店など、こだわりのお店4件を紹介します。(2015/1/28)

追加輸入:
ヨーグルトや牛乳は足りているのに、なぜバターだけが不足しているのか
今、店頭からバターが消えているのをご存じだろうか。政府は9月下旬、バターと脱脂粉乳を追加輸入すると発表した。バターや脱脂粉乳は生乳から作られるが、牛乳は普通に売られているし、同じく生乳から抽出されるヨーグルトやアイスクリームが足りないという話も聞かない。バターと脱脂粉乳だけが不足し、輸入する事態になってしまった理由は……。(2014/11/18)

新しい知的財産のルールを日本から──「IP2.0研究会」発足、角川会長ら識者が議論・提案
次世代の知的財産に関するルール策定を目指す「IP2.0研究会」が始まった。有識者による公開研究会を開催し、グローバル化、デジタル化時代に適した新ビジョンを広く検討していく。(2014/7/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。