ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トリップアドバイザー」最新記事一覧

連休におでかけしたい 旅行者が高評価の「博物館&美術館」
世界の人気博物館と美術館もあるよ。(2017/10/6)

インスタ映えする旅行先? 写真投稿で人気の「日本の観光スポット」、日本人と外国人の違いも
夏休みに写真投稿が多かった日本の観光スポットをランキングで発表。(2017/9/30)

民泊のダイニング版? シェフの自宅で手料理を食べられる「EatWith」 トリップアドバイザーも出資
地元のホストシェフの自宅で、シェフの手料理を食べながら交流できるサービスが、今注目を集めている。(2017/9/30)

景色もグルメも楽しみ 「旅好きが選ぶ!道の駅ランキング」1位は南国気分が味わえるあの道の駅
ドライブの目的地になっている人も多そう。(2017/8/30)

復旧中の熊本城もランクイン 「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング」発表
「姫路城」が安定の連続1位。(2017/8/27)

週刊「調査のチカラ」:
なぜ山に登るのか――そこに「山ガール」がいるから? それとも「山の日」だから?
待ちに待ったサマーバケーションが到来。で、この夏の旅行やレジャーの動向を調査データから探ってみます。(2017/8/5)

SNS投稿を分析した性格診断も:
JALが「Watson」でハワイ旅行者支援 対話で名所を紹介
JALが、日本IBMのコグニティブ・システム「Watson」の対話技術を活用したチャットボットサービス「マカナちゃん」を提供開始。おすすめの飲食店などを自動で紹介する機能や、ユーザーの性格を分析する機能を持つ。(2017/7/25)

乗り物を見るとワクワクする 工場見学&社会科見学ランキング2017 1位は3年連続で「トヨタ産業技術記念館」
初登場は4施設。(2017/7/25)

安全と乗り心地も追求:
目指すは2020年までに完全自動走行タクシー――ZMPと日の丸交通が「レベル4推進研究会」立ち上げ
ZMPと日の丸交通が「レベル4推進研究会」を発足。他のタクシー会社とも協力しながら、2020年までに自動運転レベル4の自動走行タクシーの本格営業を目指すという。(2017/7/12)

全制覇してみたい 「口コミで選ぶ世界の人気テーマパーク」はどこ?
日本の1位はUSJ。(2017/7/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
やっかいな「ダークツーリズム」に近づいてはいけない
北朝鮮で拘束されていた米大学生が解放された。ただ、その学生は意識不明のまま米国に移送され、その後死亡する。そもそも、なぜこの学生は国交のない北朝鮮に行くことができたのか。調べてみると、「ダークツーリズム」の存在が見えてきた。(2017/6/29)

「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」発表 3位は広島平和記念資料館、2位はフクロウカフェ、1位は……?
トリップアドバイザーによる2016年度分の口コミランキング。(2017/6/9)

集客力はあるが……:
外国人が多いのになぜ? 渋谷区が観光施策に注力する事情
東京を訪れる外国人観光客は2015年で約1189万人に上った。そして彼らの多くは渋谷に足を運んでいる。にもかかわらず、渋谷区には観光に関する大きな悩みがあるという。それは……。(2017/6/1)

日本人と外国人とでは観光スポットの評価が違う 日本の観光地に寄せられた口コミを分析
口コミ数は増加傾向にあり、外国語については1.5倍。(2017/5/13)

これは行きたい! 朝食のおいしいホテルランキング 1位は5年連続で「ホテルピエナ神戸」
初登場は5施設あります。(2017/4/26)

意外な穴場が見つかるかも 「旅好きが選んだ!日本の展望スポット」ランキング 1位は京都・清水寺
初登場は4施設。(2017/3/16)

防塵/防水があれば完璧だった
徹底レビュー:ダブルレンズカメラ搭載の頑丈スマホ「HUAWEI Mate 9」
「HUAWEI Mate 9」には革新的な実装はないものの、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。(2017/2/26)

日帰り温泉&スパランキング2017発表! 指宿の「たまて箱温泉」が4年連続1位に!
秘境温泉からスーパー銭湯まで幅広くランクインしました。(2017/2/18)

AppleやMicrosoftなど米97+30社、移民規制のトランプ大統領令に合同異議申し立て
Apple、Google、Facebook、Microsoftなどを含む97の米国企業が、ドナルド・トランプ米大統領による移民規制に関する大統領令に異議を申し立てる法廷助言書(amicus brief)をこの問題を審議中の控訴裁に提出した。【UPDATE】遅れてAdobeやHP、Teslaなど3社が加わり、127社の連名になった。(127社のリスト掲載)(2017/2/7)

長期休暇取れたらここに行くんだ…… 「日本人に人気の海外観光スポット」が納得のランキングに
冬休みには行けなかった。(2016/12/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ディスっても大丈夫」法が成立、書くよ!
米国で、興味深い法案が成立した。「消費者レビュー公正法」である。あまり聞き慣れない言葉だが、一体どういった法律なのか。(2016/12/22)

消費者の口コミ投稿を保護する法律がアメリカで成立 ネガティブレビュー封じる契約条項を禁止
新法「消費者レビュー公正法」は都合の悪い口コミを封じようと、一部の企業が契約に盛り込んでいる「猿ぐつわ条項」を禁止しています。(2016/12/17)

「行ってよかった!無料観光スポット2016」発表! 1位は「JAL工場見学 Sky Museum」
社会見学や試飲ができるスポットが人気です。(2016/11/12)

トリップアドバイザー、野生動物や絶滅危惧種と接触する観光ツアーのチケット販売を停止
動物の健康と安全の向上を目的としています。(2016/10/13)

「行ってよかった! 紅葉名所ランキング」発表! 1位は京都の「禅林寺 永観堂」
水面とのコントラストやライトアップを楽しめる名所が人気です。(2016/9/22)

「行ってよかった!道の駅ランキング」発表 あなたが知らない未知の道の駅
1位は本州最西端の道の駅「北浦街道 豊北」。(2016/9/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界のトップリーダーは、どんな休暇を送っているのか
国のトップは忙しい日々を送っているが、夏休みはどのように過ごしているのだろうか。多くの指導者はリゾート地でゆっくりとした時間を過ごしているが、中にはそうでもない人もいる。例えば、ロシアのプーチン大統領は……。(2016/8/12)

「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」の狙い
KDDIが7月22日に開始した「世界データ定額」は、対応する国と地域で1日980円でデータ通信が利用できる。その安さはもちろん、予期せぬ高額請求を防げる仕様にした点も注目したい。KDDIの担当者に、サービス提供の狙いや苦労を聞いた。(2016/8/5)

au「世界データ定額」22日開始 1日980円
日本で利用しているauスマホのデータ定額プランを海外でも利用できる「世界データ定額」が7月22日にスタートする。(2016/7/21)

KDDI、「世界データ定額」を7月22日開始 24時間980円で国内料金を適用
対象は北米やアジア、オセアニア、ヨーロッパなど32の国・地域サービス開始は専用アプリで管理。さらにトリップアドバイザーや外務省の情報配信も。(2016/7/21)

高まるインバウンド需要:
PR:横浜中華街や「塚田農場」などで導入相次ぐ FONのWi-Fiは今なぜ支持されるのか?
全世界で2000万以上のWi-Fiスポットを展開するFON(フォン)。インバウンド需要が高まる中、日本でも今、さまざまな場所でFONのWi-Fiスポットが増えているのだ。本稿では、観光地として有名な横浜中華街、そして好業績で知られる居酒屋「塚田農場」などの事例を取り上げ、FONが今注目を集める理由をお伝えする。(2016/7/5)

時々足を運びたくなる場所! 行ってよかった日本の神社仏閣ランキング 1位は「伊勢神宮」
西日本強し。(2016/5/24)

おいしい朝ご飯が食べたい 朝食目当てで宿泊したいホテルはここ
「行ってよかった!朝食のおいしいホテルランキング2016」で「ホテルピエナ神戸」が4年連続1位を獲得。(2016/5/4)

ハワイ強しバリもいいよね! 世界のベストアイランドのアジアランキングに西表島入る
日本の島もいいとこばかりだぞ。(2016/4/24)

あなたの知らないプリンタの世界:
渋谷・スクランブル交差点で深夜の“男祭り” 巨大屋外広告が一夜でチェンジ
世界一有名な交差点の1つ、渋谷・スクランブル交差点。目に入るたくさんの屋外広告が一夜にして入れ替わる日があることをご存じでしょうか。深夜0時を回るころ、何が起きているのか――華麗なる“男祭り”に密着しました。(2016/4/7)

人気の観光地、日本人と外国人と比べると違いはあるの? 口コミを分析
12都道府県で比較しました。(2016/4/3)

BYODにうってつけのセキュリティ対策
ゲーム『Candy Crush』の開発会社を悩ませたモバイルアクセス管理
ゲームメーカーKingは、急成長によりモバイルアクセス管理にさまざま問題を抱えていた。認証システムを「Google Authenticator」に切り替えても解決できなかった同社が最後にたどり着いた解決策とは?(2016/3/8)

Computer Weekly:
ゲーム『Candy Crush』の開発会社を悩ませたモバイルアクセス管理
ゲームメーカーKingは、急成長によりモバイルアクセス管理にさまざま問題を抱えていた。認証システムを「Google Authenticator」に切り替えても解決できなかった同社が最後にたどり着いた解決策とは?(2016/3/2)

トリップアドバイザー担当者が語る:
PR:エアコンに次ぐ必需設備 「無料Wi-Fi」は外国人観光客のホテル選びのポイントに
インバウンド需要の高まりによって日本のホテルや観光業が沸いている。そうした中、トリップアドバイザーが行ったユーザー調査によると、外国人旅行客がホテルの部屋選びで重視するポイントとして「無料Wi-Fi」が上位に入っていることが明らかになった。これは今後の各宿泊施設の戦略に大いに関係しそうだ。(2016/3/1)

温泉クラスタ「おおおおおおお」 ひとっ風呂あびたい日帰り温泉&スパ1位は「たまて箱温泉」
ここ目的でも立ち寄りたい。(2016/2/21)

中国人旅行者が注目する日本の旅行先は大阪
秋の大型連休期間ではバンコクがもっとも訪れた都市。(2016/1/3)

すごい泊まりたい! 外国人に人気の日本のホテルと旅館がこれだ スタッフとのコミュニケーションが鍵
ホテル1位は「コンラッド東京」、旅館1位は「料理旅館 白梅」が獲得。(2015/12/19)

日本人、本当にアンコールワットが大好きだな 「日本人に人気の海外観光スポット2015」発表
美術館・博物館部門の第1位の「オルセー美術館」はなるほど納得。自然スポット第1位は「プリトヴィチェ湖群」……ってど〜こだ?(2015/12/12)

レプリカだけの展示にもかかわらず、日本一高い入館料(?)といわれる美術館がすごい
訪れた人は「納得の料金」「それ以上の価値がある」「偽物なのにすごい!」などと大絶賛だそう。(2015/12/12)

日本人に人気の海外観光スポットはどこ?
旅行口コミサイトを運営しているトリップアドバイザーは12月2日、「日本人に人気の海外観光スポット2015」を発表した。(2015/12/2)

空港行ったら飛ぶ前にぜひ食べたいランキング 地方空港のご当地メニューもおいしそう
食べに行くだけでもいいじゃない。(2015/11/28)

スピン経済の歩き方:
外国人観光客は増えているのに、日本が「テーマパーク戦争」に勝てないワケ
東アジアの「テーマパーク戦争」が激しさ増している。中国や韓国などで巨大施設が相次いで誕生する中、日本はどうやって戦っていくのか。勝ち目は……。(2015/11/24)

Tableauユーザーが考える最高のダッシュボードのデザイン
「かっこいい」だけのデータ視覚化ツールは必ず失敗する
最新のデータ視覚化ツールには、豊富なダッシュボードのデザインが用意されている。だが米Tableau Softwareの視覚化ツール「Tableau」のユーザーは、デザインの効果的な使い方を理解することこそがダッシュボード導入の鍵だと語る。(2015/11/11)

橋クラスタ「うおおおおおお!」 日本の橋ランキング、1位は角島大橋に
10位以内半分が沖縄県。(2015/10/24)

朝食付きホテルで一番“お値打ち”なのはどこ? 世界37都市を比較
旅行口コミサイトを運営しているトリップアドバイザーは、世界37都市を対象に4つ星以上のホテルの「朝食付き1泊あたりの宿泊料金」(10月1日現在の為替レートを適用)を発表した。(2015/10/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。