ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音声案内」最新記事一覧

ロボットが“専属観光ガイド”になってくれる旅行プラン、JTBが販売 シャープの「RoBoHoN」活用
JTB西日本とシャープが観光事業で協業。シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN」を観光ガイドとして貸し出す旅行プラン「ロボ旅」を12月15日から販売する。(2017/12/8)

NTTの音声合成ソフト、深層学習で自然な声を実現 ナレーションや書籍の読み上げに期待
NTTテクノクロスが、NTTのAI技術corevoを活用した音声合成ソフトウェア「FutureVoice Crayon」の新バージョンを発表した。DNNによる深層学習を活用した音声合成によって、自然で滑らかな音声を実現した。(2017/12/6)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
ついに日本上陸 「Amazon Echo Dot」をセットアップしてみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はいよいよ発売されたAmazonの「Echo Dot」の導入手順を紹介する。(2017/11/17)

「クレジットカード決済とは競合しない」 携帯番号を使うオンライン決済「Paidy」が狙う市場
オンライン決済サービス「Paidy」を提供するエクスチェンジコーポレーションは、煩雑な手続きを省略する決済手法で、クレジットカードを持っていない若者や高齢者の新規獲得を狙う。(2017/11/14)

カード不要のオンライン決済サービス「Paidy」が100万口座を突破
エクスチェンジコーポレーションが提供するオンライン決済サービス「Paidy」が100万口座を突破。クレジットカードなどの登録は不要で、オンラインショッピング時にメールアドレスと携帯電話番号でリアルタイムに決済できる。(2017/11/14)

お台場の海へスプラッシュ! 水陸両用バス「TOKYO NO KABA」11月27日運行開始
迫力ありそう。(2017/11/14)

「TOKYO NO KABA」:
水陸両用バス、お台場で運行スタート 富士急
富士急が水陸両用バス「TOKYO NO KABA」を11月27日から東京・お台場で運行する。(2017/11/13)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
試して分かった「Google Home Mini」の意外な強みと弱み
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Google Home」の小型版にあたる「Google Home Mini」の特徴やセットアップ方法、Google Homeとの違いを紹介する。(2017/11/11)

「Alexa、京王の運行情報を教えて」――京王電鉄と京王バスが「Amazon Alexa」に対応
京王グループが、「Amazon Alexa」に対応した鉄道運行情報の配信や空港連絡バスの予約サービスを開始。Amazon Echoの出荷に合わせて、「Alexaスキル」の提供を開始する。(2017/11/9)

Over the AI ―― AIの向こう側に(16):
モノマネする人工知能 〜 自動翻訳を支える影の立役者
最近の機械翻訳の発展には目を見張るものがあります。なぜ、ここまで進化しているのでしょうか。AI(人工知能)による翻訳、通訳を取り上げ、その発展の理由を探ってみると、その根底には、あるパラダイムシフトが存在していたことが分かりました。(2017/10/30)

地下駐車場で停めた車の位置までナビ セントラルパークとデンソー、スマホサービスの実証実験
名古屋市のセントラルパーク地下駐車場で、車の駐車位置を案内するスマホ向け歩行者ナビゲーションの実証実験がスタートする。(2017/10/19)

シャープ、食材宅配に参入 家電と連携で「時短ニーズ」狙い撃ち
シャープが食材宅配サービス「ヘルシオデリ」を10月に始める。同社の調理家電「ヘルシオ」シリーズ向け。(2017/9/26)

クラウド普及と共通する点も
今まさにビジネスを変えている「VR/AR」、すぐに手を付けるべきは?
IoT(モノのインターネット)以降の世界をVR/ARがさらに変える準備は整った。ただし、VR/ARを企業や組織に普及させるためには、幾つかの準備が必要だ。(2017/9/19)

「あなたが私のマスターか?」 劇場版Fateのキャラが案内するワイヤレスヘッドフォン
デノンは、劇場場「Fate/stay night [ Heaven’s Feel ]」とのコラボヘッドフォンを発売する。キャラクターの録り下ろしボイスによる音声ガイダンスを収録した。(2017/9/15)

主人の好みを覚える“AI調理鍋” シャープが発売
AI(人工知能)がユーザーの調理履歴などを学習し、献立を提案する自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」を、シャープが発売。(2017/9/14)

Over the AI ―― AIの向こう側に(14):
開き直る人工知能 〜 「完璧さ」を捨てた故に進歩した稀有な技術
音声認識技術に対して、長らく憎悪にも近い感情を抱いていた筆者ですが、最近の音声認識技術の進歩には目を見張るものがあります。当初は、とても使いものにはならなかったこの技術は、なぜそこまでの発展を遂げられたのか――。そこには、「音声なんぞ完璧に聞き取れるわけない!」という、ある種の“開き直り”があったのではないでしょうか。(2017/8/29)

ドライブサポーターとau助手席ナビで:
走行情報をリアルタイムに共有 ナビタイムが「グループドライブ」機能を提供
ナビタイムが、車の走行情報を複数ユーザー間で共有できる「グループドライブ」機能を提供する。「NAVITIMEドライブサポーター」と「au助手席ナビ」が対象。グループに招待されたユーザーは、目的地までのナビ機能を無料で利用できる。(2017/7/26)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年5月版】:
「ドイツからの黒船」はHUD一般化の引き金になるか
コンテンツランキングTOP10、2017年5月は独メーカーによる「デミオ」などへのHUD供給や予断を許さない東芝の状況分析、マイコンメーカーによるLinux推しの理由など、バラエティ豊かな記事が人気を集めました。(2017/6/15)

クインシー・ジョーンズの声がナビゲート、JBLのBluetoothヘッドフォン「E55BT」にプレミアムモデル
(2017/6/8)

Microsoft、Tangoのようなインドアマップアプリ「Path Guide」をAndroid向けに公開
Microsoft Researchが、Android向けインドアマップアプリ「Path Guide」をGoogle Playストアで公開した。端末を持って歩くだけで2点間の道順をトレースし、ガイドとしてクラウド上に保存・共有できる。(2017/5/29)

採用事例 CRI・ミドルウェア:
圧電ブザーで発話可能な低コスト音声ガイド、ガス警報器に採用
 安価なブザー用スピーカー(圧電ブザー)での音声再生を可能とする、CRI・ミドルウェアのミドルウェア「D-Amp Driver(ダンプドライバー)」が矢崎エナジーシステムのガス警報器「YF-434G」に採用された。ハードウェア構成の大きな変更なしに警告をブザーから音声に変更したことで、コストを抑えての安全性向上を実現した。(2017/5/29)

Google I/O 2017:
「Daydream」にスマホ・PCレスの「スタンドアロンVR」登場 Galaxy S8/S8+対応も AR「Tango」は着実に進化
(2017/5/18)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azureとは? まずは仮想マシンを作ってみる
オンプレミス一筋のWindows管理者が一念発起してMicrosoft Azureを初体験! あくまでもオンプレ管理者視点で、大事だと思ったことを記していきます。まずは勝手知ったるWindowsサーバを仮想マシンで立ててみます。(2017/5/11)

指先でつまめるハイレゾプレーヤー「PAW Pico」はランニングにも最適!?
(2017/4/30)

FM:
画像解析で杭の施工精度を向上、奥村組が実用化
奥村組は、高速画像解析技術を応用して基礎杭の鉛直精度を定量的にリアルタイムで把握できる杭の施工管理システムを開発した。2台のビデオカメラとタブレット型PCなどで構成されている。(2017/4/26)

MVNOの深イイ話:
電話番号からIMEIまで 携帯電話網で使われるさまざまな「ID」
携帯電話には多くの「番号」が存在します。今回は、携帯電話で使われるさまざまなID(識別番号)を紹介し、それらのIDがどのような意味を持つかご説明します。(2017/4/7)

ドコモ、Android端末の「エリアメール」で「緊急地震速報」「津波警報」のイラスト表示を開始 3月13日から
NTTドコモのAndroid端末用「エリアメール」アプリが3月13日にバージョンアップする。バージョンアップをすると、「緊急地震速報」と「(大)津波警報」においてイラストも表示されるようになり、より直感的に速報・警報の内容を理解できるようになる。(2017/3/10)

医療機器ニュース:
心肺蘇生時の胸骨圧迫の質を計測・評価・管理するサポート装置
日本光電工業は、心肺蘇生時の胸骨圧迫の質を計測・評価・管理する装置「CPRアシスト CPR-1100」を発売した。胸骨圧迫の深さ、胸骨圧迫の解除、胸骨圧迫のリズムを計測できる。(2017/3/8)

Yahoo!カーナビで「きせかえボイス」提供開始 第1弾は「アイドルマスター」
“デレマス”で利用料は無料。PSPのカーナビシステム「MAPLUS」から技術協力を受けたという。(2017/3/2)

それでもヒトは機械との会話を求めている
音声認識の理想と限界、AmazonやGoogleの技術でも「魔法の呪文」には遠い?
「Amazon Echo」や「Google Home」、Appleの「Siri」のような音声認識はスマートホームIoTの構成要素として急速に定着している。だが音声認識の技術はまだまだ課題がある。(2017/2/12)

エルゴノミックに進化したワイヤレススポーツイヤフォン、デノン「AH-C160W」登場
デノンは、ワイヤレス・スポーツイヤフォンの新製品「AH-C160W」を2月上旬に発売する。11.5mm径という大きめのドライバーを従来機から継承しつつ、防水性能やBluetooth、装着性といった基本性能を大幅にブラッシュアップ。(2017/2/2)

FM:
ワトソンが“声”で日本橋を案内、建物の「データベース化」で実現
清水建設、日本IBM、三井不動産の3社は、東京・日本橋の商業施設で音声ナビゲーションシステムの実証実験を開始する。スマートフォンとビーコン、さらにBIMモデルのような建物の空間情報データベースを活用し、一般利用者の他、車いす利用者や視覚障がい者など、ユーザーごとに最適な経路をリアルタイムに音声で案内できるシステムだ。(2017/1/27)

清水建設と日本IBM、三井不動産の3社が協力:
視覚障害者にも安全な案内を――Beacon×Watsonで生まれた音声ナビの実証実験スタート
日本IBM、清水建設、三井不動産の3社が協力し、日本橋の「コレド室町」で音声ナビゲーションの実証実験を行う。高精度な位置情報と音声ナビゲーションにより、外国人観光客や車いす利用や、視覚障害者などへの実用可能性を探る狙いだ。(2017/1/27)

ロボデックス:
NECプラットフォームズ、サービスロボット「パペロ」を披露
NECプラットフォームズは「ロボデックス」でサービスロボット「PaPeRo i」(以下、パペロ)を披露した。受付対応や見守りサービスでの需要が高いという。(2017/1/19)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(6):
AWSとAmazon EMRを利用してみる
実際にHadoopで処理を実装していきながら「Hadoopは、誰にだって扱える」を体感しましょう。今回は「AWSとAmazon EMRの利用方法」を解説します。(2017/3/7)

AIの「よくある誤解」10個、ガートナーが見解
ガートナー ジャパンが人工知能(AI)に関して多く見られるという10の「誤解」とそのうち2つについて見解を述べた。(2016/12/22)

製造業における音声認識:
製造現場での音声認識導入を失敗させる2つの原因と対応策
ピッキングや組み立て、検査保守など製造現場に音声認識技術が導入されることも珍しくないが、「導入に失敗する」例も散見される。主な失敗の要因とその対応策について紹介する。(2016/12/2)

PR:パートナーは“良音”――心拍数が分かる「Bose SoundSport Pulse」で効果的に運動する方法
健康のために運動したいと思っても、忙しいビジネスマンがジムに通うのは難しい。しかし、無駄な手間をかけず効果的にフィットネスが始められるとしたら? それも心地良い音楽を“相棒”にして。ボーズの「SoundSport Pulse」は、そんな贅沢なニーズに応えてくれるワイヤレスイヤホンだ。(2016/11/30)

「ET 2016」で展示:
圧電ブザーで鳥の声もきれいに再生できるソフト
CRI・ミドルウェアは、2016年11月16〜18日にパシフィコ横浜で開催されている。「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」で、組み込みマイコンで高品質な音声出力を実現するミドルウェア「D-Amp Driver(ダンプドライバー)」の新製品を展示する。(2016/11/16)

Twitter、企業アカウントが顧客とのDMで使える自動メッセージと質問リスト機能
Twitterが、ユーザーがDMボタンをタップすると自動で表示する「ウェルカムメッセージ」と、質問の選択肢を表示する「クイックリプライ」の2つの企業向け新機能を発表した。(2016/11/2)

ドコモ、VoLTE対応ケータイを2機種投入 テザリングは非対応
NTTドコモが、いよいよVoLTE対応ケータイを発売する。おサイフケータイやワンセグといった日本のケータイならではの機能を継承しつつ、VoLTEの高音質通話を生かすための工夫を凝らしている。(2016/10/19)

ワイヤレスでもハイレゾ相当! ソニーからNC付きBluetoothヘッドフォン「MDR-1000X」登場
ソニーは、ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドフォンのフラグシップモデル「MDR-1000X」を10月下旬に発売する。(2016/10/4)

東京駅に対話型ロボット 駅構内や観光名所を外国人に案内 10月から
東京駅で日立製ロボット「EMIEW3」が周辺施設などを案内する実証実験が10月にスタート。日本語、英語、中国語に対応する。(2016/9/26)

東京駅でロボットが訪日客対応 JR東と日立が実証実験
東日本旅客鉄道(JR東日本)と日立製作所は、ロボットを活用した訪日客対応の実証実験を東京駅で実施する。(2016/9/26)

「契約、いや接続完了だ!」、デノンが“まどマギ”コラボのBluetoothヘッドフォンを発売――予約受付も開始
デノンは、予告していた「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ【新編】叛逆の物語」コラボレーションモデルの「AH-GC20MDK」を正式に発表した。同時に予約の受付も開始している。(2016/9/23)

商標権「黒夢」「KUROYUME」が官公庁オークションに出品中 人気バンド・黒夢のものか
商標権の所有者が税金滞納で差し押さえにあったもよう。(2016/9/13)

アニメキャラの音声案内で「聖地巡礼」? バンナム、位置情報と音声データを連携「ブラメディア」開発
スマホの位置情報と連動し、その場所に応じた音声データが聞ける技術「ブラメディア」を、バンダイナムコエンターテインメントが開発。(2016/9/13)

「エリアメール」「緊急速報メール」が「洪水情報」に対応 自治体を経由せず迅速に配信
NTTドコモの「エリアメール」とau・ソフトバンク・Y!mobileの「緊急速報メール」が、国土交通省の「洪水情報」の配信に対応する。茨城県常総市と愛媛県大洲市を皮切りに、対応する自治体を順次拡大する。(2016/9/1)

車載ソフトウェア Automotive Grade Linux インタビュー:
“自動車業界の共同開発部門”が1年以内に車載Linuxから生み出したものとは
Linux Foundation傘下で車載システム向けのLinuxディストリビューションを開発しているAutomotive Grade Linux(AGL)の活動が活発化している。Linux Foundation 自動車部門ジェネラルマネージャーのDan Cauchy氏に、リリースしたばかりの新バージョンの内容や、今後の開発方針などについて聞いた。(2016/8/24)

R25スマホ情報局:
睡眠状態を測定して「ねむり」を改善しよう
音声ガイダンスで睡眠へ導き、睡眠中の状態を検知して気持ちよく起こしてくれる「ねむり時間計」(2016/8/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。