ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Wオープンスタイル」最新記事一覧

STYLEシリーズ:
ハニーキューブイルミの防水Wオープンスタイル――「P-02C」
「P-02C」は、端末が縦にも横にも開くWオープンスタイルを採用した防水モデル。六角形の模様を透過して光るハニーキューブイルミが端末を華やかに彩る。(2010/11/8)

進化を続けるWオープンスタイル:
PR:“フラットWオープン”を実現したVIERAケータイ「941P」 ヨコオープンスタイルの魅力
パナソニック モバイルコミュニケーションズがソフトバンクモバイル向けに供給するVIERAケータイの最新モデル「941P」は、これまでのWオープンスタイルのよさを引き継ぎつつ、大きな進化を遂げたモデルだ。(2010/2/23)

写真で見る「941P」
2010年2月以降の発売を予定する、WオープンスタイルのVIERAケータイが「941P」だ。無線LANとタッチパッドという新機能を搭載し、LUMIXゆずりのカメラもさらに多機能に進化している。(2009/12/7)

写真で解説する「P-01B」
NTTドコモの第5世代“VIERAケータイ”「P-01B」は、ダイヤルキーにタッチパッド機能を持たせ、ノートPCライクな操作感を実現した端末だ。新型ヒンジを採用したWオープンスタイルや、約0.2秒の高速AFが可能な8Mカメラなど、夏モデル「P-07A」の特徴をブラッシュアップしている。(2009/11/11)

PRIMEシリーズ:
タッチパッドでノートPCライクな操作感 “高速AF”で撮影も素早く――「P-01B」
新型ヒンジを採用したWオープンスタイルで、3.3インチの大画面を実現した「P-01B」。ダイヤルキーにタッチパッド機能を持たせ、PCライクな操作感でネットを閲覧できる。(2009/11/10)

スリムなWオープンスタイル端末「P-03A」の新色、10月23日に発売
パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P-03A」の新色「Pink Metallic」「Silver」「White Pearl」が10月23日に発売される。(2009/10/15)

開発陣に聞く「P-10A」:
さりげない防水を実現するための“魔法”とは?――「P-10A」
ディスプレイが横にも開くWオープンスタイルで防水を実現した「P-10A」。従来と変わらないスリムなヒンジを実現するための「魔法」とは?(2009/7/17)

ドコモ、水中撮影も可能な「F-08A」と防水Wオープンの「P-10A」を6月12日に発売
NTTドコモは、世界で初めてIPX8等級を取得し水中でもカメラが使える富士通製「F-08A」と、Wオープンスタイルに防水性能を持たせ、内蔵コンテンツや便利機能を充実させたパナソニック モバイル製「P-10A」を6月12日に発売する。(2009/6/8)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
気分に合わせてタテヨコ使い分け、サクサク撮れるケータイカメラ──「P-03A」
ディスプレイが横に開くWオープンスタイルを採用する、ライトな“VIERAケータイ”が「P-03A」。カメラは3.2Mピクセルで、最近のハイエンドカメラケータイと比べるとスペックはやや劣り、フォトライトは備えないが、その分サクサク動き、Wオープンスタイルで縦と横を気分に合わせて使い分けられる。(2009/2/4)

Wオープン+2WAYキー、ソフトバンク版のハイエンド“VIERAケータイ”──「930P」
パナソニック モバイル製の「930P」は、ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”とキーの配列が変化する“2WAYキー”が特徴のハイエンド端末。充実したヨコメニューや暗所撮影に強い5Mの顔認識AFカメラを備え、リアル3Dゲーム対応の大作ゲームアプリもプリインストールする。(2009/1/29)

「P-03A」に一部の画像を赤外線で送れないなどの不具合――ソフト更新で対応
NTTドコモは、パナソニック モバイル製のWオープンスタイル端末「P-03A」に、赤外線通信時や「ドコモケータイdatalink」通信時に画像が送信できないなどの不具合があることを公表した。ソフト更新で対応する。(2008/12/26)

スリムなWオープンスタイルの「P-03A」、25日に発売
Wオープンスタイルを採用したパナソニック モバイルコミュニケーションズ製端末「P-03A」が、25日から店頭に並ぶ。(2008/12/19)

開発陣に聞く「P-01A」:
触れると分かる「本当の使いやすさ」に自信──Wオープン3代目の集大成「P-01A」開発の真意(前編)
人気のWオープンスタイルを継承し、横向きでも文字を入力できる新機構“2WAYキー”が特徴の「P-01A」。前機種P906iと比べて何が変わり、どんな特徴があるのか。そしてタッチパネルを採用しなかったのはなぜか。パナソニック モバイルの「P-01A」開発チームに話を聞いた。(2008/11/18)

写真で解説する「P-03A」
薄く、小型になったWオープンスタイルのVIERAケータイが「P-03A」。ワンセグやおサイフケータイ、顔認識AF付きの320万画素カメラなどを備え、ハイエンドのP-01Aより少しカジュアルなイメージのモデルとして展開。“隠しキャラ”もいるという「ハッピーイルミネーション」のほか、スヌーピーコンテンツや「レイトン教授」アプリなどを内蔵する。(2008/11/8)

写真と動画で解説する「P-01A」
好評の“Wオープンスタイル”を継承しつつ、開けるとキーの配列が変化する新機構“2WAYキー”を採用して進化したパナソニック モバイル製の「P-01A」。ワンセグやフルブラウザ、ゲーム、カメラなどを楽しむ「横向きUI」を3世代目にしてかなり満足のいくものに仕上げて登場する。(2008/11/5)

STYLEシリーズ:
よりスリムになったカジュアル“Wオープン”、14種のハッピーイルミ入り──「P-03A」
パナソニック モバイル製の「P-03A」は、P705iのカジュアルなイメージとP906iのWオープンスタイルを融合したスリム“Wオープン”ケータイ。ワンセグやカメラ、写真表示などを横向き画面で利用でき、30種類の豊富なイルミネーションやランダムに表示する14種類のハッピーイルミを搭載。スヌーピーをモチーフにしたコンテンツもプリインストールする。(2008/11/5)

PRIMEシリーズ:
横に開くと表示が変わる“2WAYダイヤルキー”、横向き進化のWオープンスタイル──「P-01A」
パナソニック モバイル製の「P-01A」は、前モデルのP906iがさらに進化したWオープンスタイルのハイエンドモデル。縦開きと横開きでダイヤルキーの表示や配列が変わる“2WAYキー”を新たに備え、横開き時もそのまま文字の入力が可能になった。キングダムハーツやレイトン教授といった人気ゲームもプリインストールする。(2008/11/5)

東京ゲームショウ2008:
TGS恒例の“覆面”新機種、「P-01A」はWオープンスタイル継承か
東京ゲームショウ2008のドコモブースは、次期モデルに搭載する新サービス「iアプリオンライン」対応タイトルを軸にした、各CPの新作携帯ゲームを多数展示。試遊端末は毎年恒例の“覆面”で覆われていた。(2008/10/9)

「P906i」の“ここ”が知りたい(2):
横向きUIはどう?──「P906i」
ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”を継承した「P906i」。では新たに備えた“横向きメニュー”はどう使えるか。動画とともに確認していこう。(2008/6/20)

写真で解説する「921P」
ソフトバンク版の新“VIERAケータイ”もWオープンスタイルを継承。「921P」はフルワイドVGAディスプレイ、ワンセグ、おサイフケータイ、GPS、HSDPA、PCサイトブラウザなど“ほぼ全部入り”機能を備えつつ、ワンセグやカメラ機能の強化とともにデザインを洗練させた。形状や機能はほとんどドコモの「P906i」と同じだが、どこか異なる箇所はあるだろうか。(2008/6/6)

“VIERAケータイ”+Wオープンスタイルがデザイン洗練、顔認識AFも搭載──「921P」
ソフトバンクの2代目“VIERAケータイ”として登場する「921P」。ワンセグ、フルワイドVGA液晶、HSDPA、Bluetooth、GPSなどのほぼ全部入り機能と、横にも開くWオープンスタイルをそのままに、フレーム補間技術や顔認識AFカメラを備え、凹凸のないスマートなボディに進化した。(2008/6/3)

写真で解説する「P906i」
好評のWオープンスタイルはそのままに1.1ミリの薄型化を果たし、デザインの小リニューアルを行った“P905iの正常進化モデル”がパナソニック モバイルの「P906i」。P905iTVなみのワンセグ性能、顔認識AF付きカメラ、そして横向きのヨコオープンスタイル用インタフェースなどを新たに備え、細かい機能や使い勝手がかなり進化した。(2008/5/27)

Wオープンスタイルの「920P」にリセットがかかる不具合、ソフト更新で対応
ソフトバンクモバイルは、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「920P」に不具合があると発表した。特定の動作を行うと電源がリセットするというもので、無線経由で改修済みソフトを提供するソフトウェア更新で対応する。(2008/4/28)

“VIERAケータイ”「920P」と防水ケータイ「822T」、2月29日発売――ソフトバンク
ソフトバンクモバイルは、Wオープンスタイルを採用したパナソニック モバイル製の“VIERAケータイ”「920P」と、IPX5/IPX7に適合した東芝製の防水ケータイ「822T」を2月29日に発売する。(2008/2/28)

動画で見る「920P」
ソフトバンク版“VIERAケータイ”、「920P」。ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”は改めてどのように使えるのか、P905iにはない920Pの独自機能「メディアジャンプボタン」とは何か。動画で確認していこう。(2008/1/30)

横にも開くWオープン、待望の“ほぼ全部入り”ハイエンド──「920P」
パナソニック モバイルがソフトバンクモバイル向けに初めて投入するハイエンドモデルが「920P」。3インチフルワイドVGA液晶とディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”を採用し、ワンセグ、HSDPA、GPS、Bluetoothなど、ほぼ全部入りスペックの「VIERAケータイ」として登場する。(2008/1/28)

「P905i」の“ここ”が知りたい(4):
“カーナビ”として使える?──「P905i」
“Wオープンスタイル”の採用で、ディスプレイを横に開いて使える「P905i」。2007年発売の905iシリーズは共通してGPSと地図アプリを備えるが、それらはP905iの“横向き“でどう使えるか。iアプリを外部出力できるなら、カーテレビに接続してカーナビにできるのでは──という質問が寄せられた。(2007/12/12)

「P905i」の“ここ”が知りたい(1):
横向きUIはある?──「P905i」
ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”が特徴の「P905i」。ワンセグやPCサイトブラウザ、ゲームアプリ以外に、横向きUIや文字入力など“横向きでどこまでできるのか”に関する質問が多く寄せられた。(2007/12/5)

開発陣に聞く「P905i」(後編):
「ファミコン世代」へ向けた最強──P905iはかくして“VIERAケータイ”になった
“最強中の最強”と同社がうたう「P905i」。横にも開くWオープンスタイルの実現で、念願のあのブランドも冠した。後編は“VIERAケータイ”になるまでに至った映像へのこだわりと、実現までの苦労の裏側を探る。(2007/11/28)

開発陣に聞く「P905i」(前編):
“魔法のフック”の半分は「安心」でできている──「P905i」、Wオープンスタイルの秘密
“ほぼ全部入り”の高いスペックが特徴のパナソニック モバイル製FOMA端末「VIERAケータイ P905i」。発表されるや、携帯に高い機能を求める層や“ギミック大好き”な層の心を一気に“グッ”と惹きつけた本端末はどのように開発されたのか。同社のP905i開発チームにその裏側を聞いた。(2007/11/22)

Wオープンスタイルの“ほぼ全部入り”──VIERAケータイ「P905i」、11月28日発売
ドコモは、2007年冬モデル「P905i」(パナソニック モバイル製)を11月28日に発売する。P905iは、3インチのフルワイドVGA液晶、ワンセグ、HSDPA、Bluetooth、510万画素カメラなど“ほぼ全部入り”の機能とVIERAブランド、横にも開くWオープンスタイルが特徴。(2007/11/16)

動画で見る「P905i」
ギミック大好き、ハイスペック万歳! な、携帯に高機能を望むユーザーにうれしいポイントがいくつもあるパナソニック モバイル製の「P905i」。横にも開く“Wオープンスタイル”はどんな感じか、動画で確認していこう。(2007/11/2)

HSDPA、GSM、ワンセグ、フルワイドVGA、GPS対応:
ついに“VIERAケータイ”登場、横にも開く“Wオープンスタイル”のハイエンド──「P905i」
映像、音楽、そしてゲーム。パナソニック モバイル製の「P905i」は、ワンセグ、HSDPA、国際ローミングに加え、“VIERA”の高画質化技術、そして横にも開く機構を採用し、横表示のワイド画面でゲームやサイト閲覧が行える“Wオープンスタイル”を採用する、「全部入り」ハイエンド端末に仕上げた。(2007/11/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。