ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Aterm WM3500R」最新記事一覧

注目WiMAX 2+ルータ速攻レビュー:
待望のWiMAX 2+対応モバイルルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」の使い勝手をチェック
みんなが待っていたNECアクセステクニカのWiMAX 2+ルータ。名機「Aterm WM3500R」「Aterm WM3800R」を超えることはできるか?(2014/6/20)

24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):
もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(機能チェック編)
タッチ操作対応のスリム&軽量ボディ、最大150MbpsのクアッドバンドLTE対応、24時間動作のBTテザリング、12時間Wi-Fi動作、802.11ac、そしてSIMロックフリー(予定)!。モバイラーが“これならっ!”と飛びつきたくなる機能と特長をギュッと凝縮したLTEルータ「AtermMR03LN」の実力を検証する。まずは機能のチェックから。(2014/2/28)

動作時間「10時間」に長時間化──「AtermWM3800R」新ファームウェア公開
小型ボディが魅力のWiMAXルータ「AtermWM3800R」に新ファームウェアが公開された。省電力化により、連続動作時間が「10時間」に延長された点が主なトピックだ。(2013/6/17)

au版とUQ版のどちらがオトク?:
大容量バッテリー搭載の新モデル:WiMAX+au 3Gで使える安心の1台──ハイブリッドルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX」実力チェック(後編)
WiMAX+3Gの両方を使える“ハイブリッド”ルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX」は買いか。後編では、ライバル機種と比べた実通信速度・性能をチェックする。(2013/5/30)

大容量バッテリー搭載の新モデル:
WiMAX+au 3Gで使える安心の1台──ハイブリッドルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX」実力チェック(前編)
WiMAX+au 3Gエリア、高速と広エリアを両立するポータブルルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX」が登場。“ハイブリッド”具合はどうか、サイズ感や実バッテリー動作時間はどうか、早速実機をチェックしてみよう。(2013/5/15)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
ガジェット好きにグッと来る「AtermWM3800Rの隠れ機能」セレクト10(後編)
「さらにじわじわ、“よさ”がにじみ出てきますよ」──AtermWM3800Rは、初期設定でオフになっている隠れ機能がいくつかある。後編では7〜10個目+オマケを紹介しよう。(2013/3/19)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
ガジェット好きにグッと来る「AtermWM3800Rの隠れ機能」セレクト10(前編)
前モデル比で約70%に小型化した、“ミニサイズ+長時間動作”が特長のWiMAXルータ「AtermWM3800R」。機能の多さはAtermシリーズらしく、WM3800Rは標準では無効となっている“便利機能”が実はかなり存在する。まずは1〜6個目まで。(2013/3/12)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
かなり小型軽量化+スマホ連携も強化──WiMAXルータ新モデル「AtermWM3800R」を“買い換え目線”で速攻チェック
うぉ! 小さい! WiMAXルータの人気モデル AtermWM3600Rの登場から約1年、新しくなった「AtermWM3800R」はどこが進化したのか。旧モデルユーザーが“買い換え”目線でチェックする。(2013/1/30)

1年ぶりの新機種、70%に小型化:
カードサイズに小型化+USBバッテリー機能付き──WiMAXルータ新モデル「AtermWM3800R」登場
NEC製のWiMAXルータに1年ぶりの新モデルが登場。多機能+長時間・省電力動作の特長を引き継ぎつつ、前モデル比70%の小型軽量化を果たした。新たにUSBバッテリー機能やスマホと連携した便利機能なども用意する。(2013/1/30)

ドコモスマートフォン公式アプリに機能標準搭載:
QRコードで無線LAN設定、「AtermらくらくQRスタート」の対応機種を拡大
NECのAtermシリーズ向け簡単無線LAN設定ツール「AtermらくらくQRスタート」が既存製品でも使えるようになる。ドコモスマートフォンの公式アプリでも利用可能に。(2012/4/9)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
連続10時間+新省電力動作機能がスゴイっ──「AtermWM3600R」のバッテリー性能と通信性能をチェック
2012年春現在、WiMAXルータの本命となる1台が「AtermWM3600R」だ。今回は、新たに搭載された省電力機能とともに、カタログスペックだけでは分からない「実利用時に何時間持つか」と「ハンドオーバー性能」をじっくりチェックする。(2012/3/16)

@nifty WiMAXで新モデル「URoad-SS10」購入可能に──キャンペーン特価で1円から
@nifty WiMAXで、WiMAXルータの新モデル「URoad-SS10」も選択できるようになった。キャンペーン特典で単体1円、7型タブレットセットで980円より購入できる。(2012/3/8)

調査リポート:
下り速度はSoftBank 4Gが「圧倒的」――ICT総研、4社高速データ通信の速度を調査
ICT総研が各社の次世代高速通信サービスの速度調査結果を発表。Xi、UQ WiMAX、SoftBank 4G、EMOBILE G4をそれぞれ調査したところ、SoftBank 4Gが下り平均速度で他を大きく引き離した。(2012/3/7)

「タブレット」と「最新WiMAXルータ」を安価に入手する方法を探る
最新WiMAXルータを安価に入手したい。それなら春商戦向けの新規入会キャンペーンを有効に活用したい。@nifty WiMAXの「WM3600R+Idea Tablet A1のセットを980円」とするキャンペーンに目を付けてみた。(2012/3/5)

AtermWM3600R単体は「1円」から:
Androidタブ+AtermWM3600R、セットで「980円」に──@nifty WiMAXお得入会キャンペーンが期間延長
@nifty WiMAXのお得入会キャンペーンが3月31日まで期間延長。キャンペーン提供価格が人気のAtermWM3600R+クレードルセットが単体1円から、IdeaPad Tablet A1とのセットも980円に改められた。(2012/3/1)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
「無線LAN自動機切り替え」が超・便・利っ──期待のWiMAXルータ「AtermWM3600R」を早速試す
WiMAXルータ注目の新モデル「AtermWM3600R」が登場。より小型軽量化、より長時間動作といった性能向上はもちろん、ほかにはない「無線LAN自動機切り替え」をまずは試そう。……実はもう1つムフフな方法もある。(2012/2/17)

Androidタブレット+ルータ、セットで「980円」から──@nifty WiMAXでお得入会キャンペーン
@nifty WiMAXで、7型タブレット「IdeaPad Tablet A1」+ルータのセットを980円から購入できるお得入会キャンペーンが行われている。実施は2012年2月29日まで。(2012/2/8)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“ちっこい”、そして“つかみ”もうまい──10時間動作のWiMAXルータ「Mobile Cube」実力検証
小さく、軽く、長時間動作が特徴のWiMAXルータ「MobileCube」。付加機能こそ少ないが、市場ではライバルとなる3G/Xiルータを凌駕する小型ボディと、スマホユーザーと親和性の高い使い勝手を実現している。(2012/1/26)

PostPet仕様のルーターも:
So-net モバイルWiMAXの新製品「Aterm WM3600R」「Aterm WM3450RN」登場
So-net モバイルWiMAXの新製品に、NECアクセステクニカ製のWiMAXルーター2モデルが追加された。モバイルタイプの「Aterm WM3600R」には、PostPetをモチーフにしたオリジナルカラー、デザインのモデルも用意した。(2012/1/24)

待望の公衆無線LAN対応、さらに薄型・長時間動作に:
NEC、長時間WiMAXルータの新モデル「AtermWM3600R」
NECアクセステクニカのWiMAXルータ新モデルが登場。公衆無線LANの自動切り替え機能を新たに備え、より長時間動作、より薄型軽量のボディに進化した。(2012/1/24)

UL64QAM、12月28日開始:
WiMAX、上り最大速度を高速化──「上り最大15.4Mbps」対応ルータはどれ?
WiMAXの上り最大速度が12月28日に高速化。電波環境のよいエリアにおいて、これまでの10Mbpsから15.6Mbpsに上り速度が向上する。あわせて、この上り速度向上に対応する既存WiMAXルータ/機器が示された。(2011/12/27)

モバイルPCユーザーのセカンド機器に:
“ちっこいのが好き”な人のためのPocket WiFi搭載スマホ──「Sony Ericsson mini」検証
最近のスマートフォン、でかすぎませんか? PCも持ち歩くし、メインでもないので──。そんなモバイルPCユーザーに向きそうな“ちっこい”Androidスマートフォンが、イー・モバイルの「Sony Ericsson mini」だ。(2011/12/22)

So-netが個人事業主向け「Smart SoHo」公開、アイ・オー・データや弥生らと協業
So-netは、SOHO・個人事業主向けのWebサイト「Smart SoHo」をオープン。アイ・オー・データや弥生らと協業し、「インターネット活用術」「経営ノウハウ」「ビジネス支援」などのコンテンツを配信する。(2011/12/6)

サードウェーブ、「ドスパラWiMAX」の提供を開始
サードウェーブは、高速無線通信サービス「ドスパラWiMAX」の提供を開始する。(2011/10/5)

自社会員にWiMAXを提供できる「VOYAGE WiMAX」 ECナビが開始
ECナビコミュニケーションズがMVNOサービス「VOYAGE WiMAX」を開始。会員制サービスを有する企業との協業で展開する。提携企業は自社特典を組み合わせたWiMAXサービスを容易に提供できる。(2011/8/16)

BIGLOBE、WiMAX加入特典を強化──URoad-8000を2800円など
BIGLOBE WiMAXの新規加入特典に、URoad-8000を2800円とする項目が追加された。(2011/8/1)

売れ筋構成で販売再開、14型サイズの新シリーズ:
6万3000円で、Core i5+外部GPU仕様──「HP Pavilion dv4-3100 ルビーレッド+BDモデル」の実力検証
HPより実売4万円台からの外部GPU搭載14型ベーシックノートPCが登場。今回は外部GPU+Core i5+4Gバイトメモリ仕様で6万3000円の「お得モデル」で実力をチェックする。(2011/7/30)

So-net モバイル WiMAX、モバイルルーター2機種の販売を開始
モバイル通信サービス「So-net モバイル WiMAX」専用機器として、モバイルWi-Fiルーター「URoad-8000」「Aterm WM3500R(AT) クレードルセット」の販売が開始された。(2011/7/1)

7型タブレット、42Mサービス対応ルータなど:
イー・モバイル、夏の新製品5モデル──42Mサービス月額3880円キャンペーンでWiMAXにも対抗
イー・モバイルがデータ通信2機種、スマートフォン2機種、タブレットデバイス1機種、計5つの新モデルを発表。2011年7月から8月にかけて発売する。(2011/6/15)

初期費用0円で月額3880円:
hi-ho、WiMAXサービス契約でWM3500R+クレードル無料+5000円返金のキャンペーン
ハイホーが、WiMAXルータ+クレードル+初期費を無料、かつ5000円をキャッシュバックするWiMAX新規入会キャンペーンを実施。利用料金は2年継続利用条件で定額の月額3880円。(2011/6/2)

BIGLOBE、WiMAX契約者向けキャンペーン──URoad-8000を4800円で販売
NECビッグローブが同社WiMAXサービス契約者向けキャンペーンを実施。端末の割引/0円販売や申込手数料などを無料にする。(2011/6/1)

WiMAX 2は2011年7月に公開フィールドテスト実施:
「なんちゃって地下鉄対応でもない」──UQ野坂社長、“WiMAXのNEXTステージ”に自信
WiMAXサービスの2011年度展開、そして2012年予定の“次世代WiMAX”は? ワイヤレスジャパン2010基調講演でUQコミュニケーションズの野坂社長が事業計画を説明した。(2011/5/26)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“10時間動作のWバッテリー”だけじゃない、クロウト好みの機能にもニヤリ──「URoad-9000」実力検証(後編)
URoad-9000のWバッテリー仕様は、“かなりアリ”である。続く後編では、ルータ機能のチェックに加え、ライバル機種と比べて通信性能・速度に違いがあるかをむっちり検証する。(2011/5/20)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“10時間動作のWバッテリー”だけじゃない、クロウト好みの機能にもニヤリ──「URoad-9000」実力検証(前編)
“Wバッテリー”と“円形デザイン”。WiMAXルータ「URoad-9000」は、他機種とはかなり異なる特徴がある。実際に“使える”のか、機能はどうか、ハードなモバイルユーザーにも向くのかの点をねっちりチェックする。(2011/5/19)

“WiMAX Speed Wi-Fi”「AtermWM3500R」ロードテスト:
第6回 これでようやく“本来”の仕様に──AtermWM3500Rの「ファームウェアVer2.0.0」を検証
8時間動作のWiMAXルータ「AtermWM3500R」は、これでようやく“本来”の仕様になったのか。マルチSSID機能などが追加された、ファームウェアVer2.0.0の改善ポイントを検証する。(2011/4/25)

「So-net モバイルWiMAX」専用のルーター発売、PostPetバージョンも
ソネットエンタテインメントが、PostPetバージョンを含む、So-net モバイルWiMAX対応の専用ルーターを発売。4月30日までの申込者を対象に、ルーター代を無料、月額料金を割り引くキャンペーンを実施する。(2011/4/14)

月額換算で2087円から、ならば手軽に使えそう:
“公平”なプリペイドSIM──「b-mobile Fair」は本当に速度制限なし?
FOMA網で使えるSIMカード「b-mobile Fair」が日本通信より発売。1Gバイト分の通信権を先に購入するプリペイドスタイルを採用し、FOMA網で下り最大7.2Mbpsの通信が可能だ。サービスイン直前の評価カードで使い勝手と特徴を簡易チェックする。(2011/4/12)

ネットが体の一部になる――「EVO WiMAX」で“ノマドワーク”を実践してみた
3GとWiMAXに対応し、最大8台のテザリングもできるauのAndroid端末「HTC EVO WiMAX ISW11HT」――。ガジェット好きはもちろん、モバイル環境でマルチデバイスやクラウドサービスを活用したいビジネスユーザーにとっても気になるモデルだ。その使い勝手を検証する。(2011/4/8)

スマートフォンビュー Weekly Top10:
今、ITmediaスマートフォンビューで読まれている記事(3月28日〜4月3日)
アイティメディアID会員向けサービスとして提供している、スマートフォンのブラウザに最適化した表示ページ「ITmedia スマートフォンビュー」をご存じだろうか。スマートフォンからのみ閲覧できるこのページのアクセスランキングを集計した。(2011/4/4)

iPad 2やWiMAXルーターが当たる:
デジタル新生活応援キャンペーン、応募締め切りは3月31日!
3月9日から開催している春のデジタル新生活応援キャンペーン第2弾では、iPad 2やAtermWM3500R、Eye-Fi Pro X2 8Gバイトなどが当たります。締め切りは3月31日です。応募がまだの方はお早めに。(2011/3/31)

iPad 2やWiMAXルーターが当たる:
デジタル新生活応援キャンペーン、応募締め切りは3月31日!
3月9日から開催している春のデジタル新生活応援キャンペーン第2弾では、iPad 2やWiMAXルーター「AtermWM3500R」、Eye-Fi Pro X2 8Gバイトなどが当たります。締め切りは3月31日です。応募がまだの方はお早めに。(2011/3/31)

“WiMAX Speed Wi-Fi”「AtermWM3500R」ロードテスト:
第5回 WM3500R+有線LANクレードル、「ADSLをやめ、WiMAX 1本にして大丈夫か」を検証
「自宅のメイン回線をWiMAXに切り替え」──自宅がWiMAXエリアなら、こういう選択肢もアリだ。WM3500R+クレードルを用い、例えばADSLからWiMAXに切り替えた時、家庭内LANの環境がどう変わるか、ルーターとしての実力はどうかを検証する。(2011/3/30)

本田雅一のハイスピード・ワイヤレス・チャンネル:
PR:第12回 WiMAX Speed Wi-Fiの新基準──Wバッテリーで10.5時間動作「URoad-9000」の実力検証
WiMAXルーター“WiMAX Speed Wi-Fi”は、電源を入れっぱなしにして運用すると、より使い勝手がいい。これまでの機器になかった円形デザインとWバッテリーで10.5時間動作の新モデル「URoad-9000」の使い勝手を検証しつつ、WiMAX内蔵パソコンを含めた新生活向けの利用シーンを考察する。(2011/3/25)

“WiMAX Speed Wi-Fi”「AtermWM3500R」ロードテスト:
第4回 “無線LAN無双”の聖地でかなりの差──あえて有線接続して分かった「AtermWM3500R」とWiMAX本来の実力
AtermWM3500RはWiMAX通信を無線LAN共有できるポータブルルーターだが、有線LAN付きクレードルやUSB接続など「あえて有線接続」しても非常に便利だ。今回は無線LANと有線接続で「どれだけ速度差があるか、それはどんな意味があるか」を検証する。(2011/3/16)

最新ガジェット大盤振る舞い:
デジタル新生活応援キャンペーン 第2弾――iPad 2やAtermWM3500Rが当たる!
春のデジタル新生活応援キャンペーンを開催します。第2弾のプレゼントはiPad 2やAtermWM3500R、Eye-Fi Pro X2 8Gバイトなど、最新製品を多数ご用意しました。奮ってご応募ください。(2011/3/9)

“WiMAX Speed Wi-Fi”「AtermWM3500R」ロードテスト:
第3回 “けっこう”進化、これは驚き──「AtermWM3500R」のファームウェアVer1.1.0を検証
8時間動作がかなり快適なWiMAXルータ「AtermWM3500R」だが、2010年12月に機能を向上・改善する最新ファームウェアが公開された。今回は、このファームウェアVer.1.1.0で何がどう変わったかを検証する。(2011/1/28)

AtermWM3500R+USBバッテリーがセットで当たる「AtermWM3500R Twitterでプレゼントキャンペーン!!」
NECアクセステクニカは、AtermWM3500R+エネループモバイルブースターがセットで当たるキャンペーンを実施。Twitterでつぶやいて応募する。(2011/1/18)

“WiMAX Speed Wi-Fi”「AtermWM3500R」ロードテスト:
第2回 AtermWM3500Rの「8時間バッテリー」──本当に8時間動作するか、ねっちり検証
AtermWM3500Rの魅力の1つが「8時間の長時間バッテリー動作」。とはいえ、PC機器においてはカタログ値と実利用時で値が大きく異なることもある。実際にどうかをチェックする。(2011/1/14)

本田雅一のハイスピード・ワイヤレス・チャンネル:
PR:第6回 新型WiMAX Speed Wi-Fiの使い勝手は?──AtermWM3500Rの「8時間動作」を検証
WiMAXルータ「WiMAX Speed Wi-Fi」を使えば、スマートフォンや家庭用ゲーム機などもより高速なWiMAX通信で利用できる。今回はWiMAX Speed Wi-Fiの最新モデル「AtermWM3500R」の使い勝手を確かめながら、どんな使い方があるか、どんなシーンに向くかを解説する。(2010/12/21)

モバイルWi-Fiルーター「Aterm WM3500R(SO)」のレンタルを開始――So-net モバイルWiMAX
ソネットエンタテインメントが、「So-net モバイルWiMAX」の新製品として、モバイルWi-Fiルーター「Aterm WM3500R(SO)」のレンタルを開始した。(2010/12/17)

“WiMAX Speed Wi-Fi”「AtermWM3500R」ロードテスト:
第1回 “8時間動作”にニヤリ──「AtermWM3500R」の“キラリと光る”ポイントを探る
ポータブルWiMAXルータの新モデル「AtermWM3500R」は、本当に“本命”なのか。ロードテストの1回目は、小型薄型軽量のボディに8時間動作のバッテリーなど、他機種と仕様を比べながらどこに魅力があるかを確かめた。(2010/12/15)

本田雅一のハイスピード・ワイヤレス・チャンネル:
PR:第4回 「自宅でもWiMAX」──ひとり暮らしのビジネスユーザーに選んでほしい選択肢(前編)
WiMAXは、モバイル環境で利用するだけのものではない。今回は「自宅でもWiMAX」をテーマに、利用範囲の広さと利用シーン、そしてどんなコストメリットがあるかを解説する。(2010/12/7)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“自宅でもWiMAX”という選択肢はアリ?──据え置きWiMAXルータ「AtermWM3400RN」のメリットとデメリット
高速&低価格が魅力のモバイルWiMAX、ノートPCなどとともに外出先で使う人は増えているが、実は屋内で使っても便利。今回は据え置き型WiMAXルータ「AtermWM3400RN」の実力チェックと利用シーンを考察する。(2010/11/19)

より薄く、軽量に:
NECアクセステクニカ、8時間動作の小型WiMAXルータ新モデル「AtermWM3500R」
NEC ATが、WiMAXルータの新モデル「AtermWM3500R」を11月下旬に発売。8時間の長時間動作と14.8ミリの薄型ボディが特徴で、3色のボディカラーで展開する。(2010/11/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。