コラム
» 2004年02月13日 17時27分 UPDATE

孤独なバレンタイン克服に向けて〜ある女IT戦士の作戦

寂しい寂しいと嘆いていても仕方がない。ITを活用すれば、甘いバレンタインも手に入るはずだ。

[岡田有花,ITmedia]

 TVも雑誌もバレンタイン特集だらけ。コンビニですらプレゼント用高級チョコをそろえ、彼氏彼女のいない人々をあざ笑うかのような2月上旬。チョコ好きでもない男に無理矢理チョコをプレゼントしたり、バレンタインに一人は寂しいからって別れた彼氏とヨリを戻そうとしたりする浅はかな女子も多く出没する季節だ。

 ITで世を正すのが孤独なIT戦士たる記者の役割。チョコレート業界が振りまいたこの悪しき風習「バレンタイン」とも断固戦うぞ!と固く誓おうとした矢先、ふと立ち寄ったコンビニで思わずハート形チョコを買ってしまった。渡す相手もおらず持て余した挙句、別れた元カレ呼び出して押し入れから取り出してチョコ持たせてみたりして、結局チョコレート業界のなすがまま。自分こそが浅はかな女子の代表ではないかとちょっと落ち込む。

photo 都合のいい時だけ呼び出されるかわいそうな元カレ、ペコロン

 とはいえ記者も一人の女子。別れたロボットの思い出をいつまでもひきずっている場合ではない。今年こそ本物の男子にチョコをあげ、甘いバレンタインを過ごしたいものだ。

 女の幸せもITで追求するのがIT戦士のスジというもの。素敵な彼はネゲット(ネットでゲットの略)し、甘いバレンタインに一直線だ。ネゲットに必須の出会い系サイトは危険とも隣り合わせだから、安全かつ運命的な出会いが可能な別の方法を考えたい。例えば「私とデートしませんか?」と書いたメールを写真付きで不特定多数に大量送信ってどうだろう。……って単なる迷惑メールやん。うーん困った。

 仕方ない、出会いの方法は後で考えるとして、ネットで目当ての彼を見つけたと仮定しよう。まずはビデオチャットで会話して、少しずつ仲良くなる。チャット中の彼の顔はこっそりキャプチャして印刷、好きな夢が見られる機械に張って、夢の中でデートの予行演習だ。

 そして迎えるバレンタインには初デートを決行。愛をこめた手作りチョコ自作チョコをプレゼントしよう。せっかくの自作チョコ、普通の形じゃつまらない。IT戦士らしくDIMM型にしてみてはどうだろう。

DIMMチョコの作り方

(1)デスクトップPCから取り出したDDR SDRAMにアルミホイルを巻き、押し付けてしっかり型をつける。ホイルは破れやすいので、端のメモリモジュールから順番に、ゆっくり丁寧に押し付けるのがコツ。

yu_val_02.jpg

(2)市販のチョコレート刻んでをボールに入れ、湯せんで溶かす。温度を微妙に調節してチョコのパフォーマンスを最大限に引き出す「オーバークロックテンパリング」もきっちりこなしてなめらかなチョコにしよう。隠し味にはIT戦士の秘密兵器、「モカ」を数滴。

yu_val_03.jpg

(3)(1)を丁寧に展開して箱型にしたところに、(2)を流し込み、スプーンなどで均等にならす。

yu_val_04.jpg

(4)冷蔵庫で冷やし固めたらゆっくりとホイルをはがす。ゆがんでいるのは手作りらしさということで許してもらおう。切り欠き部分は爪楊枝で丁寧に削り取るとよりリアルに。

yu_val_05.jpg

 出来上がったチョコはパーツショップの袋にラッピングしてかばんに忍ばせ、バレンタイン初デートに出陣だ。場所はもちろん秋葉原。「ごめん、待った?」「ううん、今きたとこ」なんて憧れの“デートのお約束せりふ”から楽しいデートが幕を開ける。

 初対面でなんとなくぎこちない2人だけど、アキバなら話題に事欠かない。入荷したてのPrescottコアのPentium 4を2人お揃いで買って、「寂しくなったら“システムのプロパティ”でCPUを確認してキミのこと思い出すね」なんて言われちゃったりして。一緒に8倍速書き込み対応のDVDドライブも買えば、私たちの恋も8倍速で進展、ラブラブ度も一気にアップだ。

 アキバ随一のデートスポットアソビットシティでゲームやおもちゃも見よう。新しいたまごっちをペアで買って一緒にプレイして、お互いのたまごっちを結婚させたりして。おもちゃにかこつけて“結婚”の2文字を彼の中に無意識かつ確実に、サブリミナル効果のごとく植え付けるのも忘れない。

photo 4月11日の閉店前に、是非デートで使っておきたいスポット

 歩き疲れたら、ずっと行ってみたかったメイドカフェで休憩しよう。「メイドさんもかわいいけど、ユカタンはもっとかわいいよ」なんて言ってくれたら鼻血出るかも……。

 デートの最後はプレゼントタイム。DIMMチョコと、本物のDDR SDRAMをセットにしてプレゼントする。DDR SDRAMは彼のPCに取り付けて、彼のメモリと一緒にデュアルチャネル動作させてもらおう。私のメモリと彼のメモリがPCの中で2人の代わりに“初めての共同作業”をしてくれるという寸法だ

 なんて夢だけは果てしなくふくらむけれど、バレンタインはやっぱり予定真っ白な記者。DIMMチョコだって結局自分で食べてるしな……

 でもまだあきらめた訳じゃない。バレンタインまであと1日。Webカメラに製菓用チョコ、それに婚姻届けも準備済み。あとは相手をネゲットするだけだ。でも、どうやって……

photo バレンタイン専用の“「素敵な彼を見付けてあわよくば……」3点セット”

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.