ニュース
» 2006年01月19日 11時07分 UPDATE

PC連携の新音楽サービス──対応のWIN 7機種も発表

PCサイトで楽曲を購入し、PCの音楽管理ソフトを使って携帯に転送。PCと携帯が連携する総合音楽サービス「au LISTEN MOBILE SERVICE」が始まる。対応新機種には、HDD搭載端末やワンセグ対応端末、au design projectなど全7機種が登場する。

[ITmedia]

 KDDIは1月19日、携帯とPCが連携する総合音楽サービス「au LISTEN MOBILE SERVICE」を発表した。同時に、本サービスに対応したWIN端末7機種も発表した。

photo

 携帯電話でダウンロードしてた「着うたフル」をPC側にバックアップできるほか、PC側で音楽CDからリッピングした楽曲を携帯に転送できる。さらに、4月に開設予定のPCサイト「DUOMUSIC STORE」から楽曲を購入し、携帯に転送することも可能だ。DUOMUSIC STOREでの支払いには、携帯の通信料と合算して支払いが行える「まとめてau支払い」が利用できる。

 →「W41T」詳細記事HDD記事

 →「neon」詳細記事深澤直人記事写真記事

 →「W41H」詳細記事写真記事

 →「W41CA」詳細記事

 →「W41S」詳細記事写真記事

 →「W41K」詳細記事写真記事

 →「W41SA」詳細記事

ユーザー同士で、プレイリストの共有も

photo 「au Music Port」利用イメージ

 au Listen Mobile Serviceは、PC側の音楽管理ソフト「au Music Port」と、対応端末に内蔵された「au Music Player」からなる。

 付属するau Music Portは、「iTunes」などのようなPC向け音楽管理ソフト。音楽CDのリッピングのほか、携帯電話との楽曲のやりとりが可能だ。さらに携帯のアドレス帳、スケジュール、写真、EメールなどをPCにバックアップすることもできる。

 携帯側のau Music Playerは、対応機種共通となる音楽プレーヤー。イコライザ機能を搭載しておりエフェクトをかけることもできる。また対応機種はすべてBGM再生が行え、音楽を聴きながらメールやEZwebが利用できる。

 au Music Playerの最大の特徴は、ユーザー間の交流だ。作成したプレイリストをユーザー同士で共有したり、プレイリスト上の楽曲を持っていなければ簡単に購入もできる。さらに、ソニーが開発した音楽コミュニケーションサービス「うたとも」にも対応しており、音楽をリコメンドしたり、コメントをつけたりできる。

対応のWIN端末、7機種一挙発表

 「au Listen Mobile Service」に対応する端末は7モデル。4GバイトHDDとBluetooth機能を備えた「W41T」、INFOBARをデザインした深澤直人氏によるau design project第5弾「neon」、ワンセグやFeliCa、au ICカードに対応する「W41H」、FeliCa、au ICカード対応の「W41CA」「W41S」、手ぶれ補正機能付き317万画素カメラの「W41K」、セキュリティ機能が充実した「W41SA」をラインアップする。

 すべての端末に、USBケーブルとPC用音楽管理ソフト「au Music Port」、ステレオイヤフォンが同梱され、買ったその日から音楽を楽しめる。

 各端末の予想価格は下記となる見込みだ。

端末 価格 発売時期
W41T 2万円強 2月上旬
neon 1万5000円前後 2月下旬
W41H 2万円強 2月上旬
W41CA 1万5000円前後 2月上旬
W41K 1万5000円前後 2月中旬
W41S 1万円程度 1月下旬
W41SA 1万円を切る 2月中旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.