レビュー
» 2010年01月22日 11時27分 UPDATE

写真で解説する「mamorino」

子どもを守るための機能を強化した京セラ製「mamorino」。機能は通話とメールとGPSのみで、ダイヤルキーを持たないシンプルな端末だ。入力操作を工夫するほか楽しい待受Flashを採用するなど、愛着を持てる1台に仕上がっている。

[房野麻子,ITmedia]

 auの春モデル「mamorino」は、子どもを守るための機能を強化した京セラ製端末。通話とメールとGPSに機能を限定し、あらかじめ設定した相手とのみ、通話とメールが可能だ。防犯ブザーを鳴らすと自動的にセコムに通報が入り、現場に緊急対応員が駆けつける機能も備えている。発売日は未定だが「春商戦には間に合う」(説明員)という。

photo カラーは「きいろ」と「あお」の2色。目立つカラーは犯罪抑止の効果も狙っているという

子ども向けのコンパクトなボディ

 サイズは46(幅)×86(高さ)×18(厚さ)ミリ、重さも約82グラムという非常にコンパクトな端末だ。キーを操作すると少々窮屈に感じたが、小さな子どもの手にはちょうどいいサイズだろう。キーは正面に十字キー、3つのワンタッチキー、終話キー。右側面に居場所通知キーと防犯ライトキーを備えており、通常モデルのようなテンキーやメールキー、EZキーなどは搭載していない。ディスプレイはQVGA(240×320ピクセル)表示の2インチTFT液晶を採用。IPX5/IPX7相当の防水性能も備えている。

af_mamorino_02.jpgphoto 2インチのディスプレイ。十字キーと1、2、3のワンタッチキー、右下に終話キーを配置(写真=左)。裏面はスピーカーとバッテリーカバーがある。カバーは専用工具を使わないとロックを外せない構造になっている(写真=右)
af_mamorino_04.jpgphoto 左側面には防犯ライトと充電用接点がある。中央のスペースは、自分の端末を見分けるための識別シール(試供品)を貼れるようになっている(写真=左)。右側面には充電端子と防犯ライト、防犯ライトキー、居場所通知キー、外部接続端子がある。居場所通知キーを長押しすると、ワンタッチキーに登録したケータイやPCに、メールで自分の位置情報が通知される
af_mamorino_06.jpgphoto 下端部にはマイクとストラップホールを装備(写真=左)。先端部には防犯ブザーがある。防犯ブザー用のストラップを引っ張ると大音量でブザーが鳴り、同時に防犯ライトも点滅して、音と光で周囲に緊急事態を知らせる(写真=右)
af_mamorino_08.jpgaf_mamorino_09.jpgaf_mamorino_10.jpgphoto 待受画面の「かお」は、表示させるたびに多彩な表情で楽しませてくれる
af_mamorino_12.jpgphoto 同梱の卓上ホルダ(写真=左)。試供品として、ランドセルや鞄に取り付けるフック付きストラップ、ランドセルに吊り下げた際、端末を安定させるための押さえベルト、バッテリーカバーの取り外し工具も付属している(写真=右)

通話、メール、GPSに機能を限定

 機能は通話、メール、GPSに限定されており、インターネットサービスやカメラ、ゲームなどのアプリは利用できない。通話やメールはあらかじめ登録した最大4件までの相手とのみ可能だ。電話をかけたりメールを作成したりするには、まず1から3のワンタッチキーを押して相手を選び、メニューに沿って操作する。4件目の相手や110番などに電話する場合は、メインメニューの「でんわちょうをつかう」「きんきゅうつうほう」から操作する。

 メール作成画面で入力するのは本文のみだ。30種類の定型文が用意されているほか、定型文の末尾にある「じゆうにかく」を選択すると、自分で文章を入力できる。文字は50音表から選んで入力していき、絵文字も入力できる。

af_mamorino_14.jpgphoto 電話やメールをするには、基本的にワンタッチキーから(写真=左)。本文は30種類の定型文から選択できるほか、「じゆうにかく」も選べる(写真=右)
af_mamorino_16.jpgaf_mamorino_17.jpgphoto 文字入力は50音表から選ぶ方式。漢字への変換はできない(写真=左)。カナや記号、絵文字も入力できる(写真=中)。mamorinoから受信したメール。件名は自動的に入力されている(写真=右)

 待受画面で決定キーを押すとメインメニューが表示され、メールや履歴、電話帳の確認、緊急通報、設定などができる。ただし、子ども自身ができる設定は、着信音と待受画面、画面の色の設定に限られている。

af_mamorino_19.jpgphoto メインメニューからメールや履歴の確認、緊急通報などを利用できる(写真=左)。「でんわちょうをつかう」で、4件目の登録相手とセコム、auお客様センターに連絡できる(写真=右)
af_mamorino_21.jpgaf_mamorino_22.jpgphoto 子どもができる設定は基本的なものに限られている(写真=左)。待受画面は「かお」と「とけい」の2種類から選択可能(写真=中)。画面の色は3色から選べる(写真=右)

細かい機能設定は保護者メニューから

 ワンタッチキーの登録(アドレス帳設定)や各種機能の設定は「保護者メニュー」から行う。このメニューに入るにはロックナンバーの入力が必要だ。定型文の編集、防犯ライトやマナーモードの設定なども可能だ。

af_mamorino_24.jpgphoto 保護者メニューに入るにはロックナンバーの入力が必要(写真=左)。保護者メニューのメインメニュー。4件まで登録できるアドレス帳設定や定型文の編集、各種機能の設定が可能(写真=右)。
af_mamorino_26.jpgaf_mamorino_27.jpgphoto 「遠隔マナー解除」は、ワンタッチキーに登録した相手からの着信で自動的にマナーモードを解除する機能。端末が見あたらないときに探しだしやすくなる。「自動マナー設定」では、任意の時刻にマナーモードを自動的に切り替えるように設定できる(写真=左)。Eメールを使わせないようにすることも可能(写真=中)。「電池残量通知」をONにしておくと、端末のバッテリー残量が1になったとき、ワンタッチ1に登録した相手にバッテリーが切れそうな旨を自動でメールで知らせる(写真=左)
「mamorino」の主な仕様
機種名 mamorino
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約46×86×18ミリ(暫定)
重さ 約82グラム(暫定)
連続通話時間 約270分(暫定)
連続待受時間 約420時間(暫定)
カメラ
外部メモリ
メインディスプレイ 約2.0インチQVGA(240×320ピクセル)26万色TFT液晶
サブディスプレイ
主な機能 ココセコム現場急行サービス、防犯ブザー、自動点滅防犯ライト、居場所通知、安心ナビ、発着信・送受信制限、防水(IPX7/IPX5)、自動マナー、緊急地震速報(音声お知らせ対応)、電池残量通知 ほか
ボディカラー きいろ、あお

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.