レビュー
» 2010年02月16日 09時16分 UPDATE

Mobile World Congress 2010:X10とは何が違う? QWERTYキーは使いやすい?――写真で見る「X10 mini」「X10 mini pro」 (1/2)

英Sony Ericssonが2010年第2四半期に投入予定の「Xperia X10 mini」と「Xperia X10 mini pro」は、「Xperia X10」の小型バージョンといえるモデルだ。サイズ以外ではX10と何が違うのか。外観や機能、ソフトウェアを調べた。

[田中聡,ITmedia]

 英Sony Ericssonが2月14日に発表した「XPERIA」シリーズの新機種「Xperia X10 mini(以下、X10 mini)」と「Xperia X10 mini pro(以下、X10 mini pro)」は、“ultra-compact”のコンセプトどおり、XPERIAのエッセンスを小型サイズに凝縮したモデルだ。2機種とも、欧米やアジアで第2四半期(4〜6月)の発売を予定している。日本での発売は未定。

photophotophoto 「Xperia X10 mini」(写真=左)と「Xperia X10 mini pro」(写真=中)。左がX10 mini pro、右がXperia X10 mini。裏側は2機種ともマットな仕上がりになっている(写真=右)
photophoto 左からX10 mini pro、X10 mini、X10(写真=左)。左から、QWERTYキーボードを出したX10 mini proとX10 mini(写真=右)

 ボディカラーはX10 miniがPearl White、Black、Pink、Lime、Red、Silverの6色。X10 mini proがBlackとRed。X10 miniは本体色=バッテリーカバー色。ほかの色のバッテリーカバーがオプション品として提供される予定で、カバーを着せ替えることで本体色を変更できる。

photophoto X10 miniはバッテリーカバーを“着せ替えパネル”として交換できる(写真=左)。X10 mini proは2色展開(写真=右)
photo X10 miniはスマートフォンでは珍しい6色のボディカラーをラインアップしている

 サイズと重さはX10 miniが約50(幅)×83(高さ)×16(厚さ)ミリ/約88グラム、X10 mini proが約52(幅)×90(高さ)×17(厚さ)ミリ/約120グラム。X10 mini proは、QWERTYキーボードを搭載している分、X10 miniよりもやや大きく重いが、QWERTYキー搭載機としては軽量コンパクトな部類に入るだろう。説明員によると、X10 miniとX10 mini proともに、片手で快適に操作できるサイズを目指したという。また、人間工学を重んじるというSony Ericssonのデザイン哲学を実現すべく、ボディ裏側(X10 mini proはキーボード側)に曲線を付け、手に収まりやすい形にした。これはX10も同様だ

photophotophoto 左から、閉じた状態のX10 miniとX10 mini pro、開いた状態のX10 mini pro。ディスプレイ部は2機種とも同じデザインだ
photophoto X10 miniの側面。右側面に3つのサイドキーがある
photophoto X10 miniの上端部に電源キー(写真=左)、下端部(写真=右)に3.5ミリのイヤフォンジャックとMicro USB端子がある(写真=右)
photophoto X10 mini proは左側面にMicro USB端子、右側面にサイドキーがある
photophoto X10 mini proは上端部に電源キーと3.5ミリのイヤフォンジャック(写真=左)、下端部にストラップホールがある(写真=右)
photo QWERTYキーボードの分、X10 mini proの方がX10 miniよりもやや厚い

 X10 miniのみならず、QWERTYキーボード付きのX10 mini proも投入するのは、「SNSなどへ常につながっていたい人や、1日に200通ほどのメールを送るといったヘビーユーザーをターゲットにしたため」(説明員)だという。小型ボディだけに、気になるのがQWERTYキーの操作性。実際に触ってみたが、キーが突起していてタッチ感があるほか、キー間が適度に離れているので押し間違いも少なそう。ボディが小さいだけではなく、操作性もしっかり考慮されていると感じた。

photophoto X10 mini proのQWERTYキーボードは、各キーが突起していて押しやすい
photophoto オプション品としてX10 mini用のヘッドセットも提供される予定(写真=左)。左がX10 mini pro、右がX10 mini。X10 miniはバッテリーが見えない作りになっている。バッテリー自体は2機種とも同じで、容量は930mAh
photophoto 左から、X10 mini proとX10 miniのmicroSDスロット。カードの着脱にはバッテリーカバーを外す必要があるが、X10のようにバッテリーを取り出す必要はない
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう