ニュース
» 2010年03月01日 22時20分 UPDATE

App Town ニュース:iPhone用「ITmedia」がバージョンアップ Twitter連携機能を搭載

ITmediaの主要記事が読めるiPhoneアプリ「ITmedia」が3.0にバージョンアップ。画面レイアウトを読みやすく改良したほか、Twitter連携機能を新たに用意した。

[園部修,ITmedia]

 ITmediaが配信する主要な記事をiPhone/iPod touch上で閲覧できる専用アプリ「ITmedia」がバージョンアップした。最新バージョンは3.0。価格は無料のままだ。

 これまでどおり、MacWIRE for iPhone、Apple、デジタルライフ、ITの4つのカテゴリーに属する記事のテキスト全文と画像1点が閲覧できる機能に加えて、新たにTwitter連携機能を搭載した。ITmediaアプリの記事詳細ページや内蔵Webブラウザから、記事タイトルやURLを取得して、コメントを追加してTwitterに投稿できる。また自分のTwitterのタイムラインの最新20件をアプリ内で確認することも可能だ。

PhotoPhotoPhoto 記事の表示方法をより見やすいものに変更。記事を表示した状態で、画面左下のアクションボタン(矢印が付いたボタン)をタップすると「Safariで開く」「Mailで送信」に加えて「Twitterに投稿」「Twitterタイムラインを表示」というメニューが現れる
PhotoPhoto 「Twitterに投稿」を選ぶと、記事タイトルとURLが引用され、コメントが追加できる状態になる。「URLを短縮」を押せばbit.lyでURLを短くもできる

 アカウントの登録にはOAuth認証を利用しており、IDやパスワードをアプリ側に設定する必要はない。また投稿するURLはbit.lyを利用して短縮できるので、必要に応じて文字数を減らせる。Twitterへの投稿は、アプリ内蔵のWebブラウザからでも行える。ITmediaの記事以外のページを閲覧中でもコメントやURLをツイートできる。

PhotoPhoto TwitterアカウントはOAuthを使って設定する。左の画面が表示されたら、ページを下にスクロールしてユーザー名とパスワードを入力する。右の画面が出たら認証が完了。自分のツイートとして記事にコメントを付けて投稿したり、自分のタイムラインを見たりできる

 各カテゴリーには最大25本の記事をアプリケーション内に保存。地下鉄の車内など、電波の届かない場所でも記事本文は読める(写真は非表示となる)。従来1行だったタイトルは2行表示に対応、記事の冒頭部分も一部表示するようにして、視認性を向上させた。

 従来バージョンから好評な機能は引き継ぎつつ、Twitter連携機能を備えた新バージョン3.0。Twitterを活用しているiPhoneユーザーなら、ぜひ一度試してみてほしい。

 なお「Business Media 誠」の主要記事全文が読めるiPhone用アプリ「Biz誠」も、同様の機能を搭載したバージョン2.0をリリースしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.