ニュース
» 2010年05月12日 18時41分 UPDATE

シャープ、IS01ベースのAndroidアプリ開発者向け端末「JN-DK01」を発売

シャープがau向けのAndroidスマートフォン「IS01」をベースにしたAndroidアプリ開発者向けの専用端末「JN-DK01」の販売を開始した。

[園部修,ITmedia]
Photo IS01ベースの「JN-DK01」。ボディカラーはブラウン

 シャープは5月12日、KDDIから6月に発売予定のAndroidスマートフォン「IS01」をベースに、3G通信機能をなくしたAndroidアプリケーション開発者向けの専用端末「JN-DK01」の販売を開始した。販売はシャープの開発者向けサイト「SH Developers Square」でのみ行っており、価格は9万4800円。

 JN-DK01は、Android標準のAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を使用したAndroidアプリや、シャープが独自に拡張した赤外線通信やサブカメラなどを活用したAndroidアプリの開発、検証が可能なモデル。OSやドライバソフトウェアの書き換えもできる。開発したアプリはAndroidマーケットなどを通じて配布/販売が自由に行える。

 なお、3Gの通信機能は持っておらず、通信はすべて無線LANで行う。また端末の仕様がIS01とは一部異なるため、搭載されているアプリケーションや利用できるAPIが一部異なる。

Photo アプリケーション開発用の専用端末。

 端末の発売に合わせ、SHARP SDK AddOn正式版も公開した。こちらも開発者向けサイトから入手できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.