ニュース
» 2011年01月12日 21時12分 UPDATE

auケータイアレンジを入手して100円を寄付――「霧多布湿原保全キャンペーン」

KDDIが、ケータイアレンジをダウンロードすると、1ダウンロードごとにKDDIを通じて100円が保全活動に寄付される「霧多布湿原保全キャンペーン」を開始した。

[富永ジュン,ITmedia]

 KDDIは、「live earth」の新キャンペーン「霧多布湿原保全キャンペーン」を1月13日から5月31日まで実施する。

 同キャンペーンでは、ラムサール条約登録地となる北海道厚岸郡浜中町の霧多布湿原がデザインされたケータイアレンジをダウンロードすると、霧多布湿原の保全活動を行うNPO法人「霧多布湿原トラスト」に、1ダウンロードごとに100円がKDDIを通じて寄付される。100円の寄付により、たたみ2枚分の霧多布湿原の土地を買い取って保全できる。

 また、キャンペーン期間中は待受けFlashや霧多布湿原についてのコラムも配信される。

 live earthは、環境問題や社会問題への関心喚起を行うNPO法人「Think the Earthプロジェクト」との協働で実施されているプロジェクトで、世界各年の時刻やリアルタイムの日影線、雲画像データなどが楽しめる携帯電話向けアプリを通じて、地球や地球をめぐる環境問題について考える「きっかけ」作りを目指すサービス。月額105円の情報料の一部は、Think the Earthプロジェクトへの協賛金となり、環境・社会貢献活動に利用される。

 live earthへのアクセス方法は、EZボタン→トップメニュー→メニューリスト→auサービス一覧→使える→live earth、またはau oneトップから「live earth」での検索から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう