ニュース
» 2011年02月01日 13時35分 UPDATE

ケータイクレジット「iD」もAndroidに対応、2月7日から

NTTドコモの後払い式電子マネー「iD」が、2月7日からドコモのおサイフケータイ対応Android端末で利用可能になる。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモが2月1日、おサイフケータイで利用できる後払い(ポストペイ)式の電子マネー「iD」のAndroid対応スケジュールを明らかにした。2月7日午前10時ころから、Android版アプリのダウンロードが可能になる予定で、同日ドコモのおサイフケータイ対応Android端末でiDが利用可能になる。2月1日現在の対応機種は「LYNX 3D SH-03C」と「REGZA Phone T-01C」の2機種。

 iDは、NTTドコモが同社のおサイフケータイ対応端末向けに提供しているクレジットサービス。プリペイド式電子マネーと違い、あらかじめチャージしておく必要がなく、クレジットカード情報を設定したおサイフケータイをクレジットカードのように利用できる。サインや暗証番号の入力などは不要で、かざすだけで決済できる。イオングループの店舗やマクドナルド、主要コンビニエンスストアが対応している。

 アプリは、直接Androidマーケットからダウンロードするか、ドコモマーケットの「お客さまサポート」を開き、「各種サービス」から電子マネー「iD」を選んでアクセスできる、iDのWebサイトの「iD設定アプリダウンロード」から入手する。アプリをインストールした後、iDの設定をする際は、spモード接続が必要で、mopera U接続や無線LAN(Wi-Fi)接続では設定できない。Wi-Fiは設定時にオフにしておく必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.