ニュース
» 2011年09月28日 19時29分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、危険度の高いWebサイトを知らせる「Internet SagiWall」

ソフトバンクモバイルが、スマートフォンでのインターネット閲覧時に危険度の高いWebサイトを検知するアプリ「Internet SagiWall」の提供を開始する。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 「Internet SagiWall」の画面イメージ

 ソフトバンクモバイルが9月28日、危険度の高いWebサイトを知らせるアプリ「Internet SagiWall」の提供を10月下旬以降に開始し、Android マーケットで配信する。対応機種はソフトバンクのスマートフォン(Android 2.2以上)で、ディズニー・モバイルのスマートフォンも利用可能。利用にはS!ベーシックパックへの加入と、「スマートセキュリティ powered by McAfee」または「スマートフォン基本パック」への加入が必要となる。

 Internet SagiWallは、スマートフォンでのインターネット閲覧において、危険度の高いWebサイトを検知して知らせるセキュリティサービス。ワンクリック詐欺サイトや、フィッシング詐欺サイトなどへのアクセスを未然に防ぐことができる。特許のある「ヒューリスティック検知エンジン」を用いてリアルタイムでサイトを評価することで、高い精度で検知できるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう