ニュース
» 2011年10月31日 20時43分 UPDATE

ソフトバンクら3社、自治体や介護施設向けの高齢者向け緊急通報サービスを発表

立山システム研究所は、ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムとの協力により「みまもりケータイ 005Z」を使った高齢者向け緊急通報サービス「まもりんフォン」の提供を開始する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコム、立山システム研究所は10月31日、ソフトバンクモバイルの「みまもりケータイ 005Z」を利用した高齢者向け緊急通報サービス「まもりんフォン」を発表した。

Photo 「まもりんフォン」サービス概要

 まもりんフォンは、自治体や病院、介護施設、集合住宅のオーナーなどに提供されるもので、利用者には施設を通じて配付される。利用者がみまもりケータイの発信ボタンを押すと、立山システムが運営するコールセンターの「立山相談センター」につながり、看護師などが24時間365日対応する。立山相談センターは利用者の状況に応じ、消防署や救急車の出動要請、地域の民生委員に対して現場への急行を依頼をする。みまもりケータイのGPS機能を使うことで、専用サイトから複数の利用者の位置を検索することもできる。

 立山システムは、独自の人感センサーを活用した高齢者世帯向けの見守り・緊急通報サービスを2001年8月から提供しており、屋外に移動した場合でも利用できるまもりんフォンと組み合わせることで、高齢者向けサービスの向上を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.