ニュース
» 2012年02月29日 00時52分 UPDATE

HTC、日本市場向けにカスタマイズしたスマートフォンをKDDI向けに開発

HTCとKDDIが、日本市場向けにカスタマイズしたスマートフォンの開発に合意した。端末の詳細や投入時期などは未定。

[田中聡,ITmedia]

 HTCが2月28日、日本市場向けにカスタマイズしたスマートフォン開発についてKDDIと合意したことを発表した。同社は「日本のユーザのニーズや趣向に合わせたスマートフォンを今後提供していく」としている。

 HTC CEOのピーター・チョウ氏は「日本のユーザは非常に多忙な生活を送っており、彼らがより便利で快適な暮らしを実現する上で、最も革新的なスマートフォンを必要としている。HTCは、そうした日本のユーザに最新鋭のスマートフォンを提供し、暮らしを便利に感じてもらうだけでなく、楽しんでスマートフォンを活用いただきたい」とコメント。

 KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏は「KDDIとHTCの両社は、私たちの事業すべてにおいて、常にユーザの立場で彼らが何を望んでいるか、何を期待しているかということに焦点を当てており、今回の協業によって日本のユーザの皆様向けに画期的な素晴らしいスマートフォン体験を提供できると信じている」とコメントした。

 HTCはMobile World Congress 2012でスマートフォンの新シリーズ「HTC one」に属する3機種「HTC one X」「HTC one S」「HTC one V」を発表しており、これらのモデルがベースになる可能性が高い。また、2011年にHTCがKDDI向けに供給した「HTC EVO WiMAX ISW11HT」と「HTC EVO 3D ISW12HT」は、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)やau one Marketなどau向けの基本サービスには対応したが、おサイフケータイや赤外線通信など日本独自の機能は搭載されておらず、HTCもグローバルスマートフォンをベースに展開すると宣言していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.