ニュース
» 2012年11月02日 10時26分 UPDATE

「iOS 6.0.1」提供開始――OTAでソフト更新できないiPhone 5の不具合などを解消

iOSの最新バージョン「iOS 6.0.1」が提供されている。iPhone 5とiPod touch(第5世代)にて、ワイヤレスでソフトウェアアップデートができない場合のある不具合などが解消される。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが、iOSの最新バージョン「iOS 6.0.1」の配信を開始した。対象となるのはiPhone 5、iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPad(第3世代)、iPad 2、iPod touch(第5世代)、iPod touch(第4世代)。

 今回のアップデートにより、iPhone 5とiPod touch(第5世代)で、ソフトウェアをワイヤレス(OTA)でインストールできない場合がある不具合が解消される。今回iPhone 5とiPod touch(第5世代)をWi-Fi経由でアップデートする場合、この不具合が起きないよう、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から専用のアップデータをまずインストールする必要がある。その後、アップデータからiOS 6.0.1のダウンロードが可能になる。(OTA利用時の)更新ファイルの容量は69.9Mバイト。

photophotophoto iPhone 5でアップデートするには、まず専用のアップデータをインストールする必要がある(写真=左、中)。このアップデータ経由でiOS 6.0.1へのアップデートが可能になる(写真=右)

 iOS 6.0.1のそのほかのアップデート内容は以下のとおり。

  • キーボード上に横線が表示される問題を解決。
  • カメラフラッシュが消えなくなる問題を解決。
  • 暗号化されたWPA2 Wi-Fiネットワークに接続しているときの、iPhone 5とiPod touch(第5世代)の信頼性が向上。
  • iPhoneでモバイルデータ通信ネットワークを使用できなくなる問題を解決。
  • 音楽クラウドサービス「iTunes Match」用に“モバイルデータ通信”スイッチを統合。
  • パスコードロックを設定しているにもかかわらず、ロック画面からPassbookパスの詳細にアクセスできてしまう問題を解決。
  • Exchange会議に影響する問題を解決。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.