ニュース
» 2012年11月29日 17時18分 UPDATE

全国35万カ所以上:「ソフトバンクWi-Fiスポット」で導入が進むEAP-SIM認証や5GHz帯対応

ソフトバンクモバイルは、「ソフトバンクWi-Fiスポット」で進めている利便性向上のための取り組みを公表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは11月29日、同社のスマートフォンなどを対象にした公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」について、現在実施している利便性向上に向けた取り組みの内容を公開した。

 ソフトバンクWi-Fiスポットの数は、全国で35万カ所以上。同社では、ログイン時間の短縮、セキュリティーの強化、端末が移動している環境でのWi-Fi接続制御、5GHz帯に対応したアクセスポイント(AP)の拡充、携帯電話回線とWi-Fi網の切り替え時間の短縮、Wi-Fi接続最適化のための継続的な改善――という6項目で利便性の向上を図るとしている。詳細は以下の通り。

ログイン時間の短縮

 ソフトバンクWi-Fiスポットに接続する際の都度認証を、従来のWeb経由の認証から、SIMカードの機能を活用したEAP-SIM認証へと変更する。対象機種は、iOS 5以上のiPhoneとiPad、PANTONE 6 200SH、AQUOS PHONE Xx 203SHで、今後拡大する。

 Web認証では接続までの時間が7秒〜10秒程度かかるが、EAP-SIM認証導入により2〜3秒程度で接続する。EAP-SIM認証に対応したアクセスポイントは順次拡大しており、2013年3月末までに40万カ所を対応させる。

セキュリティーの強化

 上記のEAP-SIM認証の導入により、対象機種は無線LANの暗号化にWPA2エンタープライズ(WPA2-EAP)を利用できる。

移動中Wi-Fi接続制御

 PANTONE 6 200SHとAQUOS PHONE Xx 203SHには、加速度センサーなどを用いて端末の状態を検知し、車などでの移動中に不要なWi-Fiに接続しないように制御する「移動中Wi-Fi接続制御」を搭載している。こちらも対応機種は順次拡大する。

5GHz帯に対応したアクセスポイントの拡充

 従来の2.4GHz帯に加えて5GHz帯に対応したAPの設置を進めており、11月末現在で約14万カ所が5GHz帯に対応する予定。また2013年3月末までに、40万カ所への拡大を目指す。

携帯電話回線(3Gや4G/4G LTEなど)とWi-Fiネットワークの切り替え時間短縮

 PANTONE 6 200SHとAQUOS PHONE Xx 203SHには、3Gや4GからWi-Fiネットワークに切り替える際に発生していた無通信時間を解消する機能を搭載した。搭載機種は今後拡大させる。

 またAndroid 4.0以降のソフトバンクスマートフォンでは、Wi-Fiの受信感度を監視して接続を制御したり、AP側で通信環境を把握し、端末との接続を制御するなどの対策を行う。

Wi-Fi接続最適化のための継続的な改善

 PANTONE 6 200SHとAQUOS PHONE Xx 203SHには、Wi-Fi接続の環境変化に合わせて自動的にWi-Fi接続に関する動作を最適化する機能を搭載した。こちらも今後、搭載機種を拡大させる。

 加えて、公共交通機関や商業施設と連携し、駅や空港など、需要が高い場所で、ソフトバンクWi-Fiスポット対応エリアの拡大を進める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.