ニュース
» 2013年01月29日 14時53分 UPDATE

Apple、「iOS 6.1」を提供――LTE対応事業者を拡大

iPhoneやiPad向け「iOS」の最新バージョン「6.1」がリリースされた。LTE対応事業者が拡大したほか、追跡型広告の識別子をリセットできるようになった。

[田中聡,ITmedia]
photo 端末からアップデートするには1Gバイトの空き容量が必要

 Appleが1月28日(米国時間)、iPhoneやiPad向けiOSを「6.1」にバージョンアップした。対応機種は、iPhone 3GS 以降、iPad 2以降、iPod touch(第4世代)以降。

 アップデートをすることで、iPhoneとiPadのLTEをサポートする通信事業者が追加され、iPhone 5については36キャリア、iPad miniとiPad Retinaディスプレイモデル(第4世代iPad)については23キャリアとなる。iPhoneやiPadのLTE対応キャリアは、AppleのWebサイト(http://www.apple.com/iphone/LTE/)から確認できる。日本の対応キャリアはKDDIとソフトバンクモバイルで変わらない。

 日本ユーザーに影響があるのは、iOS 6から採用された追跡型広告「Advertising Identifier(広告識別子)」をリセットできるボタンが追加されたこと。Advertising Identifierは、広告主がユーザーの行動を追跡するためのもの。iOS 6では追跡型広告の制限はできたが、Advertising Identifierのリセットはできなかった。iOS 6.1では、「設定」→「一般」→「情報」→「アドバタイズ」からAdvertising Identifierをリセットできる。

photophoto 「設定」→「一般」→「情報」→「アドバタイズ」に「Advertising Identifierをリセット」ボタンが追加された。ここから追跡型広告の制限も可能(写真=左)。追跡型広告の説明(写真=右)

 このほか、いずれも日本は対象外だが、Siriを使って米国内で「Fandango」経由で映画のチケットを購入できるほか、「iTunes Match」の利用者がiCloudからiOSデバイスに楽曲をダウンロードできるようになった。

 iOS 6.1には、端末単体(Wi-Fi経由)かiTunesからアップデートできる。Wi-Fi経由でアップデートする際のファイルサイズは107Mバイトで、アップデートには1Gバイト以上の空き容量が必要。アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.