ニュース
» 2013年03月28日 17時20分 UPDATE

日本通信、KDDIとソフトバンクモバイルに相互接続を申し入れ

日本通信が、KDDIとソフトバンクモバイルに対し、ドコモと同じレイヤー2接続の申し入れをしたこを発表した。

[田中聡,ITmedia]

 日本通信が3月28日、KDDIとソフトバンクモバイルに対して、相互接続を正式に申し入れたことを発表した。

 日本通信は2009年3月にNTTドコモとレイヤー2の相互接続が完了しており、ドコモの3GやLTEネットワークを利用したMVNOとして、さまざまなサービスを展開してきた。今回は、より多様で安価なサービスの提供を目指し、KDDIとソフトバンクモバイルに対してもレイヤー2接続を申し入れた。レイヤー2接続では、本来はキャリア内部にあるコアネットワークを自前で持つことができ、帯域利用の自由度が高くなるというメリットがある。

 日本通信は複数キャリアのLTEを統合的に使用することで、携帯電話事業者よりもカバレッジの広いLTEネットワークを提供するほか、同社が米国で提供しているCDMA2000系ネットワークと国内のCDMA2000系ネットワークを1つのネットワーク・1つの料金体系で提供するなど、サービスのさらなる拡張を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.