ニュース
» 2013年07月04日 16時32分 UPDATE

ウィルコム、「迷惑電話チェッカー」を使った実証実験を西東京市で開始

ウィルコムとトビラシステムズは、7月4日から西東京市で「迷惑電話チェッカー WX07A」を使った実証実験を開始する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムとトビラシステムズは7月4日、同日発売された「迷惑電話チェッカー WX07A」を活用した実証実験を東京都西東京市で開始すると発表した。実施時期は7月4日から2014年9月30日までを予定している。

photophoto 「迷惑電話チェッカー WX07A」

 迷惑電話チェッカーは、固定電話回線に設置して振り込め詐欺などの悪質な迷惑電話の着信を自動で警告するアダプター。着信を拒否する電話番号を300件記録できるほか、トビラシステムズが管理する約2万件の迷惑電話情報を参照することで、初めてかかってきた電話でも迷惑電話の判断ができる。

 迷惑電話番号情報は7月時点で約2万件あり、PHS回線を介して迷惑電話チェッカーにダウンロード。さらに一定以上のユーザーが着信を拒否した番号も記録され、新しい迷惑電話の番号としてユーザー間で共有する。

 実証実験の対象は設置を希望する西東京市内の家庭1000世帯で、60歳以上の同居人がいることが条件。配布の詳細については7月15日号の西東京市報にて案内するという。またこの実証実験には、警視庁犯罪抑止対策本部の迷惑電話情報も提供される予定だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.