ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「着信拒否」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「着信拒否」に関する情報が集まったページです。

ASUSの新ゲーミングスマホ「ROG Phone II」国内上陸 12GBメモリ、6000mAhバッテリーの高スペック
ASUS JAPANが、ゲーミングスマートフォン「ROG Phone II」を日本で発売する。12GB/512GBまたは12GB/1TBのメインメモリと内蔵ストレージ、6000mAhバッテリーという高スペックが際立つ。ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzに向上した。(2019/11/20)

林信行がレビュー:
魅力を再構築した新モデル「Apple Watch Series 5」の進化と変化
スマートウォッチで独走を続けるApple Watchも、登場から5年目を迎える。新モデルSeries 5の魅力はどこにあるのか。林信行氏がレビューをお届けする。(2019/9/18)

AirPodsに次ぐH1搭載フルワイヤレス、Beats「Powerbeats Pro」登場
Beats by Dr. Dreが、Apple H1チップを採用した完全ワイヤレスの高性能イヤフォン「Powerbeats Pro」を発表した。(2019/4/4)

auの「Xperia XZ1」がAndroid 9 Pieに 1月28日から
KDDIが「Xperia XZ1 SOV36」のAndroid 9 Pieへのバージョンアップを開始する。1月28日18時から。バージョンアップによってUIも変更される。(2019/1/28)

Googleさん:
Googleサンタにお願い Pixel 3使ってさらに欲しくなったものたち
クリスマスイブイブなので、Googleさんに今後出してほしい製品やサービスを考えてみました。米国では既に使えるものは来年には来日してほしいところ。(2018/12/23)

Amazon Echoの音声通話やボイスメッセージ、日本でも利用可能に Echo Spotはビデオ通話も
スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズや「Amazon Alexa」アプリを使った音声通話やボイスメッセージが、日本国内でも利用可能になった。スクリーン付きのEcho Spot同士ならビデオ通話もできる。(2018/9/5)

初代iPhoneのUI設計は困難を極めた
元Appleヒューマンインタフェース担当デザインディレクターの会話メモが公開された。(2018/8/29)

Facebook、「Moves」「tbh」「Hello」アプリを終了「使用率が低いので」
Facebookがまた「使用率が低い」アプリを終了する。日本でも公開していたライフログアプリ「Moves」、ソーシャル投稿アプリ「tbh」、ダイヤラーアプリ「Hello」だ。(2018/7/4)

119番じゃなくて、「113」に電話するとどうなるか知ってる? 困ったときに役立つ「3けたの電話番号」
緊急時向けの番号だけでも、頭に入れておくと良さそう。(2018/7/4)

IT4コマ漫画:
iPhoneの「おやすみモード」
iPhoneにある「おやすみモード」。これには意外な使い道も……? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第109回目。(2018/6/8)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(8):
内定通知をもらってからでは手遅れ!? 内定前にするべきこととは
念願の「内定」がもらえたら、次に何をすべきか? 内定の承諾をする際に注意しなければならないポイントや事前に済ませておかないといけない事項、そして諸般の事情で内定を辞退する際に配慮すべき点などについて詳しく紹介する。(2018/3/14)

iPhone Tips:
iPhoneの通話機能 小技あれこれ
(2017/6/24)

ドコモの「arrows SV F-03H」「arrows NX F-01J」がAndroid 7.1にバージョンアップ
NTTドコモのarrowsスマートフォン2機種がAndroid 7.1にバージョンアップする。バージョンアップによってOSの新機能が利用できるようになるほか、メーカー独自の機能追加・改善や不具合修正も行われる。(2017/6/23)

かーずSPのインターネット回顧録:
今なお語り継がれるキング・オブ・ヤンデレの貫禄 アニメ「School Days」伝説の“Nice boat.事件”からヤンデレブームを振り返る
オーバーフロー代表・メイザーズぬまきち氏にも当時を振り返ってもらいました。(2017/6/7)

迷惑電話を判別、人工知能が自動で着信拒否 iOS版「電話帳ナビアプリ」が登場
ライドアンドコネクトは、独自に保有する電話番号データベースをもとに詐欺・迷惑電話電話を自動判断する「電話帳ナビアプリ」をリリース。アプリを起動すれば着信時に電話番号検索を行い、迷惑度と共に画面へ表示する。(2017/5/18)

神戸アニメストリート、6月末に閉鎖か 800万円未払い、被害者は「閉めて終わりではない」
未払金はちゃんと支払われるのでしょうか。(2017/5/15)

転職バーのハルカさん(1):
PR:コアントローの香り……あなた、良からぬことを考えているわね
そこそこのITベンダーで働くそこそこのシステムエンジニア「シュウヘイ」がふらりと入った「転職バー」。美人バーテンダー「ハルカさん」に首筋の匂いをかがれて……シュウヘイ昇天!(2017/3/31)

auのXperia Z4とZ5、Android 7.0にバージョンアップ可能に
Xperia Z4は3月31日から、Xperia Z5は3月30日から可能。マルチウィンドウやデータセーバー機能などが利用できるようになる。バージョンアップのファイル容量は1GB強。(2017/3/29)

SIM通:
TONE software 3.0アップデート TONEファミリー機能をさらに進化
トーンモバイルは、サービス3周年を迎え説明会を実施。この3年間の振り返りなどのほか、「TONE software 3.0」のバージョンアップ内容に関する説明を行った。(2016/12/13)

トーンモバイル、IP電話かけ放題やフィルタリングサービスを発表――新機種はどうなる?
トーンモバイルは11月30日、スマートフォン「TONE」向けの新サービスを発表。石田社長が直近の戦略を語った。格安SIMのレッドオーシャンの中で、同社はどのように生き残りを図っていくのか。(2016/11/30)

「iOS 10.1」リリースで「Apple Pay」対応、iPhone 7 Plusの「ポートレートカメラ」も
Appleが「iOS 10.1」をリリースした。「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」では「Apple Pay」に対応し、Suicaなどが使えるようになる。「iPhone 7 Plus」で背景ぼかし写真を撮影する「ポートレートカメラ」(β)も追加された。(2016/10/25)

iPhoneで電話の発信・受信ができない
(2016/9/9)

Androidの「電話」アプリ更新でNexusとAndroid Oneで迷惑電話着拒機能が利用可能に
Android 6.0搭載のNexusとAndroid Oneで、迷惑電話の着信拒否機能を使えるようになった。(2016/7/26)

1MORE、密閉型ヘッドフォンとオープンイヤー型イヤフォンを発売
フリーウェイは1MORE(ワンモア)の密閉型ヘッドフォン「OVER-EAR HEADPHONES MK801」とオープンイヤー型イヤフォン「Platon Pod EO320」を6月25日に発売する。(2016/6/24)

鹿島の選手に対し「黒人死ね」 浦和レッズサポーターを名乗る人物がSNSで差別的な投稿、法的措置も検討
浦和レッズは2014年にも差別的横断幕が問題になっており、「差別撲滅宣言」を掲げていました。(2016/6/13)

Project Jacquard:
リーバイス、Googleと開発中のスマホ操作デニムジャケットを来春発売へ
昨年のGoogle I/Oで発表された“着るウェアラブル”プロジェクト「Project Jacquard」の成果として、Levi'sが来春、「COMMUTER」ブランドでスマートフォンを操作できるデニムジャケットを発売する。袖をタップしたりスワイプすることで、接続したスマートフォンを操作できる。(2016/5/22)

その価格に見合う実力を備えているか
徹底レビュー:iPhoneファンも欲しがる「Samsung Galaxy S7 edge」に死角はない?
かつてiPhoneに対抗しうる数少ないAndroidスマートフォンだったGalaxyシリーズに最新モデルが登場した。そのシェアは絶対的ではなくなったものの高い処理能力と個性的なデザインは健在だ。その実力を確かめてみる。(2016/3/20)

Fitbit、カラー液晶画面の腕時計型フィットネス端末「Blaze」を199.95ドルで発売へ
Fitbitが、同社としては初のカラー液晶のタッチディスプレイを搭載するフィットネス端末「Fitbit Blaze」を発表した。まず北米で2月20日に199.95ドルで発売する。ベルトは脱着可能で、別売のメタルや革のベルトと付け替えられる。(2016/1/6)

怪しい電話を自動で着信拒否 シャープ、振り込め詐欺防止フィルタ搭載の固定電話
シャープが、振り込め詐欺や悪質な勧誘電話を着信拒否するデジタルコードレス電話機を発売する。(2015/11/5)

不審な電話を自動で着信拒否してくれる電話機、シャープが発売 振込詐欺や迷惑電話の対策を強化
絶えない電話を使った詐欺の対策に。(2015/11/4)

IIJ、手軽にセキュリティ対策を強化できる「モバイルオプション」提供開始
IIJは、個人向けモバイルデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」でウイルス対策ソフトやWebフィルタリングなどを手軽に利用できる月額サービス「モバイルオプション」を提供開始した。(2015/9/8)

iOS版を世界先行導入:
日本人の厳しい目を、世界市場へ――「360セキュリティ」が日本に本腰を入れる理由
Google Playで高評価を得ている完全無料のセキュリティアプリ「360セキュリティ」。その提供元である香港企業が、日本でのアプリ普及活動を本格的に始めた。その背景には、日本人の「厳しい目」がある。(2015/8/19)

ドコモ、迷惑電話を防ぐ「あんしんナンバーチェック」を正式スタート
ドコモは、現在お試し期間として無料提供している「あんしんナンバーチェック」を7月15日から正式にスタートする。(2015/7/10)

“ウェアラブル”の今:
スマートウォッチの大敵に意外なところで気付いた
携帯電話が普及し始めた頃、それは社会の中でいろいろな摩擦を生んだ。スマートウォッチは今、その頃と似たような状況にあると言えるだろう。Apple Watchをはじめとするスマートウォッチは、世の中にどう受け入れられていくのか。(2015/6/8)

エッジスクリーンは違和感ある?――「Galaxy S6 edge」の“ここ”が知りたい(1)
画面の両端がカーブしているエッジスクリーンを持つ「Galaxy S6 edge」。まわりからは「けっこう違和感あるんじゃないの?」という声が多く寄せられる。本当にそうなのか? 実際に試してみた。(2015/4/28)

Facebook、Androidダイヤラー(通話アプリ)「Hello」をリリース
Facebookが、発信者番号通知、着信拒否、電話帳、VoIP通話機能を備えるAndroid向け通話アプリ「Hello」を米国でリリースした。(2015/4/23)

林信行による世界先行レビュー:
Apple Watchが腕時計とウェアラブルの概念を変える
明後日、4月10日金曜日からの予約開始にあわせて、ついにApple Watchの展示がスタートする。日本ではアップルストア銀座や表参道、そして新宿の伊勢丹に新しくできるApple Watch Storeにて展示が行われる予定だ。どうしてもウェアラブルというくくりにされがちな本製品の本当の魅力を、これまで1週間に渡って製品を試用してきた林信行が解説する。(2015/4/8)

ドコモ、迷惑電話などの着信を判別しやすい「あんしんナンバーチェック」を提供開始
NTTドコモが、しつこい迷惑電話や詐欺などの危険な電話と思われる番号からの着信を画面に表示する、「あんしんナンバーチェック」サービスをスタート。(2015/3/23)

「ZenFone 5」レビュー 第3回――どこまで“使える”? 独自の「ASUS ZenUI」を試す
ASUSのLTE対応SIMロックフリースマートフォン「ZenFone 5」を3回にわたってレビュー。最終回では独自の「ASUS ZenUI」を中心にUI(ユーザーインタフェース)をチェックする。(2014/12/15)

スマホ時代は若年層もターゲット? マカフィーが迷惑電話対策アプリを提供する理由
主に高齢者が被害者となっていた詐欺・迷惑の電話の被害が若年層にも広がっている。マカフィーはスマホ時代の迷惑電話対策として、キャリア向けにAndroidアプリを提供する。(2014/12/3)

マカフィー、迷惑電話対策アプリをリリース
Android用の詐欺電話・迷惑電話対策アプリ「マカフィー セーフ コール」をドコモやKDDI auユーザー向けに提供する。(2014/12/3)

マカフィーがAndroid向け迷惑電話対策アプリ「マカフィーセーフコール」を発表 ドコモやauに提供
マカフィーがAndroidスマホ向けに詐欺/迷惑電話対策アプリを発表。ドコモやauユーザー向けに提供していく。(2014/12/3)

フュージョンの「IP-Phone SMART」と「SMARTalk」に新機能
フュージョン・コミュニケーションズが「IP-Phone SMART」サービスに着信拒否機能を追加し、公式アプリ「SMARTalk」を複数端末で利用できるよう改良した。(2014/9/29)

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――050IP電話サービス編
MVNOの格安SIMで、格安通話サービスを使って通話料を抑えようという本企画。今回は、050から始まる電話番号が発行され、より一般の電話に近い感覚で使える「050IP電話サービス」を試してみた。(2014/9/11)

「HTC J One HTL22」、Android 4.4へアップデート可能に
auのHTC製スマートフォン「HTC J One HTL22」が、9月2日からAndroid 4.4へアップデート可能になった。BlinkFeed、ビデオハイライト、ギャラリー、ミュージックプレーヤー、ロック画面、クイック設定パネルなどが改善される。(2014/9/2)

ビッグローブ、電話番号がそのままで通話料が半額になる「BIGLOBEでんわ」を開始
ビッグローブが「BIGLOBE LTE・3G」の音声通話SIM利用者向けに、国内通話が30秒10円から利用できる通話サービス「BIGLOBEでんわ」を開始した。(2014/9/1)

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――無料VoIPアプリ編
MVNOが提供している格安SIMカードを利用すれば、毎月の利用料金を安く抑えらるが、音声通話料を安く抑えるには一工夫がいる。本特集ではスマートフォンで利用できる通話アプリを紹介する。今回は無料のVoIPアプリ6つをピックアップした。(2014/8/28)

R25スマホ情報局:
アダルトサイト高額請求、回避法は?
アダルトサイトで高額な料金を請求されたとするスマホ利用者からの相談件数が約2.5倍に増加したことが明らかになった。具体的にどのような事例があるのだろうか。(2014/6/11)

写真で解説する「URBANO L03」
「URBANO L03」は、前モデルよりスペックを大幅に向上しつつ、ケータイからの乗り換えユーザーも意識したスマホ初心者向け端末。新素材の強化ガラスを採用するなど、独特の存在感を放つ。(2014/5/9)

ソフトニック:
迷惑電話の防止に 掛かってきた電話番号の情報を知らせてくれるサービス――「LINE whoscall」
「LINE whoscall」は、着信のあった電話番号の情報を通知するAndroidアプリです。迷惑電話の情報もデーターベース化されていて、簡単に確認できます。(2014/5/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。