ニュース
» 2013年08月29日 20時52分 UPDATE

お店に行くだけでポイントやクーポンがもらえる ドコモのO2Oサービス「ショッぷらっと」が商用化

店舗に立ち寄るだけでポイントやクーポンがもらえるドコモのO2Oサービス「ショッぷらっと」が、9月1日から商用サービスとしてスタートする。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは8月29日、スマートフォンを活用したリアル店舗向け集客プラットフォーム「ショッぷらっと」を、9月1日から商用化すると発表した。東京都内を中心に2月20日から行っていたトライアルサービスでは、店舗の集客や売上の向上に効果が認められたという。商用化後、9月末までに対象店舗を全国約800店舗まで拡大する。利用できる主な企業や施設については外部リンクを参照。

photo 店舗検索からチェックインまでの流れ

 ショッぷらっとは、位置情報をもとに近隣店舗の情報やクーポンを受け取ったり、ユーザーの性別や年齢に合わせた店舗の情報を得られるO2O(Online to Offline)サービス。専用の音波装置を設置した加盟店舗に、専用アプリをインストールしたスマートフォンのユーザーが入店(チェックイン)すると、音波を自動検知して商品券などに交換可能な“star”ポイントやクーポンを取得する。

 商用化にあたり専用アプリも改善。自分で設定したエリア/ジャンルに絞った情報を得られるようになったほか、店舗の最新情報やブランドごとの情報がより見やすくなった。

photo 商用化にあたって変更した点

 対応機種は、Android 2.3以降のスマートフォンとiOS 5.0以降のiPhoneでキャリアに関係なく利用できる。商用版のAndroidアプリは9月1日10時に、iOSアプリは9月以降に提供する予定。トライアル版のアプリを利用している場合は、バージョンアップをすることで、そのままポイントを引き継いで利用できる。

導入コストは月1万から

 店舗はショッぷらっとを導入することで、年齢/性別/郵便番号などの顧客情報をもとに販促施策が検討できるほか、顧客に合わせた店舗情報をスマホに配信できるメリットがある。また音波装置の設置場所を工夫することで店内の回遊性も高められる。

 サービスを利用する場合、プラットフォーム利用料として1店舗につき月額1万円が必要。送客手数料は1回のチェックインにつき30円で、来店者がチェックインした際に付与するポイントは1ポイントにつき1円。商用サービスの申し込みは加盟店募集ページで受け付けている。

photo 店舗側は顧客情報をもとに新たな販促施策などが検討できる

商用化開始でキャンペーンを実施

 また、商用化にともなってユーザーと店舗それぞれに向けたキャンペーンを実施する。詳細は以下のとおり。

ユーザー向けキャンペーン

  • 新規入会キャンペーン

 8月31日までのトライアル期間中から12月31日までに「ショッぷらっと」アプリをダウンロードして新規会員登録をした人全員に100starをプレゼントする。

  • チェックイン祭り

 1カ月間で3回以上チェックインした人全員に100starをプレゼントする。さらに、その中から抽選で15人に賞品をプレゼント。キャンペーンは3回に分けて実施され、9月1日〜30日、10月1日〜10月31日、11月1日〜11月30日で各5人を抽選する。同一店舗内での複数回のチェックインは1回のチェックインとみなす。starの付与や当選者の通知には最大2カ月かかる。

加盟店向けキャンペーン

  • サービス利用開始日から3カ月無料キャンペーン

 2014年3月31日までにショッぷらっとの利用を開始した場合、プラットフォーム利用料月額1万円を最大3カ月無料にする。送客手数料などは有料となる。

photo
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.