ニュース
» 2013年09月17日 17時53分 UPDATE

ドコモとビザ、モバイル向けプリペイド決済サービスを9月18日から提供

ドコモとビザは、9月18日からモバイルに特化したプリペイドカードサービスを提供する。Visaのカード決済に対応した国内外のWebサイトで利用でき、代金は「ドコモ口座」から引き落とす。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモとビザ・ワールドワイド・ジャパンは、モバイル向けプリペイドカードサービス「ドコモ口座 Visaプリペイド」を9月18日12時から提供する。

 ドコモ口座 Visaプリペイドは、事前審査なしでドコモ口座サイトから即時発行できるネット専用のバーチャルプリペイドカード。Visaに加盟している国内外のWebサイトで、クレジットカードと同様にネット決済ができ、VISA認証サービスにも対応している。なお、プラスチックカードの発行はできない。

 利用には、ドコモの携帯電話同士での送金や、オンラインゲーム/ネットショッピングの支払いができる電子マネーサービス「ドコモ口座」への登録が必要。ドコモ口座 Visaプリペイドで発行したカード番号でネット決済すると、代金がドコモ口座から即時に引き落とされる。

photo 「ドコモ口座 Visaプリペイド」利用イメージ

 ドコモ口座 Visaプリペイドを使うには、全国の主要コンビニエンスストアやインターネットバンキング/銀行ATMからドコモ口座へ入金し、ドコモ口座でドコモ口座 Visaプリペイドのカード番号を発行する必要がある。あらかじめドコモ口座に入金した以上の金額は使えない。ドコモ口座の残金は銀行口座への払い出しや、ケータイ料金へ充当できる。

 ドコモ口座 Visaプリペイドのカードは、使い捨てタイプの「ワンタイムカード」と、3年間使える「レギュラーカード」の2種類があり、初回登録時にワンタイムカードのみを使用する「ワンタイムプラン」か、レギュラーカードとワンタイムカードを併用できる「定額パックプラン」のどちらかを選択する。

 どちらのプランも月額最高50万円まで利用でき、ドコモ口座への入金手数料は無料。ワンタイムプランは、月額利用料は無料だが、1枚ごとに発行手数料が105円かかる(2013年12月まで無料)。発行後の有効期間は10日間。定額パックプランは月額210円かかるが、ワンタイムカードを無料で何枚でも発行できる。レギュラーカードの有効期間は3年間だ。

 サービスを利用できるのは、ドコモ口座を開設している18歳以上のユーザーで、個人名義のFOMAまたはXi契約と、iモードまたはspモード契約をしている必要がある。

 ドコモによると、現在米国や欧州を含む世界市場では、Visaなど国際ブランドのデビット・プリペイドカードがクレジットカードの取扱高、決済件数を大きく上回っており、ドコモとビザは同分野での利便性向上に向けた取り組みを行っていく方針だという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.