調査リポート
» 2013年09月20日 10時06分 UPDATE

gooリサーチが「iPhone」に関する調査結果を発表――ドコモのiPhone購入意向者は1割

インターネットアンケートサービス「gooリサーチ」が「iPhone」に関する調査結果を発表。NTTドコモのiPhone購入意向者は、乗り換えも含め1割ほどとなっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションは、インターネットアンケートサービス「gooリサーチ」で実施した「iPhone」に関する調査結果を9月19日に発表した。

 調査期間は9月13日から9月17日で、調査方法は非公開型のインターネットアンケート。対象としたのは登録モニターのうち全国10代〜60代以上の男女で、有効回答者数は1765名となっている。

Photo 携帯電話・スマートフォンの利用状況
Photo NTTドコモ「iPhone」購入意向

 これによると、現在のスマートフォン利用者はAndroid/iPhoneを合わせて47.6%。若年層になるほど利用者が増えるほか、フィーチャーフォン利用者は47.2%で高齢ほど利用率が高い。また、iPhoneの購入意向者は全体の12.5%で、そのうちAndroidユーザーは20.3%、iPhoneユーザーは10.2%、フィーチャーフォンユーザーは11.2%。キャリア別でみると、NTTドコモユーザーは21.0%、auユーザーは5.4%、SoftBankユーザーは8.2%が購入意向を示したという。

Photo NTTドコモ「iPhone」を購入したい理由
Photo NTTドコモ「iPhone」購入予定時期
Photo NTTドコモ「iPhone」を購入するつもりがない理由

 購入に対する最も多い理由は「NTTドコモからiPhoneが出るのを待っていたから」(54.5%)で、次いで「そろそろスマートフォンを利用したいと思っていたから」(30.4%)となっている。購入時期については「すぐにでも購入したい」が9.8%、「2ヵ月以内に購入したい」が23.5%、「半年後くらいに購入したい」が27.2%。購入しない理由には「今利用している機種で十分だから(不満がない)」(29.4%)、「ガラケーの方が使いやすい」(24.1%)などが挙がっている。

関連キーワード

iPhone | NTTドコモ | 調査 | 購入検討 | goo | iPhone 5c


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.