ニュース
» 2013年10月02日 14時00分 UPDATE

WiMAX 2+とWiMAX、800MHz帯4G LTE対応の「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」

KDDIは、WiMAX 2+に対応した無線ルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」を発表した。2.4インチタッチパネル内蔵ディスプレイ搭載で設定操作も簡単にできる。

[長浜和也,ITmedia]
kn_hwd14_01.jpg 「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」

 KDDIは、2013年冬モデルとしてWiMAX2+に対応した無線ルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」を発表した。UQコミュニケーションズが10月末に運用を提供するWiMAX 2+と従来のWiMAX、そして、auの800MHz帯対応4G LTEといった3種類のワイヤレスWANを利用できる。

 本体サイズは約62(幅)×100(高さ)×15.5(厚さ)ミリで、重さは約140グラムだ。防水と防塵の規格テストには対応していない。電源ボタンを押してから5秒で起動する(ただし、ネットワーク接続処理はさらに時間がかかる)。本体のカラーバリエーションとしてブライトシルバーとメタリックレッドをそろえる。

 本体にはサイズが2.4インチで解像度が240×320ピクセルのタッチパネル内蔵ディスプレイを搭載する。大きな画面でタッチパネルを使った操作ができるので、通信モードや本体の設定などが行いやすい。

 無線LANはIEEE 802.11b/g/nに準拠し、同時に10台まで接続できる。本体搭載バッテリーの容量は3000mAhで、ワイヤレス充電(Qi)に対応するほか、モバイルバッテリーとして使うことも可能だ。

kn_hwd14_02.jpgkn_hwd14_03.jpg 側面にはmicroSDスロットなどを搭載する。なお、WiMAX 2+を含めてワイヤレスWANはSIMを差して利用することになる

 3種類のワイヤレスWANに対応したWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14では、通信モードとして「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」「ノーリミットモード」をユーザーが切り替えて使う。ノーリミットモードは従来のWiMAXと同様で容量無制限で使える。ハイスピードモードはWiMAX 2+と従来のWiMAXを使えるエリアによって自動で切り替えて利用し、ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX 2+とauの800MHz帯対応4G LTEをエリアによって自動で切り替えて使う。

 ハイスピードモードは使用開始から2年間は容量無制限、3年目以降は月あたり7Gバイトまで(超えた分は転送レートを128Kbpsに下げる)の容量制限がかかる予定だ(容量無制限の期間は当面2年間の予定だが、状況によっては短くなる場合も長くなる場合もあるとUQコミュニケーションズは説明している)。WiMAX 2+と4G LTEを自動で切り替えて使うハイスピードプラスエリアモードでは、月あたり7Gバイトの容量制限(WiMAX 2+と4G LTEの合計)を設けている。

 利用料金はノーリミットモードとハイスピードモードが、2年間月額3880円で3年目以降が月額4405円になる。ハイスピードプラスエリアモードは“使用した月”に1055円プラスする。

「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」の主な仕様
端末名 Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
通信速度 WiMAX2:下り最大110Mbps/最大10Mbps、WiMAX:下り最大40Mbps/最大15.4Mbps、4G LTE:下り最大75Mbps/最大10Mbps、
使用周波数 LTE:800MHz帯、WiMAX 2+:2.5GHz帯
サイズ(幅×高さ×厚さ) 62×100×15.5ミリ
重さ 約140グラム
連続通信時間 WiMAX 2+:約9時間、WiMAX:約9時間30分、LTE:約9時間10分
連続待受時間 約950時間(ECOモード時)、約27時間(クイックアクセスモード時)
インタフェース microUSB 2.0、microSD(SDHC最大32Gバイト)
バッテリー容量 3000mAh
発売 2013年10月末以降

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.