ニュース
» 2013年10月02日 14時00分 UPDATE

LG G2を大胆にアレンジ?:異彩? 異才? au×LGが共同開発したグロスマベースのコラボモデル――「isai LGL22」

「isai LGL22」は、グローバルモデルをベースにKDDIとLGエレクトロニクスが共同開発したauスマホ。フルHDの5.2インチIPS液晶を狭額縁ボディに搭載し、オリジナルUIを採用している。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIが発表したauのAndroidスマートフォン「isai LGL22」は、LGエレクトロニクスが8月に発表したグローバルモデル「LG G2」をベースに、2社が共同開発したという異彩を放つハイスペックな1台だ。

photo 「isai LGL22」

 5.2インチのフルHD(1080×1920ピクセル)IPS液晶に有効約1320万画素カメラ、2.3GHz駆動のクアッドコアプロセッサー「MSM8974」、そして大容量ながらスリムな内蔵式バッテリーを搭載する点など、主なスペックはベースモデルのまま。しかしボディは“水面(みなも)”を感じさせるauのオリジナルデザインを採用し、カラーバリエーションもアクア、ブルー、ホワイト、ブラックと4色を用意した。

 サイズは約72(幅)×144(高さ)×9.1(厚さ)ミリとLG G2からわずかに大きくなったが、グローバル版にはない防水(IPX7/IPX7)仕様に。そしてLG G2の一番の特徴でもある背面の電源キーとボリュームキーは、端末の両サイドにレイアウトされている。また外部メモリとして最大64GバイトまでのmicroSDXCをサポートするのもグローバル版との違いだ。

 ユーザーインタフェースにも手が加えられており、isaiでは画期的なユーザー体験を提供するというオリジナルの「isaiスクリーン」を導入。ホームを4つのカテゴリに分類し、上下のフリック操作で時系列に情報を表示することで、個々のアプリを起動することなく、さまざまな最新の情報を入手できるという。そのほか、2回の連続タップでディスプレイの点灯/消灯ができる「ノックオン」や着信時に端末を耳に近づけるだけで応答できる「アンサーミー」、アプリをさっと切り替えられる「スライドウィンド」、マルチタスク機能の「Qスライド」など、ユーザーフレンドリーな便利機能をLG G2から引き継いでいる。

 通信面では、auの800MHz、1.5GHz、2.1GHzと3帯域のLTE通信に対応。10月下旬以降からは、下り最大150Mbps/上り最大12Mbpsの高速通信も行える。またおサイフケータイ(FeliCa/NFC)、赤外線通信、ワンセグなど日本独自の機能ももちろんサポートした。発売は11月下旬以降を予定している。

「isai LGL22」の主な仕様
機種名 isai LGL22
OS Android 4.2
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974/2.3GHzクアッドコア
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約72×144×9.1ミリ
重さ 約145グラム(暫定値)
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 2500mAh
メインカメラ 有効約1320万画素CMOS
インカメラ 有効約240万画素CMOS
メモリ ROM:32Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約5.2インチフルHD(1080×1920ピクセル)ISP液晶 最大1677万色表示
ボディカラー ブルー、アクア、ホワイト、ブラック
主なサービス・機能 4G LTE(下り最大150Mbps/上り最大25Mbps)、WIN HIGH SPEED(下り最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbps)、GLOBAL PASSPORT(LTE/GSM/GPRS/UMTS)、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac、2.4GHz/5GHz)、テザリング(8台)、赤外線通信、Bluetooth(4.0)、おサイフケータイ(FeliCa/NFC)、GPS、防水(IPX7)、ワンセグ ほか
発売日 11月下旬以降

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.