ニュース
» 2013年11月06日 15時32分 UPDATE

KDDI、NFC対応韓国プリペイド式電子マネー「Cashbee」を2014年3月からサポート

KDDIは11月6日、イービーカードが韓国で提供中のNFC対応プリペイド式電子マネー「Cashbee」を、2014年3月からauスマートフォンでも利用できるようにすると発表した。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIとイービーカードは11月6日、韓国で提供しているプリペイド式電子マネー「Cashbee (キャッシュビー)」をauスマートフォンでも利用できるようにすると発表した。利用開始は2014年3月を予定している。

photo 利用場所

 Cashbeeは、2007年7月にイービーカードが韓国で提供を開始したNFC対応のプリペイド式電子マネーサービスだ。韓国国内にあるロッテグループのデパートやコンビニなど全国7万店舗に導入されており、2013年5月時点で約500万人が利用しているという。auスマートフォンに対応させることで、観光やビジネスで韓国を訪れる日本人が該当店舗で簡単なタッチ操作で買い物できるようになる。利用するには、対象のスマートフォンでCashbeeのアプリケーションをダウンロードし、クレジットカードを登録し、Cashbeeの利用金額をスマートフォンにチャージする必要がある。対象機種は、2012年11月以降に発売されたNFC対応のauスマートフォンを予定している。対象機種や利用方法の詳細は、サービス開始時にKDDIが案内する。

photo 利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう