ニュース
» 2013年11月25日 06時16分 UPDATE

iOS版Google+、写真と動画の自動アップロードがフル解像度に対応

Dropbox、MicrosoftのSkyDriveに続き、GoogleのiOS端末向け写真/動画自動アップロード機能もフル解像度に対応した(iOS 7のみ)。

[ITmedia]

 米Googleは11月23日(現地時間)、ソーシャルサービス「Google+」のiOSアプリをバージョン4.6.0にアップデートした。これにより、iOS 7搭載端末で撮影した写真と動画を解像度を落とさずにアップロードできるようになった(Android版は昨年末から可能)。

 Google+には、端末で撮影した写真と動画を自動的にアップロードする機能「インスタントアップロード」がある。iOS版ではこれまで、標準サイズ(長い辺が2048ピクセル以下)でしかアップロードできなかったが、iOS 7であればフルサイズのままアップロードできる。

 photo 歯車アイコン→[設定]→[カメラと写真]→[自動バックアップ]→[フルサイズのバックアップ]をオンにする

 ただし、標準サイズであればGoogleドライブの15Gバイトの無料保存容量にカウントされず、無制限にアップロードできるが、フルサイズの場合はカウントされる。無料容量を使い切ると写真の保存サイズは自動的に標準サイズに切り替わる。

 iOS端末で撮影した写真や動画を自動アップロードする機能としては、米AppleのiCloudの「フォトストリーム」、米MicrosoftのSkyDriveの「カメラ バックアップ」、米Dropboxの「カメラアップロード」などがある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう