ニュース
» 2014年04月08日 22時39分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:独占より競争がいいそうです

矮小(わいしょう)な議論といわれそうですが。

[長浜和也,ITmedia]

4月2日にイー・アクセス、KDDI、ソフトバンクグループ3社ら65事業者・団体が、「2020年代に向けた情報通信政策のあり方に関する検討についての要望書」を総務省に提出しました。NTTの規制緩和に反対したいとのこと。NTTグループの実質的独占回帰となって、公正競争の確保が困難になるそうです。

 時同じくして、KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏のインタビューを移動体通信事業を取り上げる数多くのニュースが掲載しました。田中社長は、今後のモバイルネットワークの高速化において固定網が重要になるのに、現在日本全国規模で固定網を独占しているNTTに対して(ドコモとNTTが一緒にビジネスできるような)規制を緩和したらモバイルネットワークもNTTが独占してしまうが、それはいいことなのか? 巨大だからできないことがあっても当然、と主張します。

 さて、ここで3月21日の「Android Bazaar and Conference 2014 Spring ANDROID REBORN」で石川温氏が行ったMVNOビジネスに関する講演で、NTTドコモに対する禁止行為規制による弊害を説明したスライドを紹介しましょう。

通信料の価格競争があってもいいと思うのですが、いかがでしょうか

 ……いろいろとふぉーんなハナシでありますね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう