ニュース
» 2014年04月10日 20時07分 UPDATE

auの「Xperia Z Ultra SOL24」、バージョンアップでスタミナモードに対応

4月10日から、auのスマートフォン「Xperia Z Ultra SOL24」向けの機能バージョンアップが開始。スタミナモードや伝言メモが利用可能になった。

[田中聡,ITmedia]

 auのソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia Z Ultra SOL24」が、4月10日18時から順次バージョンアップ可能となった。

 バージョンアップにより、スタミナモード、伝言メモ、Wi-Fi安定制御機能が追加される。

photophoto 「Xperia Z Ultra SOL24」

 スタミナモードは、ディスプレイの消灯時に、指定したアプリの動作を制御することで、消費電力を抑えられる機能。ソニーモバイルは、スタミナモードの使用で「約2倍バッテリーが持つ(同社比)」と説明している。なお、同モードを有効にするには、任意のアプリを1つ以上、制御するアプリに追加する必要がある。

 伝言メモは、不在時に電話相手が録音したメッセージを、端末本体に保存できる機能。「設定」→「通話設定」→「伝言メモ」から「伝言メモ」をオンにできる。

 Wi-Fi安定制御機能は、周囲の無線LANが安定しているときだけWi-Fi接続する機能。「設定」→「Wi-Fi」→サブメニューの「詳細設定」→「Wi-Fi安定制御機能」を選択してオンにする。

 バージョンアップはWi-Fi/LTE/3G経由で端末から、またはPCから行える。アップデートファイルサイズは端末向けが約70Mバイト、PC向けが約850Mバイト。端末からのアップデートは「ツール」→「更新センター」または「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から。PCを利用する場合は「PC Companion」が必要になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.