ニュース
» 2014年06月20日 19時34分 UPDATE

スマホアプリの企画開発で競う「スマートフォンアプリジャム2014」本選出場チームが決定

スマートフォンアプリの出来を競う「SPAJAM 2014」の、本戦出場チームが決まった。地方予選を勝ち抜いた3組と、書類選考を通過した8組、企画審査を通った3組の合計14組が本戦に出場する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 スマートフォンアプリのコンテスト「スマートフォンアプリジャム2014(SPAJAM 2014)」本選に出場する14チームが2014年6月20日に明らかになった。

 ハッカソン部門は、書類選考で決まった8チームに加え、郡山・福岡・大阪開催の地方予選を勝ち抜いた3チームの計11チームを選出。本戦では前夜祭で発表となるテーマをもとに、7月4日から7月6日にかけてハッカソンでアプリを開発する。

 企画部門では「2020年のアプリ」というテーマに合わせた企画を審査し、3チームを決定。本戦では応募した企画についてプレゼンし、コンセプトを的確に伝える能力を基準に審査する。

 本戦の日程は2014年7月4日(金)〜 6日(日)。会場は千葉県長生郡一宮町のホテル「一宮シーサイドオーツカ」。本戦に進んだ14組は、ここでプレゼンやアプリ開発で競う。

 ハッカソン部門、企画部門ともに、賞を用意している。ハッカソン部門では、最優秀賞のチームはシリコンバレースペシャルツアーへの招待を受け、iTunesカードかGoogle playカードを5万円分受け取れる。

 優秀賞のチームはiPad Air 1台と3万円分のiTunesカードかGoogle playカードをもらえる。そのほか1万円分のiTunesカードかGoogle playカードを受け取れるファイナリスト賞と、3万円分のiTunesカードかGoogle playカードをもらえる審査員特別賞を用意している。

 企画部門では、最優秀賞と優秀賞を用意している。最優秀賞の賞品は賞金30万円と5万円分のiTunesカードかGoogle playカード。優秀賞はNexus7 1台と、3万円分のiTunesカードかGoogle playカードだ。

 表彰式は2014年7月15日に東京・表参道の「ホテルフロラシオン青山」で開催する。

 本戦の前夜祭と主催者企画のパネルディスカッション、表彰式はニコニコ動画で生放送する。

 ちなみに、審査員は以下の通り。

審査委員長 丸山不二夫 日本Androidの会 名誉会長
副委員長 三淵啓自 デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究科 専任教授
審査委員(五十音順) 伊藤貴司 第一興商 制作本部編成企画部 リーダー
川影幸久 ドワンゴモバイル 代表取締役社長
岸原孝昌 一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム 専務理事
栗田穣崇 バンダイナムコゲームス ネットサービス推進部 ゼネラルマネージャー
佐々木昭祐 サミーネットワークス マーケティング本部 上席執行役員 マーケティング本部長
傍島健友 KDDI 新規ビジネス推進本部 戦略推進部 グループリーダー
田中伸明 NTTドコモ スマートライフビジネス本部 コンテンツビジネス推進部 コンテンツビジネス担当部長
渡具知直也 D2C ゲーム事業本部 本部長
野村絵里奈 アンドロイダー プロデューサー
蓮実一隆 ソフトバンクモバイル サービスコンテンツ本部 副本部長
原田明典 ディー・エヌ・エー 戦略投資推進室 室長
森下一喜 ガンホー・オンライン・エンターテイメント 代表取締役社長CEO
柳澤康弘 コロプラ
吉田尚記 ニッポン放送 アナウンサー 主任

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.