レビュー
» 2014年09月16日 12時00分 UPDATE

動画で360度チェック:何かと便利なアンカーの「36W 4ポート USB急速充電器」にいろいろつなげてみた

さまざまなモデルのUSB充電器をリリースしているアンカー(ANKER)製品の中から、手頃な36ワットで4ポートのモデルを試してみた。

[田中宏昌,ITmedia]

 昨今、スマートフォンやタブレット、デジカメや携帯音楽プレーヤーなどなど、ポータブルデバイスは増える一方だ。そこで困るのが、それぞれに必要とされる充電用ACアダプタの存在である。各デバイスのACアダプタを持ち歩いて荷物がかさばるのは論外だし、かといって出先でバッテリーの充電が切れて途方に暮れる事態も避けたい。

 そんな悩みを解決してくれる製品が、アンカーの「36W 4ポート USB急速充電器」だ。サイズは65(幅)×60〜63(高さ)×23〜27(奥行き)ミリと小型で、コンセントに直挿しタイプのため電源ケーブルを用意する必要もない。

 4つのポートはAppleとAndroidに分かれており、前者は2.1アンペア、後者は1.5アンペアの合計出力は7.2アンペアとなっている。接続されたデバイスごとに最適な電流を送る独自機能「PowerIQ」には非対応のため、デバイスによって充電するポートに気を配る必要はあるものの、ACアダプタが1つで済むメリットは大きい。

 実際の利用風景は下記の動画を見てほしい。

ht_an01.jpg 「36W 4ポート USB急速充電器」のパッケージ。18カ月の保証が付いているのも心強い
ht_an02.jpg カラーバリエーションは白と黒の2種類

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう