ニュース
» 2014年12月10日 13時00分 UPDATE

数字で見るウェアラブル:正月太りをこれで解消! 価格別に見る活動量計20機種総まとめ (1/3)

体重が増えがちな年末年始。ダイエットのお供に活動量計はいかがだろうか。各端末のスペックを一覧表でまとめてみた。

[すずまり,ITmedia]

 健康志向の高まりとともに、「Fitbit」や「Jawbone」といったデバイスの登場で、2013年頃からにわかに注目され始めたヘルスケア分野のウェアラブルデバイス(活動量計/アクティビティトラッカー)。体に装着することで、歩数、移動距離、消費カロリー、階数、睡眠サイクルといった活動量を24時間測定できるというものだ。

 既に数え切れないほどのデバイスが登場しており、どんぐりの背比べ状態に突入している。どれも似たような形状で、何がどう違うのかさっぱり分からないという方も多いだろう。そこで話題のデバイス20機種をピックアップし、一覧表でまとめてみた。年末年始はつい食べ過ぎて体重が増加しがちなシーズン。冬のボーナスで活動量計を購入しようと思っている人の参考になれば幸いである。価格はいずれも税別。

photo 価格の安い順に左上から「カラダフィット MTB-210」「Fitbit Zip」「UP MOVE」「Active Shift EDGE HJA-700T」「ムーヴバンド2」「カロリズム AM-160」「Nike+ FuelBand SE」「SmartBand SWR10」「Fitbit Flex」「Fitbit One」「Misfit Shine」「Polar Loop」「Actiband」
photo 左上から「GARMIN vivofit」「UP24」「PULSENSE PS-100BL/TL/BS/TS」「SmartBand Talk」「PULSENSE PS-500B」「UP3」「miCoach FIT SMART」
活動量計の主な仕様
製品名 メーカー名 価格(税別) 対象OS/対象機器 装着方法 本体サイズ
(幅×高さ×奥行き)
重量 表示部
カラダフィット MTB−210 エムティーアイ 2579円 iOS 5.1/Android 4.2以降 クリップ/バンド 27×27×9.1ミリ 約9グラム
Fitbit Zip Fitbit 3712円 iPhone 4S以降/Android一部機種 クリップ 28×35.5×9.65ミリ 8 グラム LCD(液晶ディスプレイ)
UP MOVE
(2014年12月中旬発売)
Jawbone 6093円 iOS 7.0/Android 4.0以降 クリップ/バンド 直径27.64×高さ9.75ミリ 6.8グラム(本体のみ) LED
Active Shift EDGE HJA−700T オムロンヘルスケア 6136円 iPhone 4s以降 クリップ 約60.5×19×13.5ミリ 約13グラム LCD
ムーヴバンド2 ドコモ・ヘルスケア 6880円 iOS 7.0/Android 4.1以降 リストバンド 幅約20ミリ×高さ約11ミリ 約17グラム LED1個
カロリズム AM−160 タニタ 7980円 iPhone 4S以降 クリップ、ポケット、ネックレス 75×35×14ミリ 約26グラム LCD
Nike+ FuelBand SE ナイキ 8332円 iOS 7.1/Android 4.3以降 リストバンド S:142〜158ミリ(幅、以下同)
M/L:166〜182ミリ
XL:190〜206ミリ(奥行きは6.9〜8ミリ)
S:27グラム
M/L:30グラム
XL:32グラム
LED
SmartBand SWR10 ソニーモバイルコミュニケーションズ 9800円 Android 4.4以降搭載の一部「Xperia」 リストバンド コア:約40.7× 15.3×7.8ミリ
リストバンド:(S)約214ミリ、(L)約250ミリ
S:約20グラム
L:約21グラム
LED
Fitbit One Fitbit 1万1111円 iOS 7.0〜/Android一部機種 クリップ/バンド 19.3×48×9.65ミリ 8 グラム OLEO(有機発光ダイオードディスプレイ)
Misfit Shine Misfit Wearables 1万2800円 iOS 6.1/Android 4.3/Windows Phone 8.1以降 リストバンド、ブローチ、ネックレス 約27.5×27.5×3.3ミリ 約15グラム LED12個
Polar Loop ポラール 1万3500円 iOS 7.0/Android 4.3以降 リストバンド 幅20ミリ×高さ145〜240ミリ 38グラム 赤色LEDディスプレイ
Actiband 東芝 1万2500円 iOS 7.0/Android 4.0以降 リストバンド 約16×41×12ミリ 約27グラム LED
GARMIN vivofit ガーミン 1万3796円 iOS 7.0/Android一部機種 リストバンド 幅21×奥行き10.5ミリ(本体のみ)
バンドサイズ:120〜175ミリ(S)、152〜210ミリ(L)
25.5グラム(本体のみ) LCD
UP24 Jawbone 1万4800円 iOS 7.0/Android 4.0以降 リストバンド S:66×50ミリ(外径、以下同)
M:76×54ミリ
L:81×56ミリ
S:19グラム
M: 22グラム
L:23グラム
LED
PULSENSE PS−100BL/TL/BS/TS エプソン 1万4800円 iOS 7.1/Android 4.4以降 リストバンド 45×22×12.5ミリ 約30〜31グラム LED5個
SmartBand Talk ソニーモバイルコミュニケーションズ 1万7880円 Android 4.4以降搭載の一部「Xperia」 リストバンド 約22.3×47.5×9.5ミリ S:24グラム
L:26グラム
約1.4型曲面型電子ペーパー(296×128ピクセル)
PULSENSE PS−500B エプソン 1万9800円 iOS 7.1/Android 4.4以降 リストバンド 45×35×14ミリ(センサー部除く) 約44グラム LCD
UP3
(2015年1月発売)
Jawbone 2万2204円 iOS 7.0/Android 4.0以降 リストバンド 12.2×220×9.3ミリ 29グラム LED
miCoach FIT SMART アディダス 2万3000円 iOS 7.0/Android 4.3以降 リストバンド S:34×184(ベルト含む、以下同)×12.17ミリ
L:34×207×12.17ミリ
S:45グラム
L:49グラム
(いずれも本体のみ)
LEDマトリクス ディスプレイ

装着タイプは圧倒的にラバーのリストバンドタイプが多い

 ひと昔前は、クリップタイプでポケットなどに挟み、デバイスに搭載された表示部でデータを確認する「歩数計」タイプが一般的だった。しかし、最近ではスマートフォンと連携するリストバンドタイプが増えてきている。1つのサイズしか用意されていないものが多いが、「Nike+ FuelBand SE」「UP24」など3サイズから選べるものもある。

 素材はほぼ全ての端末でラバーを採用。中には豊富なカラーのバンドを用意し、自由に付け替えできるものも。手首に装着するのが苦手という人は、クリップタイプのものや、「カロリズム AM-160」「Misfit Shine」などのようにリストバンド/クリップ/ポケット/ネックレスなどニーズに応じて装着方法が変えられるものもあるのでチェックしてみよう。

価格は1万円台半ば主流だが、心拍計搭載モデルは2万円前後

 価格は1万円台半ばが主流のようで、充電式のリストバンドタイプが多い。1万円を切るモデルはボタン電池式のクリップタイプで、比較的軽量なもの多い。最も安いのは「カラダフィット MTB-210」で、3000円以下で購入できる。お試しの最初の1台としておすすめだ。Nike+ FuelBand SE、「SmartBand SWR10」なども1万円以下で購入できるため、手を出しやすい。

 ただし、リストバンドタイプの中でも、心拍センサーを搭載されたものは価格が高くなる。今回紹介しているモデルの中で、アディダスの「miCoach FIT SMART」や、2015年1月に発売を予定しているJawboneの「UP3」はいずれも2万円を上回る。そこへ「PULSENSE PS-500B」(エプソン)の1万9800円が続く。自分のニーズに合わせてよく吟味しよう。

対応OSのバージョンを事前に確認

 最近のウェアラブル用アプリはおおむねiOS 7以降/Android 4.0以降対応となっているが、細かいバージョンは異なる。最新のOSが提供されないAndroid端末や、古いバージョンのOSを利用している場合は確認が必要だ。「Active Shift EDGE HJA-700T」カロリズム AM-160はiOS版のみに対応する。同期先の端末をよく確認しておこう。

関連キーワード

防水 | 脈拍 | Android | iOS | ウェアラブル


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.