ニュース
» 2014年12月17日 12時52分 UPDATE

音楽演奏もフリースタイルで:国内先行発売!! iPad初のMIDI over Bluetooth LE対応ピアノキーボード「C.24」

iPadやiPhone、Macにワイヤレスで接続し音楽を演奏できる鍵盤型ハードウェアMisel「C.24」を、ソフトバンクセレクションを運営するソフトバンクコマース&サービスが発表した。価格は2万4800円(税込)。

[渡辺まりか,ITmedia]

 ソフトバンクコマース&サービスは12月16日、東京・六本木で「ワイヤレス電子楽器 製品発表会」を行い、音楽アプリがインストールされたiPadなどとBluetooth接続して音楽を演奏できる、米Miselu(ミセル)の鍵盤型周辺機器「C.24」を発表した。ソフトバンクセレクションでの販売も同日からで価格は2万4800円(税込)。

 ワイヤレス音楽キーボードMisel「C.24」

 C.24は世界初(Miselu調べ)となるMIDI over Bluetooth LEに対応するワイヤレス音楽キーボード。プッシュボタンで電源がオンになるほか、鍵盤が飛び出し演奏に適した状態になる。折り畳めばフラットな状態に戻り、iPadのカバーとして持ち運ぶことも可能。

 プッシュボタンで電源がオンになる
 鍵盤が飛び出した状態
 折りたたんだ状態ではこのようにフラットになり、iPadのカバーにもなる

 演奏時、鍵盤独特の“ストローク感”を出すために磁石の反発力を利用。各鍵の下に設置したオプティカルセンサーによりオン/オフや鍵盤の近さを検出し、音の強弱も表現できるようにした。2オクターブ/24鍵で、両端にあるマグネットで複数台の接続が可能。また、1台でも側面のLEDセンサーで音域を9オクターブまで変更することができる。

 しっかりとしたストローク感
 複数台のC.24をマグネットで接続して利用可能

 対応するのはCoreMIDIに対応した350以上の音楽アプリ。専用の「Miselu KEY」アプリを入れてC.24と各アプリを接続できるようになるが、iOS 8やOS X YosemiteであればBluetooth MIDIに対応しているため、専用アプリは不要とのこと。iPad 3以降のiPadシリーズに対応しているが、iPad AirとiPad mini各シリーズではカバーとしての利用ができない。iPad 2はアップル製「Camera Connection kit」があれば接続可能。

 内蔵のリチウムイオンバッテリーはmicroUSBケーブルで充電する。連続使用時間は約20時間で1日1〜2時間の演奏で1週間程度はもつという。サイズはパフォーマンスモード(鍵盤が飛び出した状態)で242(幅)×201.3(奥行き)×28.5(高さ)ミリ、ケースモード(折りたたんだ状態)で242(幅)×185.7(奥行き)×9.9(高さ)ミリ。重量は552グラム。現在、ソフトバンクセレクションオンラインショップでは先行販売特典として、2015年1月末までに先着500名限定で同製品購入者に3000円分のiTunes Cardをプレゼントするキャンペーン中だ。

 C.24はMiseluが構想から2年半をかけて開発、クラウドファンディングのKickstarterで製品化。2015年1月、米国を皮切りに世界発売されるが、それに先駆けて国内で一般販売を開始する。

 会場には「あたりまえ体操」を作曲したサウンドディレクターの樋口太陽氏が登場。「この日のために作った」という「あたりまえMISELU」をC.24を使って披露し、会場は盛り上がった。

 C.24のプロトタイプ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.