ニュース
» 2015年01月09日 16時23分 UPDATE

2015 CES:クルマも“スマート”に動かす時代 タブレットで快適さを増すLTE搭載アウディ

自動車メーカーのアウディが、同社専用タブレットでLTE搭載アウディを操作するデモを実施。車内温度の調整やドアロックの管理などができる。

[山根康宏,ITmedia]

自動車メーカーが参入! アウディの高級タブレット

 2015 CESでは、自動車関係の展示が目立っていた。欧米では自動車にLTEを搭載する「コネクテッド・カー」の動きが進んでおり、スマートフォンやタブレットから車内の温度、クルマのドアロックなどを管理できる製品が出てきている。そのため各自動車メーカーのブースにはiPadやAndroidタブレットが必ず置かれており、説明員はそれを使ってクルマとの連携デモを実施していた。

 アウディブースでも同社のコネクテッド・カープラットフォーム「Audi Connect」のデモが行われており、それに対応するタブレットとしてアウディのロゴの入った製品が利用されていた。この手のデモでよく使われるのは、市販品のタブレットに自社ロゴ入りステッカーなどを貼ったもの。ところがブース利用されていたのはアウディの4輪のエンブレムがしっかりと入った特注品。説明員に聞くと、アウディとしてこのタブレットを今後発売する予定があるということだ。

 スペックは未定な部分が多く、展示されていたのはサンプル品だ。起動後は専用のランチャーが走るが、Android標準の画面を出して各種アプリを利用することも可能。日本語ロケールも搭載されていたが、説明員に聞いても日本で発売するかどうかは分からなかった。もし日本で発売されたら、タブレットを買いにアウディの店舗に行く、という光景が見られるようになるかもしれない。

photophoto アウディのロゴが入った10型タブレット(写真=左)。車内のヘッドレストにマウントを付けてそれにはめ込むため、背面は独特の形状だ(写真=右)
photophoto クルマ本体とはWi-Fiで接続され、クルマの各情報を管理できる「Audi Connect」を利用できる(写真=左)。メニュー画面からワンタッチでAndroidの標準画面になり、普通のタブレットとしても利用できる(写真=右)
photophoto 日本語ロケールは搭載されているが、日本での発売は不明(写真=左)。実際の利用シーン。後部座席側でタブレットを使い、動画を見たり地図検索をしたりできる(写真=右)

関連キーワード

アウディ | タブレット | 自動車 | Android


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.