ニュース
» 2015年01月15日 11時00分 UPDATE

下り最大110Mbpsの固定ルーターも:CAや4×4MIMOで下り最大220Mbpsを実現――UQがWiMAX 2+対応ルーター2機種を発表

UQコミュニケーションズが、下り最大220MbpsのWiMAX 2+対応モバイルルーターと、下り最大110Mbpsの家庭用ルーターを発表。モバイルルーターはキャリアアグリゲーションと4×4MIMOを採用している。

[田中聡,ITmedia]

 UQコミュニケーションズが1月15日、下り最大220Mbpsの通信に対応したモバイルWi-Fiルーター2機種を発表した。通信速度がさらに高速になったことに伴い、W01とWX01は従来の「WiMAX Speed Wi-Fi」ではなく「Speed Wi-Fi NEXT」というシリーズ名となっている。

キャリアアグリゲーション対応の「W01」

 Huawei製の「W01」は、WiMAX 2+の20MHz幅を2つ束ねたキャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大220Mbpsを実現している。1月16日から予約を受け付け、1月30日に発売するが、キャリアアグリゲーションは3月に実施予定のソフトウェアアップデートで対応し、それまでは下り最大110Mbpsとなる。au 4G LTE(800MHz)もサポートしており、KDDIがカバーするエリアで最大75Mbpsの通信が可能だ。

photophoto Huawei製の「W01」。カラーバリエーションはマリンとホワイトの2色

 通信モードは、WiMAX 2+を使える「ハイスピードモード」と、WiMAX 2+とau 4G LTEを使える「ハイスピードプラスエリアモード」の2つを用意。ハイスピードプラスエリアモードの利用にはLTEオプション料として月額1005円(税別)がかかる。WiMAXには対応していない。

 2.4型のタッチパネル対応ディスプレイを搭載しており、ウィザード形式で設定を進められる「かんたん設定」も用意した。また、スマートフォンからバッテリー残量や通信残量などを確認できる専用アプリ「Huawei HiLink」も利用できる。

 W01はKDDIからも発売される。

photophoto
photophoto
「W01」の主な仕様
機種名 W01
メーカー Huawei
通信速度 WiMAX 2+:下り最大220Mbps/上り最大10Mbps
au 4G LTE:下り最大75Mbps/上り最大25Mbps
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Wi-Fi最大同時接続数 10台
サイズ(幅×高さ×奥行き) 120×59×10ミリ
重量 約113グラム
連続通信時間 WiMAX 2+:約480分(CA非適用時)
au 4G LTE:約440分
連続待受時間 初期状態:約730時間
クイックアクセスモード設定時:約36時間
ディスプレイ 約2.4型カラー液晶
バッテリー容量 2300mAh
カラーバリエーション マリン、ホワイト
発売 2015年1月30日

4×4MIMO対応の「WX01」

 NECプラットフォームズ製の「WX01」は、モバイル端末では世界初となる4×4MIMOの通信に対応したルーター。基地局側と端末側にそれぞれ4つのアンテナを搭載し、複数のデータを同時に送受信することで、WiMAX 2+で下り最大220Mbpsを実現している。下り最大40MbpsのWiMAX(受信能力を向上させたWiMAXハイパワー)にも対応しているが、au 4G LTEには対応しない。発売は3月上旬を予定している。

photophoto NECプラットフォームズ製の「WX01」。カラーバリエーションはディープブルーとパールホワイト

 通信モードはハイスピードモードのみで、WiMAXとWiMAX 2+のうち、受信感度の高い方に接続する。初期状態は4×4MIMOだが、省電力モードに切り替えると、2×2MIMOに固定される。ほかに、Wi-Fi接続よりも省電力で通信が可能なBluetoothテザリングにも対応している。W01と同様、バッテリー残量や通信残量を確認できるアプリを利用できる。

photophoto
「WX01」の主な仕様
機種名 WX01
メーカー NECプラットフォームズ
通信速度 WiMAX 2+:下り最大220Mbps/上り最大10Mbps
WiMAX:下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbps
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Wi-Fi最大同時接続数 10台
サイズ(幅×高さ×奥行き) 109×66×9ミリ(暫定値)
重量 約97グラム(暫定値)
連続通信時間(Wi-Fi接続時) WiMAX 2+(4×4MIMO):約390分
WiMAX 2+(2×2MIMO):約510分
WiMAX:約660分(いずれも暫定値)
連続通信時間(Bluetooth接続時) WiMAX 2+(4×4MIMO):約480分
WiMAX 2+(2×2MIMO):約612分
WiMAX:約780分(いずれも暫定値)
連続待受時間 休止状態:約400時間/600時間(リモート:無/有)
ウェイティング:約35時間(いずれも暫定値)
バッテリー容量 2500mAh
カラーバリエーション ディープブルー、パールホワイト
発売 2015年3月上旬

固定回線代わりに活用できる「URoad-Home2+」

 あわせて、家庭での利用を想定した固定ルーター「URoad-Home2+」(シンセイコーポレーション製)も発表。下り最大40MbpsのWiMAX(ハイパワー)に加え、下り最大110MbpsのWiMAX 2+に対応している。有線LANポートを2つ備えており、無線LANとあわせて、最大18台の機器と同時接続ができる。発売は3月末の予定。

photo 「URoad-Home2+」
「URoad-Home2+」の主な仕様
機種名 URoad-Home2+
メーカー シンセイコーポレーション
通信速度 WiMAX 2+:下り最大110Mbps/上り最大10Mbps
WiMAX:下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbps
有線LAN Ethernet 10/100 Base-T
無線LAN 2.4GHz帯:IEEE802.11b/g/n
5GHz帯:IEEE802.11a/n
Wi-Fi最大同時接続数 16台
サイズ(幅×高さ×奥行き) 140×170×53ミリ(アンテナを除く)
重量 約311グラム(アンテナ込み)
電源 ACアダプター
発売 2015年3月末

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.