ニュース
» 2015年02月16日 11時35分 UPDATE

おもちゃのMattel、Google提携の子ども用VR HMD「View-Master」を30ドルで今秋発売へ

老舗おもちゃメーカーのMattelが、立体写真ガジェット「View-Master」ブランドで、Google Cardboard技術を採用する仮想現実HMDを今秋発売する。付属のリールを見ることで、スペースシャトル内のバーチャルツアーなどを楽しめる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米玩具メーカー大手のMattelは2月13日(現地時間)、米Googleとの協力により、Google Cardoardの技術を採用する子ども向け仮想現実(VR)体験ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を「View-Master」として今秋発売すると発表した。希望小売価格は29.99ドル。

 mattel 1 新しいView-Master
 mattel 2 2000年に発売されたモデル

 View-Masterは、Mattelが1939年から販売している立体写真を鑑賞するおもちゃ。小さな写真がはめ込まれた円盤(リールと呼ぶ)を2つのレンズで観ることで、立体的な写真を楽しめる。

 新モデルは、専用アプリをインストールしたAndroid搭載スマートフォンをはめ込み、リールと一緒に使うことで、「パリのエッフェル塔の下に座ってそびえる塔を見上げる」といったVR体験が楽しめるという。

 新モデルのリールは従来のように本体にセットするのではなく、卓上などに置いてView-Masterで見ることで、拡張現実(AR)映像を実現するためのもの。サンプルとしてスペースシャトル内のバーチャルツアーのリールが付属する。他のテーマのリールは1つ希望小売価格14.99ドルで発売する計画だ。また、Google Cardboardのアプリストアで入手できるアプリにも対応する。

 mattel 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.