ニュース
» 2015年03月03日 18時50分 UPDATE

IMAPでドコモメール利用時に専用の「セキュリティパスワード」サービスが利用可能に

NTTドコモは、IMAPでドコモメールを利用する際にセキュリティレベルを高められる専用パスワード「セキュリティパスワード」サービスを提供開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、3月3日にIMAP(Internet Message Access Protocol)でドコモメールを利用する際に設定できる、専用のパスワード「セキュリティパスワード」サービスの提供を開始した。

 現在、iPhone/iPadの標準メールアプリ、Android搭載端末のドコモメール対応CommuniCaseやIMAPに対応しているメールアプリなどでドコモメールを利用する場合、「docomo ID」と「docomo IDのパスワード」という組み合わせによってユーザー認証を行っている。

 2014年6月からセキュリティコードを追加し2段階認証を提供しているが、IMAPではプロトコルの制限上セキュリティコードの認証を行なえない。そこで本サービスの利用により、第三者のメール不正利用を未然に防いでセキュリティレベルを高められるとしている。

 セキュリティパスワードの発行はdocomo IDメニューから行える。なお「ドコモメールアプリ」「spモードメールアプリ」「ドコモメール ブラウザ版」は対象外。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

1.セキュリティパスワードについて

iPhoneやiPadの標準メールアプリ、もしくはAndroidTM端末のドコモメール対応CommuniCaseやIMAPに対応しているメールアプリなどでドコモメールをご利用いただく場合、docomo ID/docomo IDのパスワードによってユーザー認証を行っています。

docomo IDによるユーザー認証については、よりセキュリティを強化するため2014年6月よりdocomo ID/docomo IDのパスワードに加え、セキュリティコードを追加して認証できるオプション設定として2段階認証の提供を開始しております。

ドコモメール(IMAP)についてはプロトコルの制限上、セキュリティコードによる認証を行えませんので、ドコモメール(IMAP)専用のパスワードである「セキュリティパスワード」を利用することで、第三者によるメールの不正利用を未然に防止し、セキュリティレベルを高めることができます。

2.利用できるメールアプリ・ソフト

セキュリティパスワードは、ドコモメールのIMAPに対応しているメールアプリ・ソフトでご利用いただけます。

利用できるメールアプリ・ソフトは以下です。

iPhone・iPad

  • Apple製メールアプリ
  • 他社提供のIMAPに対応しているメールアプリ

Androidスマートフォン/タブレット

  • ドコモメール対応CommuniCase
  • 他社提供のIMAPに対応しているメールアプリ

その他

  • 各種メールソフト(Microsoft Outlook、Thunderbirdなど)

なお、以下のメールアプリ・サービスではご利用いただくことはできません。

Androidスマートフォン/タブレット

  • ドコモメールアプリ
  • spモードメールアプリ

その他

  • ドコモメール ブラウザ版

※セキュリティパスワードを発行した場合でも、上記サービスに影響はございません。

詳細な情報や、セキュリティパスワードの発行手続きについては以下をご確認ください。

セキュリティパスワードについて

【お問い合わせ先】

ドコモ インフォメーションセンター(受付時間:午前9時〜午後8時)

  • ドコモの携帯電話からの場合:(局番なし)151
  • 一般電話などからの場合:0120-800-000

(携帯電話からもご利用いただけます。)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.