ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「不正利用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不正利用」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

d払い決済1日600回「異常」通報で発覚 不正利用疑い、ベトナム食料品店の男再逮捕
他人名義のスマートフォンで、NTTドコモの電子決済サービス「d払い」を不正利用して架空決済を繰り返し、カード会社から約1千万円をだまし取ったとして、大阪府警国際捜査課などは、電子計算機使用詐欺などの疑いで、大阪市生野区新今里のベトナム食料品店の実質経営者、レ・ドゥック・ロン被告を再逮捕した。(2024/2/5)

他人名義のd払いで1000万円以上詐取疑い 大阪府警、架空決済でベトナム人グループ逮捕 総額2000万円以上詐取か
他人名義のスマートフォンで、NTTドコモの電子決済サービス「d払い」を不正利用し現金をだまし取ったとして、大阪府警国際捜査課などが電子計算機使用詐欺などの疑いで、大阪や兵庫に住む20〜30代のベトナム人グループ5人を逮捕していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。府警は令和5年5月から同様の手口で不正を繰り返し、2千万円以上を詐取したとみて実態解明を進める。(2024/2/5)

CODE BLUE 2023レポート:
ある朝、Azure使用料で数十万ドルの請求書が…… クラウドリソース不正利用の最新手口
ある日突然、Azureから数百万円単位の覚えのない請求書が届く……。攻撃者の目的は何か。クラウドコンピューティングを悪用する洗練された手口についてセキュリティリサーチャーが解説した。(2024/1/26)

他人の定期券で電車に乗ると超高額請求!? 知らずにやってしまいそうな不正利用に注意
不正利用になります。(2024/1/12)

詐欺かと思ったらガチだった セクシー俳優がカード不正利用被害に、注意喚起の投稿に「メールはきちんと見るようにしよ」
「全裸監督2」出演など多方面で活躍。(2023/12/7)

セキュリティニュースアラート:
千葉銀行、ラックのAIソリューション導入に合意 特殊詐欺などの金融犯罪抑止へ
ラックは千葉銀行に不正取引検知ソリューション「AIゼロフラウド」を提供することで合意した。2024年から運用を開始する。高齢者に対する特殊詐欺や口座の不正利用を検出するこのソリューションは金融犯罪への効果的な対策となるだろうか。(2023/11/17)

「nanaco」コールセンター社員が客の残高詐取 NTTグループ企業が謝罪…… 社員は懲戒解雇に
利用客情報を不正利用していました。(2023/11/8)

「Amazonを不正利用された」──SNS上で報告相次ぐ 「二段階認証を突破された」などの声も
「Amazon.co.jpを不正利用された」──X上では9月上旬ごろからこのような投稿が相次いでいる。「Amazonギフトカードを大量購入された」などの被害に遭ったという報告や「二段階認証を設定していたのに、それを突破された」などの声もある。(2023/9/14)

「電卓使うなと言っているようなもの」 Duolingo創業者、チャットGPTの学生利用懸念にもの申す
自動で文章や画像などを作る生成AIの「チャットGPT」は大学でも活用が広がる一方で、不正利用を警戒し、規制する学校も相次いでいる。(2023/9/14)

ドコモの「ぷらら」「ひかりTV」で約596万件の個人情報流出 委託先の元派遣社員が不正に持ち出し
NTTドコモの「ぷらら」と「ひかりTV」にて、約596万件の個人情報が流出した。業務委託先であるNTTネクシアの元派遣社員が、業務用PCから外部ストレージに持ち出したことが判明。現在、不正に持ち出された情報が第三者に不正利用されたことは確認されていない。(2023/7/21)

オープンハウス、住宅ローンの不正利用指示の『週刊文春』報道受け謝罪 ネット上の書き込みには「法的措置含めて厳格に対応」
『週刊文春』が6月29日に報じていました。(2023/6/30)

WOWOWで8万人の情報漏えい 10日以上、別ユーザーの視聴履歴・契約内容が丸見えに
WOWOWの動画配信サービス「WOWOWオンデマンド」で約8万人分の個人情報漏えいが発生した。ユーザー認証が正しく行われなかったのが原因。情報の不正利用などの被害は確認されていないとしている。(2023/6/30)

数万規模のdポイント、一瞬で“全消滅”の悲劇 異常事態で涙する芸人に「不正利用!? こわい」「なんでええ」
布川さんのツッコミ「ダメーーー!!」が当てはまりすぎる。(2023/6/29)

楽天・マー君画像を不正利用して投資勧誘 LINEグループ発見 「僕とは一切関わりはありません」
東北楽天ゴールデンイーグルスが、同球団の田中将大選手の画像を不正利用しながら投資勧誘活動を行っているLINEグループを確認したとして注意喚起した。(2023/6/15)

アニメ化を目指す「くそみそテクニック」、クラファンでクレカの不正利用が判明 支援金330万円が取り消しもアニメ化は「予定通り実行」
ファンからは「これはキツイ」「やめないか……」と悲しみの声。(2023/6/12)

楽天カードが不正利用を検知した“とんでもない理由”に笑いと涙 「ナイスアシストAI」「泣いてもええんやで」
ユウシュウダナー(泣)。(2023/6/8)

ドコモ、「闇バイト」に注意喚起 SNSなどで勧誘、実行すれば罪に問われるおそれも
自分名義の携帯電話回線を第三者に譲渡したり、他人名義の携帯電話を受け取った場合、「携帯電話不正利用防止法違反」として2年以下の懲役、または300万円以下の罰金に処せられることもある。(2023/6/5)

日本最大級のビーズ・アクセサリーパーツ通販サイトで個人情報漏えい クレカ不正利用の可能性も
「Beads&Parts通販サイト」を運営するビーピークラフトは16日、第三者による不正アクセスを受け、個人情報2821件が漏えいした可能性があると発表した。これにはクレジットカード情報1771件が含まれる。(2023/5/16)

相次ぐ携帯キャリアの「健康保険証」での本人確認中止 残るソフトバンクと楽天の方針は?
NTTドコモに続き、KDDIも本人確認書類として健康保険証の取り扱いを5月中旬に停止すると、4月21日に発表した。理由としてKDDIは「不正利用が発生しているため」と説明。他の携帯キャリアは今後どう対応するのだろうか、ソフトバンクと楽天モバイルに聞いた。(2023/4/25)

KDDIも「健康保険証」での本人確認終了へ 「不正利用などが発生しているため」
KDDIと沖縄セルラーは、携帯電話の新規契約時などの本人確認書類において、「健康保険証」(健康保険被保険者証)の取り扱いを終了すると発表した。(2023/4/24)

「2社以外にも不正開示の可能性」と主張:
GFがIBM提訴、「IntelやRapidusに企業秘密漏えい」
GlobalFoundries(以下、GF)は2023年4月19日(米国時間)、IBMを企業秘密の不正利用で提訴したと発表した。GFは、「IBMがGFのIPや企業秘密をIntelやRapidusに不正に漏えいした」と主張している。(2023/4/21)

クレカセキュリティ向上の3Dセキュア、なぜ導入が進まないのか? EMV 3-DSで普及の兆し
ECの増加と共に、非対面でのクレジットカード利用も大きく伸びている。しかし同時に増加したのが不正利用だ。対策として進められてきたのが3Dセキュア(3-DS)だ。しかし、EC利用ではまだ対応が半分に至っていない。ECショップ側が3-DSに対応しない理由は何か。(2023/4/13)

ソフトバンク代理店に是正命令 適切に本人確認しなかったとして
総務省がソフトバンク代理店のフェイスで携帯電話不正利用防止法違反があったとして是正を命じた。携帯電話の新規契約の際に本人確認を適切に行わなかったという。(2023/4/11)

半径300メートルのIT:
家庭用ルーターのセキュリティ確保問題 「定期的に確認」は簡単そうで難しい?
警視庁が家庭用ルーターの不正利用に関する注意喚起を公開しました。ルーターの設定不備を狙ったサイバー攻撃が発生している今、対策を講じることは非常に大事ですが、“言うは易く行うは難し”かもしれません。(2023/4/4)

Wi-Fiルーターの設定確認ってどこを見ればいいの? 警視庁の注意喚起で困惑の声 バッファローに聞いた
警視庁は家庭用Wi-Fiルーターの不正利用について、「見覚えのない設定変更がなされていないか定期確認」を推奨。しかし、Twitter上では「設定なんていちいち覚えてられない」など困惑する声も。バッファローに具体的な対策を聞いた(2023/4/3)

調査は継続中:
NTTドコモ、最大529万件の情報漏えいか 氏名やメールアドレスなど
NTTドコモは31日、顧客の情報が流出した可能性があると発表した。流出した可能性がある情報は氏名、住所、メールアドレスなど。不正利用などの事実は確認されていないとしている。(2023/3/31)

NTTドコモが最大529万件の個人情報流出 「ぷらら」と「ひかりTV」契約者が対象
現時点で情報の不正利用などの事実は確認されていないとのこと。(2023/3/31)

ドコモの「ぷらら」「ひかりTV」で個人情報流出の恐れ 最大で約529万件
NTTドコモが、「ぷらら」「ひかりTV」を契約しているユーザーの個人情報が最大で約529万件流出した可能性があることを発表した。両サービスの業務を委託している企業のPCが流出元であることが確認されており、現時点で個人情報の不正利用などの事実は確認されていないという。(2023/3/31)

家庭用ルーターに「見覚えのない設定変更」から不正利用の恐れ 警視庁が注意喚起
警察庁が、家庭用ルーターの不正利用へ注意喚起。従来の対策のみでは対応できないため、見覚えのない設定変更がされていないか定期的に確認するよう呼び掛けている。(2023/3/28)

Wi-Fiルーターの不正利用に新たな手口、警視庁が注意喚起 「従来の対策のみでは対応できない」
警視庁は家庭用Wi-Fiルーターの不正利用に関する注意喚起を発表した。従来の対策のみでは対応できないサイバー攻撃を観測したという。新たな対策として「見覚えのない設定変更がなされていないか定期的に確認する」を推奨している。(2023/3/28)

富士通の法人向けネット接続サービスでID・パスが盗まれる ネットワーク機器に不正プログラム
富士通が、法人向けインターネット回線サービス「FENICSインターネットサービス」について、ユーザーのIDやパスワードが窃取され、不正利用されたと発表した。(2023/2/21)

イラスト生成AI「mimic」の正式版がリリース決定 不正利用対策を施したベータ版にサブスクなどの機能追加
2月15日公開予定。(2023/2/14)

dポイント、利用上限の初期値を上限なし→3万ポイントに変更 不正利用防止に備え
NTTドコモは、6月下旬からdポイントカードのポイント利用上限の初期設定を上限なしから一律3万ポイントに変更。対象は初回登録ユーザー、利用上限を設定していないユーザーで、すでに利用上限設定をしているユーザーは対象外。(2023/1/19)

キャッシュレス決済でのトラブル経験は18.4% 最多は「クレカの不正利用」――MMD研究所のスマホ利用調査から
MMD研究所が「2022年版:スマートフォン利用者実態調査 第2弾」の結果を発表した。キャッシュレス決済でのトラブル経験者は全体の18.4%で、うち「クレカ不正利用」が26.0%で最多となったという。(2023/1/13)

国立天文台でUSBメモリ紛失 個人情報を最大1048人分保存 最後に見たのは21年11月
国立天文台が、約1000人分の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したとして謝罪した。情報の不正使用は確認されていないが、USBメモリはいまだ見つかっていないとしている。(2022/12/5)

ワコムストアで最大14万8000件の個人情報が漏えいした可能性 クレカ情報約2000件も
ワコムのECサイト「ワコムストア」で最大14万8000人分の個人情報と約2000件のクレジットカード情報が漏えいした可能性がある。一部のカード情報は不正利用された可能性もあるとしている。(2022/11/21)

メルカリ、“代理購入”に注意喚起 クレカ不正利用に加担する恐れ
メルカリは、SNSや副業紹介サイトなどに掲載されている、指定のクレジットカードで商品の代理購入を求める募集に関して注意を呼び掛けた。盗難などの不正行為によって取得したカード情報を紹介され、不正利用に加担してしまう恐れがあるという。(2022/11/14)

あびる優、クレジットカードの不正利用被害を告白 物量ゴリ押しの犯行に「こんな手口だと気をつけようもない」
防ぎようないじゃん……。(2022/11/9)

「mimic ベータ版2.0」がついに公開 事前審査制や透かしなどで不正利用を対策
既に申し込みをしている人も。(2022/11/4)

AIイラスト生成「mimic」復活 β版2.0公開 利用にはTwitterアカウントの事前審査あり
不正利用対策が不十分との指摘を受け、サービスを一時停止したAIイラストメーカー「mimic」について提供元のラディウス・ファイブは、mimicβ版2.0を公開したと発表した。サービス内容はそのままに、不正利用対策として利用できるユーザーに制限をかけている。(2022/11/4)

みずほのネットバンキングを突如利用停止になった女性声優の投稿が話題に 再開に1カ月分のログイン日時を要求
みずほのインターネットバンキングを巡るトラブルがTwitter上で話題になっている。声優の民安ともえさんによると、不正利用の疑いを検知したため同サービスが一時停止となったが、疑いが払拭された後のみずほ側の対応に疑問を感じたという。(2022/11/1)

AIイラスト生成「mimic」、β版2.0が間もなく公開 現在最終確認中 利用はクローズド形式
不正利用対策が不十分との指摘を受け、サービスを一時停止したAIイラストメーカー「mimic」について提供元のラディウス・ファイブは、今後の方針を発表した。現在最終確認で「公開までもう数日掛かる」と説明している。(2022/10/31)

Microsoft 365への攻撃で検証する「MFA」の安全性【前編】
Microsoft 365の「MFA」(多要素認証)が破られる その巧妙な手口とは?
「Microsoft 365」で発生したアカウント不正利用問題。その原因として専門家は、Microsoft 365の多要素認証(MFA)機能にある、セキュリティ設計上の“穴”の存在を指摘する。それは何なのか。(2022/10/27)

不正利用への懸念で物議をかもしたイラスト生成AI「mimic」が再始動 運営が語る“炎上”の原因とは
「実態と異なる架空のmimicのようなものが広がってしまった」――。(2022/9/16)

PayPayが不正利用率を公開 クレカの50分の1
 PayPayは9月21日、PayPayアプリ バージョンv3.57.0以降において、クレジットカードの本人認証サービス「3Dセキュア2.0(EMV 3Dセキュア)」に対応したと発表した。また同社は、「PayPay」の不正利用発生率を発表。不正利用発生率は0.001%と低く、クレジットカードの約50分の1であることが分かった。(2022/9/22)

PayPayが本人認証サービス「3Dセキュア2.0」に対応 不正利用対策を強化
PayPayは、アプリ バージョンv3.57.0以降でクレジットカードの本人認証サービス「3Dセキュア2.0(EMV 3Dセキュア)」に対応。従来の3Dセキュア1.0と比較し、パスワード忘れもなくより安全かつスムーズな本人認証が行える。(2022/9/21)

三井住友海上火災保険が1000人にアンケート:
フィッシング詐欺や不正利用、20人に1人が経験 3割近くがセキュリティ対策せず
三井住友海上火災保険は、20〜60代の男女1000人を対象に、スマートフォンとパソコンのサイバーセキュリティに関する調査を実施した。その結果、20人に1人がフィッシング詐欺や不正利用の被害に遭っていることが分かった。(2022/9/15)

停止中のイラスト生成AI「mimic」が10月に再開へ 審査、追跡機能など不正対策を追加
不正利用対策が不十分と指摘され、一時停止中の「mimic」について、提供するラディウス・ファイブがサービス再開に向けた改修方針を発表した。不正対策を施したバージョンを10月中に公開する。(2022/9/14)

クレカ不正利用額が90%減 メルカリが「3Dセキュア2.0」導入で
メルカリがEMV-3Dセキュアの導入により、決済時の離脱率を抑えながらクレジットカードの不正利用による被害を9割削減できたと発表した。(2022/9/2)

井上咲楽、クレカの不正利用明かす 大量のブランド品購入で被害は100万円超に「なきたい。。」
どこで情報漏えいしたのか……。(2022/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。